FC2ブログ

2019,サロン・ドトーヌ

毎年同じことやってるのだから、少しは早めの準備すればいいのに・・・
今年も例年通り、ギリギリ申し込みです。

毎年、秋のパリで開催される「サロン・ドトーヌ」
今年も審査の申し込みの時期が迫りました。

サロン・ドトーヌは1903年百貨店「サマリテーヌ」の建築家フランツ・ジョルダンを筆頭に
マチス、ルオー、マルケ、ボナール、カモアンらによって創立されました。
さらに数年遅れでドラン、ヴラマンク、ブラックらが参加。
フォービズムやキュービズムの画家たちの活躍の舞台となり、近代絵画史上に大きな
軌跡を残しました。

という、この展覧会に出品し始めてから早くも8年という月日が流れました。
この展覧会は審査があって、それに入選しないと出品できません。
今年も申し込み準備から始まります。

まずは原画のCD-Rを撮ってサロン・ドトーヌの審査員まで送ります。
この点は昔に比べて、原画を送らなくて良いので便利ですね。
審査結果は5月頃にきます。
審査に通れば梱包して、貨物船に乗ってゆっくりパリを目指す旅に出ると
いうことになります。

今回は所属しているJIAS(日本国際美術家協会)から推薦を頂きました。
審査はサロン・ドトーヌの審査員が行うので入選の保証はありませんが、
それでもご推薦いただくのは嬉しいものです。


今年の作品は「嘘を孕む真実」 縦100㎝×横80㎝
IMG_2949.jpg

人のつく嘘には、悪意のもの、優しい嘘、その場凌ぎ、いろいろあります。
嘘から出た誠、とか嘘も方便とか「嘘」と一言でいうには、複雑な感情が
包括されている気がします。
嘘の裏には実は、大きな真実が隠れていたりして・・・いや、真実の中に
ちょっとした嘘が潜んでいるのかな?



絵の著作は江田朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。



コメント

非公開コメント

No title

内に秘めたる激しさを感じるのは
ワタシだけでしょうか?
ナマで拝見するんが楽しみであります♪

香子さま

はい、体力も筋力もない私ですが(笑)絵に込めた情熱だけは誰にも負けない、と自負しております。
もしこれがパリに行ってしまうと、帰ってくるのは来年になりますが、いつか生で観て頂ければ、と思います。

No title

こんにちは! いつもそう思いますが、今年も力作ですね。
偶然ですが、今日何となく「嘘」について思いを巡らせていました。
政治とか、あるいは何かのトラブルとかで、ある人は真実だと主張しても、別の人はまやかしだと非難する、なんてことよくありますよね。真実か嘘かって、それを判断する人の信条やココロ持ちが決めてるってところあるなあって思うことがあります。

絵美さま

鋭いご指摘ですね〜。
嘘も本当も紙一重的なところがありますよね。
「嘘」でも大勢の人が信じたら「真実」みたいな・・・。人間って本当に複雑です。