春の銀座の和トセトラ

ようやっと春らしい陽気になったこの日、こちらに行ってまいりました。

和トセトラ
松屋で開催中の和トセトラ

まずは、腹ごしらえ レストラン・イシダにて
前菜
前菜、4種

魚料理、鯛
メインは魚料理を選びました。この日は鯛。

デザート
デザートも好きなものを4種選べます。


銀座はもしかして1年ぶり?
昨年のこの催しもの以来かもしれません。
ご一緒したのは、T子さんとF子さん。
気温20度のこの日、お二人は揃って牛首紬の単衣、あるいは胴抜き仕立て
でした。昼間はそれで正解でしたね。

牛首シスターズ、
牛首シスターズの後ろ姿

前帯はこんな感じ
風子さん、牛首紬

知子さん、牛首紬

最近は牛首紬らしい牛首紬が少なくなってきた、と嘆くお二人に私は
そもそも牛首紬を持ってないので、ああこういう季節に1枚あったら
重宝するだろうな・・・と思いつつ眺めておりました。

さて、会場では田中御大の帯でお世話になった月日荘さんも出してらして
インドの更紗帯が素敵だったのですが・・・

お持ち帰りしたのはこの子。
久留米絣に博多帯
「壱の蔵」さんで見つけた白い夏用博多帯です。
単衣の久留米絣に合わせてみました。

これからの季節、なかなか使えそうで、満足なお買い物でした。

この日の私は
山田織りに正倉院の森帯
新潟、山田織りのきものに「正倉院の森」というネーミングの帯
帯揚げは黄みがかった緑、帯締めはくすんだピンク。

山田織りきものに正倉院帯、お太鼓
お太鼓。この帯は前と後ろの表情が変わるのと、トボケた鹿の表情が
好きなお気に入りの1本。写真では真っ黒に写ってますが、もう少し
優しい墨黒です。

山田織りに英羽織り
英さんの裏なしの羽織を着ました。
昼間は必要なくても、夕方の風にはやっぱりあって良かった。






祈る力

春の日差しが気持ちの良い日、深川のお不動さんに行ってまいりました。

お不動さんのお加持ご祈祷は毎月、1日、15日、28日。
ふと朝「行こうか」と思い立ってカレンダーを見たらなんと28日。
もうこれは行けってことですね(笑)

お不動産の参道
参道。見よ、この雲1つない青空。

お不動さんに行くのは久しぶりでしたが、やっぱりいいですねぇ。
ドーン、ドーンという大太鼓の音で自分の中のマイナスのモノ、
エゴ、不安、心配、怒り、不満などがバラバラと剝がれ落ち、読経と
大きく立ち上る炎でそれらがボッと燃やされてしまう感じ。
暫く忘れていた感覚でした。

人間というものは知らず知らずのうちに、日々いろいろなモノを
溜め込んでしまうものです。
なんか重いな〜と感じたら、やっぱりご縁のある上の方にお願いするのが
一番ではないでしょうか。
私の場合はたまたまそれが不動明王だった訳ですが。

無心で「祈る」というのは気持ちの良いものです。
熱心な信者ではない私のような者でも、敬虔な気持ちになります。

日常生活に追われてすっかり忘れていた「生きているのではない、
生かされているのだな〜」というこの気持ち。
ともすると忘れてしまうこの気持ちを、思い出させる為にお不動さんは
呼んでくださったのでしょうか。

一緒に行った娘が帰りの電車の中で「私って何て小ちゃい人間なんだろう。
恥ずかしいくなる」と言った言葉が心に響きました。

お不動産の前で
お参りの後でパチリ。なんか無邪気な顔してる(?)

帰りは門前にある「近為」の銀ダラの粕漬けをお土産に。
近為の魚
もちろん、晩ご飯で頂きました。美味しかったですよ。



この日の私は
ゆうな久米島紬
ゆうな染めの久米島紬にタペストリーの作家、冨田潤氏の帯。
オレンジ色のゼブラ柄の帯揚げ。

桜帯留め
唯一季節ものの桜の帯留め。

久米島ゆうなと冨田帯
お太鼓




Activate

「人々のちからにある底ちからのようなものが上昇中です。
 深く長く考えてみるとあるいは深く感じていることは何か。
 続けてきた続いてきたことは何か。
 その質量についてどれだけそのことにエネルギーを使ってきたか?」

スターポエッツギャラリー、今村仁美さんのブログに書かれていたこの言葉に
心が疼きました。

私は絵を描くことに、いったいどれだけの情熱とエネルギーをそそいで
きたろうか?

