FC2ブログ

夏になると聴きたくなる曲

我が家のトマトもやっと赤くなり、念願のトマトとバジルと
モッツァレラチーズのサラダができました。
バジルも自家製で採れたてはとっても香りが強いです。

IMG_2457.jpg


さて、毎日暑いですね〜
こんなに暑いと聴きたくなるのは、この人のこの曲です。





せめてこの歌声で青い海、波しぶきを感じていただけたら〜(^-^)/


爽の会

着物友の踊りの会に行ってまいりました。
前回は2年前でした。
あの時は気温35度の猛暑日で、渋谷の駅を汗をダラダラかきながら
歩いた記憶が未だに残っています。
それに比べると今年はまだ良かった。(でも30度超えてましたけどね)

場所はセルリアンタワーの地下の能楽堂。
素敵ですね〜、お能の舞台って。
今年、彼女が踊ったのは「助六」
男踊りを黒留でスッキリ、カッコ良く踊られていて見惚れてしまいました。
女性が女らしい仕草で舞うのも素敵ですが、どうも私は女性がキリッと
舞う男踊りの方が好みです(笑)

長年、踊りをなさっている方のあのぶれのない体幹の素晴らしさ、
姿勢の良さ、本当に羨ましいと思います。
実は私も日本舞踊、習っていた時代があったのです(10代の頃ですが)
その頃は親に言われて、いやいややっていたものですから・・・
ああ、もっとちゃんとやっておけば良かったと今頃思う次第。

さて応援に駆けつけた着物友、総勢8人ですが、お写真載せられません。
P.Cをアップグレードしたら、写真掲載に色々と不具合が・・・(汗)
アナログなおばさんですみません。
(皆様のお着物姿はそれぞれのブログで)


という訳でここでは私のだけ載せておきます。
(自分の携帯で撮ったのは調整可能でした)

IMG_2440.jpg
ブルーグレーの夏塩沢に黒字に銀糸の格子柄の帯。
帯留めは満月に波、帯飾りはsakurakoさんのクリスタル。

IMG_2454.jpg
お太鼓


日本・フランス現代美術世界展2018

暑い夏が始まりました。
今年も六本木、国立新美術館にて恒例の展覧会が開催されます。

IMG_2433.jpg

会期:2018年8月8日(水)〜19日(日)
会場:国立新美術館  港区六本木7-22-2
    3A展示室 10:00〜18:00
主催:JIAS日本国際美術家協会
後援:駐日フィンランド大使館
    外務省
特別協賛:サロン・ドトーヌ
入場無料

本展には、「起因」「容認」「享受」の3点を出品いたします。
ちょっと難しい題名になってしまいましたが、物事が起こり、結局はそれを認め、最後は
受け入れ味わう、といった一連の心情を表現したものです。
まあそれは描き手の勝手な言い分で、見てくださる方は題名にとらわれず、自由に
見て感じていただければ幸いでございます。

お暑い中ではございますが、ちょうどこの時期、同美術館で「ルーブル美術館展」も
開催されますので、都会のオアシスでアートに涼むのも一興かと存じます。
たくさんのご来場をお待ちしております。





早朝の来客

ある日、早朝の電話で起こされました。
相手は近くに住む娘。
「ベランダに大きなカブトムシがいるから捕まえて!」

何だカブトムシも捕まえられんのかい。とぼやきながらも夫が
去年の虫かごを抱えて行きました。(婿はこの時、前夜が遅かったため、
まだ起きていなかった模様)
洗濯物を干そうとベランダに出たら、手すりにとまっていたのだとか。
興奮する娘と孫達。

大きな立派なカブトムシだったので、多分どこかのうちに飼われていたものが
逃げ出したのだろう・・・と。
早速、飼育セットを買ってきて観察が始まりました。

IMG_2419.jpg


最近の飼育セットというのは凄いんですね、土が乾かないように専用の液体が付いていたり、
木に似せた入れ物にゼリー状の餌が付いていたり、と至れり尽くせりです。
でもカブトちゃんは、そちらには目もくれずスイカにかぶりついて美味しそうにかじって
いましたけどね。

