ミミクリーペット

孫達のクリスマスプレゼントは絵本と決めているのですが、
今年は可愛いのを見つけました。
ものまねハムスター「ミミクリーペット」
こちらの言った事をそのまま、おうむ返しにものまねするのです。
その声がまた 可愛いの。
この姿、この声を聞いて笑顔にならない人はいない筈。

もしかしたら、夫婦喧嘩勃発なんていう時に、この子を間に
置くといいかも。
そんな使い方もあり、かな・・・。(笑)


ミミクリーペット
Mimicry Pet (株)タカラトミーアーツ


ミニマリスト

今まで読んだ片付け本は、女性の書いたものばかりでした。
主婦(あるいは収納の達人達)が普通の生活をしながら、いかに効率良く部屋をキレイに
保てるか(それはモノを持たないということに繋がるのですが)そういう目線で
書かれたものが多かったのですが、ついにこの本に出会いました。
「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」佐々木典士・著、発行・ワニブックス

ミニマリストの本 

30代の独身の男性が書いているので、私にはとても新鮮でした。
ミニマリスト(必要最小限のものしか持たない人達)という言葉も
初めて知りました。

もちろん私には家族がいるし、あんな風にはなれません。
やっぱり女だから、お洒落もしたいしねぇ(スティーブ・ジョブスみたいな私服の
制服化は出来ない)
でも、参考になる所はたくさんありました。

この本で一番、心に響いたのは「亡くなった人のモノを手放す」という文言でした。
私は母が亡くなった時に譲り受けた古い飾り棚をずーっとリビングに置いていたのです。
その中には、生前母が使っていたティーカップやお皿なんかを飾って。
部屋がナチュラルモダンなのに、その棚だけがクラシカルで違和感がありました。

でもなぜか母の形見であるその棚は、身近に置いておかなくてはいけないと
思いこんでいたのです。
母を思い出す為に・・・?
考えてみたら、それを見て思い出すのは母が晩年1人で食事をする姿でした。
その時、思ったのです。
ああ、この棚はもうここになくていいものだな・・・と。
私は母の残像を何年も飾ってきたのです。
彼女はもうとっくに、そんな所から解放されて あちらの世界で自由になったと
いうのに。

母を想うなら、モノではなく心の中にある幸せそうな笑顔を思い出せば良いのだと
気付きました。それは永遠に心の中に刻まれている光景ですから。

そして母の使っていたモノ達に感謝してリビングから出てもらいました。
いずれ処分するにせよ、取りあえずは長平庵に。

私はこの本から今、自分に必要なモノとそうでないモノを見極める必要性を
学びました。時が流れてゆけば、昔大事だったモノも必要なくなるかもしれない。
日々の忙しさに忘れてしまいがちな、そんな事を思い出す良い切っ掛けに
なりました。
細かいモノの整理とは別に、ずーっと当たり前のようにそこにあるモノ、習慣、
など今、見直しているところです。
本当にそれが自分にとって必要かどうか?


母の観音様 

これも母の形見の小さな観音様。
これは「必要」と判断しました。なぜなら、これを見ていると安らぐから。


読書コーナー 

いろいろ片付けたお陰で出来た本棚の横の読書コーナー。
この椅子、以前はリビングにあったのですが、今はここに納まりました。
買い足す必要はないけど、あるモノで工夫するのも楽しみの一つですね。





「今」

「アリスのままで」という映画を観ました。
50歳で若年性アルツハイマーになった女性の話です。
主演はジュリアン・ムーア。
人ごととは思えないお話でした。

夫と二人の娘がいて、言語学者として大学で教鞭をとり、家庭も仕事も
充実した人生を送っていたのに・・・ある日訪れる突然の不条理。

「忘れる」ということは、大変な恐怖です。
今まで生きてきた歴史。楽しいことも、悲しいことも、自分の人生を
彩ってきたすべて、娘の名前さえも忘れてゆくなんて、耐えられません。

でも、考えてみたら普通の老化も少しづつ、少しづつ脳細胞は衰えていって
日々「忘れる」という方向にいっているのだなぁ・・・。

そうすると人間って何なんでしょうねぇ?

先はどうなるか分からないから、先のことは考えても仕方ないって
ことでしょうか?