2足も3足もワラジを履いていることで、それを逃げに使ってこなかったか?

私が本当にやりたい事は何か?

立ち止まって・・・深呼吸をして、静かに静かに自分の奥底に降り立ち、
光が降り注ぐのを感じる時。

良い事も困難な事も すべてがそこへ向かう為のプロローグではなかったろうか?

新しいことが始まる予感。

「春の心が歌うように
 生命の香り立つ新しい季節がやってきます。
 ときめくことは命を新しく浄化します。細胞をスムーズにアクティベイトします。
 光のプラグのような繊細なタッチが体の様々なラインに繋がり合います。
 そうすると体が楽になります。   (今村仁美)」

軽くなろう、軽くなりたい。
上昇気流に乗って雲の上へ。
光と繋がって真実の己の姿を紙にうつそう。

とうとう62歳。いやいやまだ62歳。遅いも早いもない。
魂年齢はまだまだ若い。
「今が一番 最高の時」そう思って新たな気持ちで筆を持とう。

Activete2.jpg
新作「Activate」 縦107.5㎝×横78㎝(和紙、墨、アクリル)


*絵の著作は朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。


春ですが「彼岸花」

山本富士子トークショーと「彼岸花」上映、というイベントに
行ってまいりました。
「彼岸花」と言えば、小津安二郎監督の懐かしい昭和の香り溢れる
映画です。

小津監督作品とくれば、染織家・浦野理一さん。
浦野さんは当時、小津映画の着物担当として活躍。
文豪や女優さんなど、数多くの文化人に愛用されていて一般の人には
なかなか手に入らない希少な染織だったようです。

彼岸花、チラシ

その浦野さんのきものや帯が見たい!というのもこれに参加した大きな
理由の1つです。

山本富士子、田中絹代、有馬稲子、久我美子、浪花千恵子、出演した女優さんの
きものは、すべて浦野理一のもの。
堪能しました。
小津作品初めてのカラーとなったこの記念すべき映画で、監督はきものの
裾回しや帯、部屋の隅に置かれたケトルなどで「赤」を効果的に使われていて
そこに「生命力」みたいなものを強く感じました。
戦後の焼け野原から復興して日本がどんどん成長していった時代ですものね。
監督自身も「赤は命の色」とおっしゃって、大好きな色だったそうです。

赤と一言に言っても山本富士子さん(当時26歳)は若いハツラツとした赤、
田中絹代さんはちょっと押さえた茶系の赤と、それぞれ違うのですが、どれも
とても印象に残りました。
監督も初めてのカラー作品という事で、きっと色には拘られたんでしょうねぇ。

藍染めのきものの裾がひるがえって見えるハッとするような赤はたまりません。
しかもそれを着ているのが山本富士子さん、絶世の美女ですから、おばさんは
もうため息しかでませんでしたよ。

今回はきものに特化して感想を書きましたが、映画ももちろん良かったです。
お父さん役の佐分利信さんも頑固な昭和の父を好演してらしたし、懐かしい
笠智衆さんのお姿も・・・。
書き出したらキリがないので、ご興味ある方はぜひ映画を観てください。
御歳85歳、ますますお元気な山本富士子さんのトークについては、またの機会に。


この日のきものは
桜大島、グレイッシュなピンク帯
桜の大島に上原美智子さんの透かし吉野織り帯。
帯揚げは黄緑、帯締めは薄い水色です。

桜大島、八木羽織
羽織りはグレーの小紋地。
羽織紐は和小物・sakurako

桜大島に吉野帯
お太鼓






花のお江戸の日本橋で

春うらら・・・と言うにはちょっと風の冷たい日でしたが
集まった女子、総勢7名の着物姿は春爛漫。
「アラウンド魚座」の会に参加してまいりました。

集まったのはこちら
桜の前で皆さまと
左からKさん、染織家・吉田美保子さん、絵美さん、Mさん、私、SGさん

あら、お写真撮ってくださったRさん入ってません。
ので、もう1枚。
桜の前で皆さまと2
はい、左からお二人目がRさんです。

どこかに春を忍ばせて・・・というゆる〜いドレスコードに皆様
それぞれに工夫されて。
中でも一番ビックリしたのは、吉田さんの帯揚げ。
合う色がなかったからと、何と前日に染められたのだとか!
さすが、染織家さんです。