あ〜、梅雨も明けたし夏の始まりだなぁ〜。




紫陽花巡り

梅雨の晴れ間に散歩がてら、ご近所の紫陽花巡りをして
きました。

まずはうちのガクアジサイです。
IMG_2408.jpg


そして、普通の紫陽花。
今年はちょっと色が冴えないな〜。
IMG_2401.jpg


こちらはご近所の玄関脇を飾る紫陽花。
ガクアジサイの園芸品種でしょうか、額の淵に白い線が入っています。
IMG_2406.jpg


こちらも他所さまの門の脇に咲く小ぶりのアジサイ。
IMG_2405.jpg


そしてこちらはカシワバアジサイ。
IMG_2404.jpg


紫陽花と一言に言っても、いろいろな種類があるんですね。
この季節のお散歩は楽しいです。


こちらはうちの胡瓜。珍しくまっすぐです。
曲がらない品種なのかな?
IMG_2409.jpg

毎朝、見に行くのが楽しみです。

龍さんの香炉

続きを読む

ソルトンセサミをめざす!その4

o0480064014097975578.jpg

こんなチラシを見て憧れていた私ですが・・・
最近、あることが判明しました。
1月から白髪育てをして4ヶ月半・・・実は私、そんなに白髪が多くは
なかったのです。

ガ〜ン!

果たしてシルバーヘアになるのはいつの事やら。

でも、白髪があることはあるんですよ。
だからそれを育てつつ、その過程も楽しもうと考え方を変えました。
まあ、少しづつ増えればいいや〜って感じで。

そこでハイライトを入れて、5センチくらい伸びた白髪が悪目立ちしないように
しようと・・・。

ところが、ここでまたショーゲキ的な事が!

髪の負担を少しでも減らそうと使っていた自然染料のヘナとか、表面だけ
染めるヘアマニュキアは赤みが強いのだそうで、なんとハイライトがオレンジ色っぽく
なってしまったのです(今までやっていたヘナやマニュキアが伸び切らないと
この色は消えないそうです)
本当はアッシュ系にしたかったのに・・・。

またまたガ〜ン!

美容師さんに言われました。
もともと東洋人は肌の色も黄色味が強いし、髪の色素も赤みが強いのだとか。
西洋人のような青みがかったシルバーヘアにはなりにくいそう。(個人差があります)
今、プラチナ世代の憧れと言われている結城アンナさんもスウェーデン人の血が
入っていますし、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープのあの見事なシルバーヘアも
西洋人だからかもしれませんねぇ。

そんな訳で当初の私のイメージとはかけ離れてしまった今の髪色ですが、ま、これも
良しとしましょ〜。


IMG_2280.jpg
恥ずかしながら、黒、白、茶(光の具合によってはオレンジ系)が混ざった今の状態です。

そして結論は、髪の色が白かろうが、黒かろうが、茶色だろうが、今の私はこれよ!
と自信を持って日々の生活を楽しむ。
ということに尽きますね。
(何でも楽しんだもん勝ち)

ちなみにこのオレンジ系ハイライトヘア、家族には結構好評です(笑)。
そして見慣れてきたら、結構いいかも・・・と思えてきた今日の私でありました。






愛でるギャラリー祝

2年前の京都タロットの原画展の時に何度も会場に
足を運んでくださった祝子(しゅうこ)さんが、銀座にギャラリーを
オープンされたので、お祝いに行ってきました。
その名も「愛でるギャラリー祝」(メデルギャラリーシュウ)。
なんともおめでたいお名前ですね。

場所は帝国プラザの2階です。
高級ブティックが並ぶアーケードの中でそのギャラリーは輝いておりました。
と、いうのも今やっている展示が中村凰伯氏の「日本の紙(神)彫刻展」。

fa36d0d1e9f91e9225bb73a63f5412b2-1080x675.jpg

凄いですね〜、初めて見ました。こういうアート。
美しいです。白一色に光と陰の陰影で表現された龍や波。
この作品のタイトルは「竜の珠と荒波」

そして、「七福神 龍の方舟」がこちら

c1fa09fa9d98850aa84aba57f66c740b.jpg


とても縁起の良いものを拝見させて頂いたって感じです(笑)

中村凰伯 「日本の紙(神)彫刻展」 2018年5月12日(土)〜18日(金)
11:00〜19:00
愛でるギャラリー祝  千代田区内幸町1-1-1 帝国プラザ2F
03-6550-8111


IMG_2261.jpg
祝子さんとツーショット






京都の個展、番外編

以前に木地師、仁城義勝氏のお椀に惹かれ、早速ネットで購入して
毎日使っていることを書きましたが、その購入先のギャラリーが
なんと今回、私の個展会場のそばにある事を知り、どうしても
行ってみたくて会期中にこっそり抜け出して行ってまいりました。

