FC2ブログ

Fly me to the Moon

昨夜の月は美しかったですねぇ。
この世のゴチャゴチャ、モヤモヤをしばし忘れて
「Fly me to the Moon」な気分で眺めておりました。


IMG_5907.jpg
横浜にて

あまりに美しいので、東京の娘とハワイの娘に写メしたところ、
彼女たちも写真を送ってくれました。
東京の娘からは都会のネオンが明るいので、月の光が弱く見え
感動は薄かったという感想でした。

ハワイの娘は山と海に囲まれた恵まれた環境に住んでいるので
真っ暗な中に月だけが煌々と輝いていたそうです。

当たり前なことですが、場所が違うと同じ月でも見え方が随分と
違うものですね。

ハワイはロックダウンこそ解除されたものの、まだまだ厳しい状況に
あり、やっとビーチに行っても良くなったものの、5人以下の少人数で
ないとダメとか。それでも孫たちは家に籠っているよりビーチの方が
まだ発散できるでしょう。

一方、パリではヨーロッパのコロナ感染拡大を受けて、とうとう
サロン・ドトーヌの展覧会が中止となったという通知が届きました。
入選作品はもう続々と集まって、開催を待つばかりだったのに。
いつ日の目を見るのかな?
あるいは、いつ帰ってこられるのかしら?
暗〜い倉庫の中に並ぶ何百という作品たちのため息が聞こえてくる
ようです。


IMG_5909.jpg
雲の中の月


どこの国でも大変な時ですが、この星の右往左往ぶりを静かに見つめる
お月さまの輝きは、どこまでも透明でどこまでも澄んでいてただ美しいとしか
言いようがないのであります。
じーっと眺めていると、言葉では言い表せないとても不思議な気持ちになってきます。
そしてこう思うのです。
自然の前では人間はなんてちっぽけな生き物なんだろう。
地球にしてみれば、人間もまたウィルスみたいなものかもしれませんねぇ。



「Fly me to the Moon」 Diana Krall のジャズアレンジで



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。パリの展覧会、中止になってしまったのですね…美術や音楽等、アーティストの発表の場が制限されてしまうのは本当に、胸が痛みます。
この間の満月、私も自宅から眺めました!
夜半の煌々とした輝きも良かったのですが、日暮れどき、空の低いところに忽然と姿を現したかのような白っぽい、大きな月も印象的でした。
Fly me to the MoonとOld Devil Moonは私の中で月をテーマにした2大ジャズソングです^^

絵美さま

ね〜、せっかく描いたのに観てもらえないのは寂しいです。が、ヨーロッパは今、感染者数多いですからね、特にサロン・ドトーヌは毎回、盛会で三密もいいとこですから・・・。苦渋の決断だったと思います。
Old Devil Moon、私も好きです。月に関する曲、いい曲が多いですよね。

No title

お嬢さんが揃ってるとそういう母娘のメールが飛び交うんですね〜♪
ウチの娘は三男タイプだからか全然です(苦笑)
パリのサロンドトーヌ中止になって残念ですねえ。
それにしても収束の出口はいつ見えることやら・・・

香子さま

いえいえ、うちも結婚して母親になって初めて母の苦労が分かってきたみたいで。
昔は全然でしたよ。
人間って成長するんだな〜と(笑)

ねー、アメリカもヨーロッパも(まあ日本もですが、向こうは数が半端ない)出口が見えませんねぇ。大統領まで陽性とは・・・

No title

美しい月 眺めました。
日本中 いや 世界中で この美しい月を
同じように眺めている人がいる、ということに
想いを馳せると不思議な気持ちになります。

そして今は それをこうして知ることもできます。それも 不思議な気持ちになります。

風子さま

そちらでは、さぞや美しいお月さまが見えた事でしょう。仰るように、顔も名前も知らない人たちと同じ月を見あげているというのは不思議な感覚ですよね。しかも大体の人が「美しい」と同じ感覚で見ている訳ですから・・・
月ってやっぱり神秘的ですねぇ。