それにしても着物好き女子というのは、私の知ってる限り好奇心旺盛な
方が多い。皆様、いろいろな知識が豊富でいつも感心してしまいます。
話は当然、尽きる事無く。お勉強になりましたし、情報もたくさん
頂きました。

ランチの後に向かったのは「花のデジタルアート展」
アナログな私には、すぐにはピンとこなかったりして(笑)
すでにご覧になっていたRさんのご案内で助かりました。
そうでないと動きのあるアート、いつどこを見たらいいのか分からなかった
です。

それでは一足早い「デジタル桜」でお花見を(館内はフラッシュなしの撮影OK)
天井からの桜

桜、3

桜、2

影桜

床の桜


ご一緒した皆さまのお太鼓を撮らせて頂きました。

吉田さん、絵美さん、SGさんお太鼓
こちらは「吉田シスターズ」
左端、吉田さんご本人はもちろん着物も帯も自作です。
真ん中、絵美さんの着物は吉田さんが織られたもの。
帯は仁平さん作「月下美人」
右端、SGさんの帯も吉田さん作。
ビタミンカラーに元気を頂きました。

絵美さん、BJさん、吉田さんお太鼓
こちら、絵美さんと吉田さんはだぶりますが、真ん中のKさんは
この会で一番お若いのにシックな装い。
若い人が地味なきもの着るのもいいものですね〜。

Mさん、私、Rさんお太鼓
左端Mさんのお着物、何と牛首紬の訪問着、裾や袖にさり気なく波が
描かれていて何とも素敵!思わずどこでお求めになったのか聞いて
しまいました。真ん中、私をおいて右はRさん、お義母さんから譲られた
という色無地が大人ピンクで美しいこと。珊瑚の帯留めも優しいピンクで
豪華でした。

皆様、楽しい1日をありがとうございました。


この会については、絵美さんが詳し〜くレポートしてらっしゃるので
そちらをご覧ください。
えみごのみ

織り姫・吉田美保子さんのブログはこちら
someori yosida



この日の私は
銀鼠紬に栄順帯
銀鼠の紬に城間栄順氏の紅型帯
桜の花びら散る帯揚げと墨黒の桜帯留めで春を演出

城間栄順帯、お太鼓
お太鼓

英さん、羽織り
羽織りは英さん、羽織紐は和小物sakurakoさん



念願の

新幹線でびゅーっと名古屋に行ってましりました。
お目当てはこちら。

月日荘さん、入口

月日荘さんで開催されている、正藍型染師、田中昭夫さんの展示会です。
御歳82歳、こんなにたくさんの帯地や布が見られるのは、たぶんこれが
最後(?)と友人に言われて、これまで何度となくタイミングが
合わなかった御大の展示会、今度こそはと意を決しました。

会期が始まって5日目、果たして帯地は残っているのか?
何の根拠もないのですが、私を待っている子がいる筈、とちゃんと
お持ち帰り出来るサブバッグを偲ばせて(笑)

はい、そしてビビッときたのがこちら。

御大の帯

実は他にも候補はあったのですが、藍地に菊の花びらの白が
パキッと一番カッコ良かったのがこの子です。

見知らぬオバサマからも「あなた、それよ。それがいいわ」と
太鼓判を押され(笑)
念願の御大の帯のお輿入れです。

やっぱり田中昭夫の藍染めには力がある。
何なんだろう? 不思議だなぁ・・・と思いながら飽きずに
眺める春の宵でありました。


<追記>
田中御大の記事が今、発売されている七緒に掲載されています。

田中御大、七緒

ナナオ、1


雛納め

あっという間に3月になり、お雛様も終わってしまいました。

昔から雛人形は雨水(うすい・2月19日頃)の日に出し、
啓蟄(けいちつ・3月6日頃)にしまうのが良い。という言い伝え
があるそうですが、なかなかそうもいかないのです。