IMG_2223.jpg

思ったとうり、なんとも風情のある「ギャラリー日日」の門構え。
看板らしきものも小さくて、知らなかったら通り過ぎてしまいそう。

IMG_2225.jpg

いかにも京都らしい、苔むした坪庭の見えるお座敷に通され、その静けさに
言葉を失いました。
その日は籠の作家さんの展示会でしたが、私が伺った時はどなたも
いらっしゃらなくて、この贅沢な空間を独り占め。

IMG_2227.jpg

床の間に飾られたレンギョウの乱れ刺しが、なんともダイナミックでお軸の
代わりに掛けられた蔓を編んだオブジェ(?)が、斬新だけど不思議と調和
していました。

ああ、なんという非日常。なんという静けさ。
ずーっとここにいたい、という誘惑に必死に打ち勝って、一服のお茶を
頂いて後ろ髪を引かれながらギャラリーを後にしました。
んー、京都は奥が深い。
こんな隠れ家的なギャラリーがあるとは・・・

次回、京都に来る時は絶対にまた訪れよう。
仁城さんのお椀や赤木明登さんのお椀をじっくり見せて頂いて至福の時間を
味わおう・・・と、固く心に誓ったのでありました。

京都の個展、その2

o0480032014181288831.jpg

前回に引き続き、個展のレセプションの模様をお伝えします。
写真は京都のフォトグラファー、野口さとこ氏撮影のものは光が
優しくとても綺麗ですが、私が撮ったものは暗いです。
悪しからず。

IMG_2213.jpg
きもの友もお祝いに駆けつけてくれました。
本当にありがたいことです。

o0480032014181280313.jpg
ケータリングは大阪のサッチさん。
美味しいお料理が並びます。

o0480032014181280322.jpg
マキコレワインのカーブ田中さんのセレクトしたワインたち。

o0480032014181280262.jpg
モンジューの演奏とギャラリーの雰囲気がピッタリ!

o0480032014181280268.jpg
久しぶりにお目にかかるモンジューでしたが、皆様お元気そうで何より。
ツアーを控えてお忙しい中を参加してくださって感謝です。

IMG_2212.jpg
外はあいにくの雨でしたが、ギャラリーの中は良い雰囲気。

o0480032014181280328.jpg
「京都タロット」の原案者、岩倉ミケさんも来てくださいました。

o0480032014181280295.jpg
ご挨拶するスターポエッツギャラリーの今村仁美さん。

IMG_2209.jpg
雨の中をたくさんの方にお越し頂き、感謝です。

IMG_2215.jpg
吉田美保子さんに織って頂いた帯。
レセプションの日は締めましたが、他の日はこうして展示しました。

o0480072014181280252.jpg
すみません、写真が縮小出来なくて、アップでお恥ずかし。

o0480072014181280284.jpg
お太鼓の柄も良い感じに出せたかな・・・?

お越しくださいました皆様、お手伝いくださった皆さま、本当にありがとうございました。




京都の個展、その1

お陰様で、京都の個展は大成功でした!
たくさんの皆様においで頂き、夢のような1週間を過ごすことが
できました。
ただただ感謝でございます。
京都、大阪、神戸の方、そして遠く関東方面からお越しいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
また、FBやらなんやらで個展の紹介をしてくださった皆様にも
心よりお礼申し上げます。

まずは会場内の展示風景をざっとご紹介いたします。

IMG_2191.jpg
会場入ってすぐ右側

IMG_2198.jpg

IMG_2199.jpg
ここは小作品が並びます

IMG_2197.jpg
こちらは入って左側。大きめの作品が並びます。

IMG_2196.jpg
左側の並びの奥

IMG_2195.jpg
さらにその奥

IMG_2200.jpg
さらにさらにもっと奥

IMG_2201.jpg
その奥にカウンターがあり、カウンターの上の棚に小作品2点と
画集が飾られています。

IMG_2193.jpg
右側に戻って小作品の奥は吉田美保子さんの帯の展示。
この日は帯を締めていたので、下絵と織り見本が展示してあります。

IMG_2194.jpg
その奥は色彩の少ない作品が並びます。

IMG_2202.jpg
会場奥から入り口方向を見たところ。

お分りいただけたでしょうか?
会場はずずずーっと奥に長くなっています。

壁が漆喰なので、とても柔らかい良い雰囲気。
墨の絵ともよく合います。

さて、レセプションの様子などは次回に。


つづく