FC2ブログ

パリからの手紙

大変、嬉しい手紙が届いたのは日差しの眩しい3月初めの日。

IMG_4646.jpg

これはフランス語なので、チンプンカンプン(笑)
翻訳したものには

「江田 朋百香様
本日は、貴殿の質の高い芸術作品に対し、本協会の”Societaire"(正規会員)として
正式にお迎えしたく、本評議会で最終決議されましたことを、慶をもってお知らせ
いたします。本協会の事務局ならびに委員会の各メンバー共に、貴殿の入会を
心より歓迎いたします。

親愛なる会員殿へ 心からの敬意と誠意を表して
2020年2月18日、パリにて                     

 サロン・ドトーヌ会長
 シルヴィ・ケクラン 」


と、書いてありました!
ヒャッホー  ヤッタァ!

あの、あの、あのサロン・ドトーヌの会員になるなんて・・・
夢のようです。
サロン・ドトーヌに絵を出品し始めてから8年入選し続け
その努力が実を結んだ、という事でしょうか。
プロフィールに「サロン・ドトーヌ会員」と書ける光栄をしっかり受け止めて
これからも制作に励んでゆこうと思います。


「サロン・ドトーヌは、1903年、百貨店「サマテリーヌ」の建築家フランツ・ジョルダンを
筆頭に、マチス、ルオー、マルケ、ボナール、カモアン、フリエス、、ヴィヤールらによって
創立されました。これは春の展覧会としてすでに知られていた”ル・サロン”の
ソシエテ・デ・ザルチスト・フランセ及びサロン・ド・ラ・ソシエテ・ナショナル・デボザール
の保守性に抗する気運が高まり、形にしたものであり、ルノワールやドン、カリエール等
の大家や、ロジェ・マルクス、ユイスマンス、ヴェルバーレン、等の文筆家らの心を動かし
支援を得るまでになりました。さらに数年遅れてドラン、ヴラマンク、ヴァン・ドンゲン、
ブラックらが参加。実力派の活躍が広く知られている世界的人気のサロンです。
サロン・ドトーヌ会員の有名な日本人画家は、藤田嗣治、東郷青児、佐伯祐三など。」





コメント

非公開コメント

No title

おめでとうございます!凄い凄い!名誉なことですよね。
今までの努力が実を結んだ、認められたということですね♡

まるたけさま

ありがとうございます。
時代と共にサロン・ドトーヌも変化しているのでしょうが、それでも子供の頃から観ていた、あの藤田嗣治と同じ会の会員になる訳ですから嬉しい限りです。最近は体力も落ちて、描くのがしんどい時もあるのですが、こういう事があると、まだ頑張らねば・・・と思います。

祝!正会員、おめでとうございます!!
これからも倦まず弛まず、描ける限り描き続けてゆきなさいというお告げかもですね?
これがさらなる飛躍となりますように。今後も作品を拝見するのを楽しみにしています。

tomokoさま

ありがとうございます。
tomokoさんの仰っていたことの裏付けをドトーヌから貰った気がします。
いつも「絵のぐち(?)」を聞いてくれて、ありがとう。

No title

わわわっ、なんとまあスゴイことが!
朋百香さんの日々の研鑽の積み重ねへのご褒美というか
いや、やはりご自分で勝ち取られたものですね♪
おめでとうございます v-314 v-308 v-306

香子さま

ありがとうございます。
いや、勝ち取ったという感覚は全くありません。ただ好きな絵を描き続けて、ドトーヌに出し続けて・・・という淡々とした作業を繰り返してきた結果という感覚でしょうか。
嬉しいのは嬉しいですが、明日からの生活が変わるわけでもなく。ホイヴェルス神父の言葉を借りれば「ただ従順に、平静に、おのれの十字架をになう」のみです。