雛納め


我が家では、出せる日に出す、しまえる日にしまう(笑)という
私の勝手気侭な気分次第。
今年は早々にしまいました。
と言うのも、H君ギャング(1歳2ヶ月の孫)の来襲があると、えらい
ことになってしまうから。
(彼は今、何でもゴミ箱にほおり込むという遊びが楽しいらしい)
お雛様が飾られている間は、H君は長平庵には出入り禁止令が出て
いました。(笑)

ところが、○子ちゃん(3歳10ヶ月の孫)も このお雛様には
近づかないのです。「怖い」と言います。

お雛様

このお雛様は、ちょっと謎でして、私はずっと夫の妹のものだと思って
いたのですが、ある時本人に聞いたら自分のものではない。という返事が
かえってきました。夫もずーっと昔からあった、と言うのです。
義母が生きているうちに聞いておけばよかった。(義母は自分のではないと
言っていたような・・・)
と言う事は夫の祖母のもの?お嫁に来た時に持ってきたのかしら?
だとしたら古いですねぇ、100年以上?
確かに「怖い」かも・・・(笑)

もうだんだんと、ぼんぼりとか小物類も壊れて、残っているのはこの
お内裏様と狛犬(?)だけですが 毎年飾るだけは飾っている、という
訳です。誰のだったのかしら?・・・と思いながら。



真綿紬に津田帯
きものは薄緑の真綿紬。帯は津田千恵子作。
帯留めと帯揚げをピンクにして春の気分をだしてます。


津田さん帯、お太鼓
お太鼓


横向き、真綿紬

寒い寒いと言っても、そこここに春の気配が・・・。
春が近くなると、ウキウキしてきますねぇ。



お知らせ

ホームページのGalleryのページに「京都タロット」大アルカナ22枚
(上から4番目)を加えました。
右側の小さな窓(絵)をクリックすると、中央にカード絵と簡単な
カードの持つ意味が出てきます。
今後「数カードのエース」「人物カード」なども追加してゆく
予定です。
ご興味のある方は、どうぞご覧くださいませ。

ホームページのギャラリー


和田敦・私の沼展

横浜美術館
横浜美術館に行ってまいりました。

お目当ては
和田敦、私の沼1
和田敦(わだあつし)さんの展示と上映会です。
知る人ぞ知る、和田さんは短編アニメーション作家。
イギリスやドイツ、スイスなど海外で多く受賞されてます。

私の沼3

私が和田作品に惹かれる一番の理由は、その「不条理」さでしょうか。
登場する人物、動物はどちらかと言えば癒し系なのに、彼らの説明のつかない
行動といったら・・・。

私の沼2

人間はとかく何にでも「意味」や「理由」を求めようとします。
そして理解出来ない、意味のないものは拒絶しようとする習性があるように
思えます。

でも・・・それって凄く狭いなぁ。
意味のないこと、説明のつかないことって私達の周りに意外に多い。
そもそも意味とか理由って人間がつけてるんじゃないの?
自然界にはそんなものは、ないのかもしれない。
作品を見ていると、そんな風に思えてきます。

私の沼4


和田作品は何も考えず、ボーッとその理不尽な設定や登場者の繰り返される
意味不明な動きを受け入れ、文字通り「理屈抜き」で楽しむのがベストです。
それがふつーに出来たら、脳がもの凄く柔らかくなるかも(笑)

今回は和田さんの解説付きで今までの中から9作品が上映されるという貴重な
イベントでした。何を切っ掛けにしてこの作品が生まれたかとか、儀式が
好きなので同じ繰り返しが多い、とかご本人でなければ語れないことを
いろいろ伺えたのが興味深かったです。



*複数画面で構成するインスタレーション作品「私の沼」の展示は2月28日
 までですが、短編映画の上映会は終了しました。


NOと言える脳

先日、雑誌を読んでいたらフランス人著述家のドミニク・
ローホーさんが興味深いことを書いていました。

「煩わしい義理だけの付き合いを断る。
 エネルギーが奪われるだけの友達からの誘いを断る。
 『NO』を言えるおとなこそ、自由で魅力的」

いかにもフランス人らしい考え方です。
日本人は礼節を重んじる民族だから(だったから?)なかなか
NOは言いにくい。

私の若い頃は「女は父母に従い、夫に従い、老いては子に従い」
なんて言葉がまだあったのですもの。
女って従うばかりなんだなぁ、と納得いかなかった記憶があります。

それでも若い頃は仕事でも、人間関係でも「NO」は言えない性格でした。
仕事の為、夫の為、子供達の為「誰かの為人生」を何十年突っ走って
きたのだろう?
でもそれが私達世代の日本の女の典型であったようにも思います。