だとしたら「今」しかないのです。

もう過ぎてしまった過去を引きずって後悔してても時間がもったいないし
将来に不安をもっても、実際にそうなるかどうか分からないし。
やっぱりこうしている「今」を充分に味わってゆくしかない。

夫と二人、夕食を食べながら「この漬け物、美味しいねぇ」なんて
言いながら食べているものをゆっくり噛み締めて、夫との会話も味わって
何とか二人、今日も無事に1日を終えられることに感謝して、そういう
たわいない「今」こそが、きっとすべてなんだろうなぁ・・・と、
思ったのでありました。


満開のアガパンサス 
庭のアガパンサスも「今」を存分に咲いています。



脳の排水

モーニングページというのをご存知でしょうか?
私はこれを始めて3ヶ月くらい経ちました。

モーニングページとは
毎朝ノートに(だいたい3ページくらい)手書きの文章で意識の流れを
ありのままにつづったもの。
何の脈絡もなく、ただ思い浮かんだことを書いてゆくのです。
今日はカーテンを洗おうとか、昨日電車の中でこんな人を見たとか

私は「ずっとやりたかったことを、やりなさい」(ジュリア・キャメロン著、
サンマーク出版)という本を友人に教えられてモーニングページを知りました。

著者は「人は皆、創造的な生き物」という考えから創造性回復のツールとして
モーニングページを奨めています。
現代人はストレスや忙しい日常から、本当に自分がやりたかった事とか、
子供の頃の夢なんて忘れてしまっている、もしくは諦めてしまっているのが
ほとんどではないでしょうか。本書ではその発掘方法が具体的に書かれて
います。エクササイズやら課題も多く書かれているのですが私は
そちらの方にはあまり興味が湧きませんでした。(・・・というか、それを
するのが面倒くさい・・・笑)

でも、なぜか毎朝のモーニングページは続いているのです。
これはひとえに、その成果が出てくるからなんでしょうねぇ。
どんな成果かって?
フフフ、いろんなことがありましたよ〜。
でもそれは個人的なことなので、ここでは書きません。

成果の現れ方は人それぞれだと思います。
私はこういうことがありました。とかこういう気付きがありました。と書いても
それは私に起こったことで、他の人に起こるかどうか分かりません。
だからこれは、実際にやってみて頂く他はないのです。

この本には毎朝3ページと書いてありますが、私は書かない日もあるし
1ページの日もあります。その辺はゆる〜く。
ただ「朝」というのは守った方が良い気がします。
夜書くと反省文あるいは、日記みたいになってしまうので。
私はこれを書く為に、以前より30分早く起きるようになりました。
これも副産物かな〜、早起きは三文の得ってね。

モーニングページは日々溜まってゆく頭の中のゴチャゴチャを出す
作業です。別名「脳の排水」と言われています。だから出たものは、
いらないものなので私は溜まってゆくノートも読み返さず処分しています。

ご興味のある方は、1度試しにやってみてください。
本当に頭の中がスッキリしますよ。
そしてスッキリして整理された頭の中に「あっ」というヒラメキがおきる!
・・・かもしれません(笑)

活けた紫陽花 



金継ぎの完成

先日書きました金継ぎの器が完成しました。

金継ぎと一言に言っても、今はいろいろなやり方があって、家庭で日々使う
器はあんまり時間もかけていられないので、エポキシパテを使うやり方で
やってみました。
こちらだと漆を乾かす時間が短縮出来て、普段使いの器の繕いには向いているかも。

実は漆も、新うるしというのを使いました。
これは正確に言うと、本物の漆ではなくカシューから出来ているそうで
かぶれません。
そーなんです、本物の漆(特に生漆)はかぶれが心配です。
昔、漆と知らずに木に触ったことがあり大変なことになった記憶が蘇り、怖くて
本漆に手が出ませんでした。
体質やその時の体調もあるそうで、必ずしも酷いかぶれをおこすとは限らないの
ですが・・・。

漆のブローチの作家である山梨の姉にも聞いてみました。
彼女はもう何年も漆を扱っているのに、未だにかぶれるそうです。
と言う訳で、最初の意気込みからかなり安直になってしまった私の金継ぎですが
欠けた器を繕うのが目的で金継ぎ師になる訳ではないので、まぁいっか〜てな
感じでゆる〜く完成したのがこちらの2点。

備前焼風の器に金継ぎ
こちらは金継ぎ教室で新うるしをこねて欠けを埋めたもの。
片口の備前焼風の肌にちょこんとした金がアクセントになっています。

金継ぎ器に野菜をのせて
胡瓜とカブの酢の物をのせて。


この器には錫
こちらは、エポキシパテで欠けを埋めたもの。
地肌の感じから金ではなく錫をのせました。
やはり器に似合いの色というのがあるんですねぇ。
何でもかんでも金をのせればいいってもんじゃないってことを学びました。

私が作った器に錫継ぎ
錫の色がシックでこの器には合っていると思います。

で、結論としては昔ながらの金継ぎも素敵だけど文明の力も応用して
(パテとか瞬間接着剤なんかも利用しながら)今風の繕いを行う、というのが
私的にはベストかな。
要は器を大切に長く使うというのが今回の主旨なので。

こうして手間をかけてものを繕うとか直すということをやると
確かにその物に対して愛着が湧くものですねぇ。
それは器に限らず、なんにしても言えることだと思いますが。
まだまだ未熟で、上手く出来なかったところもありますが、器が欠けたり
割れたりする度に直していったら、少しづつ上達するかな〜。