FC2ブログ

無言の使者

中国の武漢で最初に感染したのは、たった一人と聞いています。
それが瞬く間に世界全体に広がり、今や世界は新型コロナウィルスの
脅威にさらされています。
私たちがオリンピックで体感するはずだった「世界は1つ」を皮肉なことに
ウィルスで実感することになりました。
それも情け容赦なく。

自分だけが、自分の国だけが良ければ世界の何処かにいる感染者のことなど
どうでもいいと言う時代は終わりました。

今や世界全体、お互いが信頼関係を築き、協力して事に当たらなければ
収拾がつかなくなっています。

コロナウィルスが落ち着いたとしても地球温暖化が進めば永久凍土の中にいる
未知のウィルスが「土が溶けて海に流れだす可能性がある」と ある番組で
言っていました。

東アフリカではコロナ騒動とほぼ時を同じくして、サバクトビバッタが例年の3倍
発生し数千万人の食料供給が脅かされているそうです。
この異常発生は大雨のせいで、それもまた温暖化の影響なのだとか。

これからハリケーンや台風も、温暖化が進めばますます強力になっていくと
いう専門家の発表もありました。

疫病、バッタ、大雨・・・思わず聖書を思い出してしまいました。

これからどうしていったら良いのでしょう?
私たちは小さな存在ですが 「100匹目の猿」のように、一人一人の気づきが
もしかしたら、地球再生にまだ間に合うのかもしれない。
希望はそこにあるのかもしれない。

小さな事から、自分の出来る事から少しづつやっていくしかないと思うのです。
利便性を追求するのはやめて、消費生活とはお別れ。
買い物にはサブバッグを持参、割り箸を使わない、過剰な包装は拒否する、
なるべく使い捨てではなく再生可能なものを使う、節電をする、水を大切に使う、
昔の日本人のように自然への敬意を持って暮らす。
そんな小さな積み重ねをみんなが意識したら、世の中はもっと変わるのでは
ないでしょうか?

「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はあり得ない」
宮沢賢治の言葉です。
若い頃、この言葉を読んだときは よく理解できませんでした。
今読むと 心に響きますねぇ。

小さなウィルスは無言の使者。
彼らは人間のエゴ、傲慢、地球が人間だけのものではないことを教えに
来たように思えてなりません。

IMG_4872.jpg
朝のお散歩コースから見えた富士山