FC2ブログ

美しすぎる人間たち

IMG_3581.jpg

以前テレビで観て、すご〜く興味のあったヨシダ ナギさんの写真展に
行ってまいりました。

一言で言うなら、素晴らしかった!
ヨシダ ナギさんは、簡単に言うなら世界の少数民族を撮るフォトグラファーです。
(って、考えただけでも簡単ではありませんよね)

人間ってこんなにも美しいものだったんですね〜。
人間と言っても、都会で暮らす私たちではなく、自然の中で土地のものを食べ
民族の誇りである衣装を身にまとい、ほとんど世界と混じることなく生きている人々の
ことです。

言葉で説明するより、見ていただくのが一番だと思うので、ここから写真を並べます。
会場は写真撮り放題でした。横浜まで来られない方の為に、頑張って撮りましたが
部族については、把握しきれてないので(間違うと失礼なので)分かるものだけ
記しました。


IMG_3516.jpg
スリ族:世界一おしゃれな少数民族と言われている。結婚式やご機嫌な日は草花で着飾る。

IMG_3517.jpg
アファール族:牛脂で白くしたアフロヘアが伝統的なスタイル。外国人はおろか、カメラも知らない
素朴な人々。

IMG_3518.jpg
トゥアレク族:青の部族と呼ばれる彼らはインディゴブルーを身に纏った遊牧民。
恥ずかしがり屋ゆえに、顔を隠しているそう。

IMG_3520.jpg
ヒンバ族:赤土を身にまとった彼女たちは「世界一美しい裸族」と呼ばれている。
自分たちの感情を表に出さない文化なのでコミニケーションはとても大変だったとか。

IMG_3522.jpg
ボロロ族:どの民族もそれぞれ美しいがヨシダ ナギさん曰く「ずば抜けて美しい!」と言うボロロ族。
イケメンはえてして性格が悪かったりするが、ボロロ族は驚くほど性格も良いのだとか。

IMG_3532.jpg
フリ族:通称ウィッグマンと呼ばれている彼らの大きな帽子は、実は自分の毛髪で作ったカツラ。

IMG_3533.jpg
アサロ族:特殊な土で作られたお面をかぶる、通称「マッドマン」 このお面はかなり重い。

IMG_3535.jpg
ヨシダ ナギさん、現地ではこのような姿で撮影をしたそうです。

IMG_3545.jpg

IMG_3546.jpg

IMG_3548.jpg

IMG_3549.jpg

IMG_3554.jpg


他にも素晴らしい写真がたくさん、ありましたがブログではこれが限度。
ご興味ある方は、ぜひ横浜そごうにいらしてください。

ヨシダ ナギ写真展 HEROES 2019
場所:そごう横浜店 8階=催会場
会期:7月2日(火)〜15日(月) 
開場時間:午前10時〜午後8時
入場料:一般・大学生500円 高校生以下無料




コメント

非公開コメント

No title

横浜そごうに行きたいでーーす!!
凄っ。これ映画用の衣装?なんて思ってしまったほどです。世界中の美しいものを見たいなあ。この世界にはまだまだ知らないことがいっぱいですね。

sognoさま

世界にはまだまだ私たちの知らない少数民族がいるのでしょうね〜。ここには載せませんでしたが、モロッコのベルベル族は貧しいゆえに民族衣装を売ってしまってないのだとか。大国が「自国ファースト」とか言う時代ですが、もう少し地球規模で彼らを守れないものかしら?と胸が痛みました。

No title

この方の写真 いろいろ話題ですよね、近かったら 見に行きたいのですが。
かなり昔、ヌバ族の写真を見たことがあって、その美しさに びっくりしたことがあります。
同じニンゲンなんですけど、、、いやあ、衝撃的でありました。

風子さま

そーなんです。美しいんですよ、会場の写真は大きいのでその迫力に圧倒されます。
その昔、大国と言われる国の人達は、あの美しい気高いアフリカの人達をよく奴隷として自分の国に連れ帰ったものだと思います。