今や時代や意識が変わり、女性の立場も随分と変わりました。
そして何より歳を重ねた今、以前のように何にでも「YES」と言って
いたら身体がついてゆけない。

そろそろ「自分を大事に」を一番に考えても良いのではないか。
「NO」を言ってもよいのではないでしょうか・・・。

「NO」はとてもポジティブな言葉。
「NO」はとてもパワフルな言葉。
「NO」が言えれば、大事なときに人にエネルギーをあげられる。

確かにそうですね、自分が疲弊していては、いざという時に力が出せない。
エネルギーを蓄える為には、1人の時間を大事にすることも必要なのかも
しれません。

「NO」と言い慣れていない私の脳。どうも「NO」というのはネガティブに
つながるような気がしてしまう私の脳をこれからはちょっと修正して
新しい感覚で「NO」と言ってみようかな・・・。


満開の梅


とりとめもなく・・・

次女家族の所へ行ってきました。
2週間、活字が読めない、TVから日本語が流れてこない
のは思ったよりも辛いことです。
もちろん、日本から本も持ってゆきましたし、娘のパソコンで友達の
ブログも読んでましたが、それが1日のうちでとっても楽しみな時間でした。

2月のハワイの空
常夏と行っても2月は気温も低く、曇りや雨も多く、朝晩は肌寒く羽織るものが
必要です。

ハワイ、じじ、アレックス、ソフィー
お散歩(ジジとSちゃんと婿の図)



年々感じるのですが(これは別にハワイに限ったことではないのかも
しれませんが・・・)世の中、カジュアルになってきて、ちょっとしたパーティー
でもいつもの普段着と変わらないのはつまらないなぁ、と。

私は娘達が子供の頃から外出の時は「お出掛け服」を着せていたので、その
習慣が引き継がれて、娘達も子供達に「お出掛け服」を着せて出掛けるのは
好ましいと思っています。
ところが、滞在中に娘家族があるパーティーにお呼ばれして、それなりに
お洒落をして(娘は白のワンピース、婿はジャケット、Sちゃんは黄色の
ワンピース)行ったのですが、何と主役の2人がGパン姿でどこにいるのか
分からなかった、とガッカリして帰ってきました。
「華美に」とは言いませんが、何かがあってのパーティーなのですから
やっぱり主役に相応しい服装というものがあるのではないかしら?と
思うのは古いのでしょうか?

日本に帰ってくると日本人は小綺麗にしているなぁ、といつも思います。
四季があって着るものに変化があるせいかもしれませんが。
春には春の、秋には秋の色を着分ける色彩感覚はさすが繊細な日本人ですね。
季節を肌で感じるというのも素敵なことだな〜とつくずく思います。

味もそうです。
ハワイに着いて1週間もすると日本の和食が恋しくなります。
「日本の和食」とわざわざ書くのは、こちらにも和食のお店はあるのですが
何か違う。
出汁? 水のせいか? 素材でしょうか? ともかく違う。
ハワイに行く時の私の荷物の半分は、出汁、味噌、醤油、海苔、胡麻、
梅干し。もちろん、こちらでも売っているのですが、やっぱり何か違う。
出汁と言えば先日、日系のスーパーマーケットに行って驚きました。
茅乃舎の出汁を売っていたのです。それも日本よりも高いお値段で!
コーナーが出来てました。恐るべし茅乃舎ですねぇ。

ちらし寿司
こちらに来ると必ず作るちらし寿司。
Sちゃんはパクパクとよく食べてくれます。


という訳で日本に帰ってくると、やっぱり日本人で良かった・・・と
と思うのであります。日本は美味しいですよ、何でも。
お水でさえも。


出掛ける前には三部咲きだった梅も九部咲きになり、甘い香りで
出迎えてくれました。おまけにうっすら雪化粧。
そうだ、まだ2月だったんですね(笑)

梅に雪