FC2ブログ

「妻のトリセツ」

もし、40年前にこの本に出会っていたら、夫の心ない一言
(注・言ってる本人に悪気はない)に、傷つくこともなかっただろうに・・・。
でも、今この本と出会ったことに意味があるのかもしれません。
私は私なりに一生懸命、考えて、悩んで、怒って、諦めて、開き直って
解決策をその都度、見出してここまできたのですから。
夫もまた、なんで私が怒っているのか? どこで地雷を踏んでしまったのか?
分からないながらも、彼なりに暗中模索し、少しづつ修復させる術を身につけ
ここまで来たのです。
つまりこの40年間、夫も私も成長してきたのです。
別の言い方をすれば魂をみがいてきたのです。
(これが結婚の意義なのでしょうか?)

夫から見て妻の理不尽な言動も、妻から見て夫の意味不明な行動も
脳科学の見地から見れば「なるほど、そう言うことか〜」と理解できる(筈)
本です。

脳科学の専門家が分かりやすく男の脳、女の脳の違いを解説してくれているので
これを読めば、少しは夫婦間のトラブルが減るのに役立つかも・・・しれません。
「妻のトリセツ」ですから、多分夫が読む本なのでしょうが、妻も必読です。
お互いの「理解を超えた領域」を少しでも理解する努力をしましょう。

最後の説得力ある締めくくりの言葉がグッときます。
「夫婦というのは面白い。
かつて、永遠の愛を誓ったあの日の煌めくような「愛」とは似ても似つかないところに
「愛」の正体がある。
しかし結婚も35年を超えれば「理不尽な怒り」と「とほほ(苦笑い)」こそが暮らしの
アクセントであり、生命力の源であり、ふたりにしか分からない絆になるのである。」
(本文より)

「妻のトリセツ」 黒川伊保子・著 講談社


IMG_2910.jpg




コメント

非公開コメント

No title

家人に読んでもらいたい(本読まないから無理だけどw)
何しろ「自分はこうなんだから、そっちが対処を覚えてね」みたいな…
ワタシは7つ年下なのにもっと大人にならないといけなかったです i-229
あっ!家人よりもっとわがまますればよかったかしら!?
う〜ん、ワタシのトリセツが出来る前に別れちゃってますわね(爆)

香子さま

男と女のすれ違いは永遠のテーマですね。
それでも世の中、男と女しかいないから・・・厄介なことですが、でもだからこそ人生は面白いのかもね。
大人にならなきゃいけないのは、いつも妻の方ですよ、だいたいどこのうちでも(
苦笑)

No title

まだまだひよっこ妻ですが、書き出して下さった締め括りの文章に唸ってしまいました。笑
ただ好きってだけで結婚する若さって素晴らしい!とは思ってるんですけど、
そういう自分がもしも若いうちに結婚してたら、たぶん去られていたかもなあ〜なんて思ったりします。笑
結婚前にテレビで先進諸国の男性のY染色体が激減してる報告なんか見ちゃったせいか、男子って哀しい生き物という捉え方も今の暮らしに役立ってるかもしれません。
ご本、読んでみたくなりました♪

tomokoさま

婿にこの本を送ったら泣いて喜んでくれました(笑)なかなかお互いを理解するのは難しいんですね、夫婦というのは。
ホント、tomokoさんのおっしゃる通り、男って哀しい生き物だと思います。
そう思うと、トンチンカンな言動も笑って許せるようになれるのかも・・・(そこにボケも入ってくるので抱腹絶倒モンですが)
ひたすら菩薩の境地を目指すのみです。 

No title

世のおじさま方に、衝撃を与えている本ですね。
類似のコンセプトの本は過去に何冊かありましたが、改めて整理してくれたのがこの本。
オンナは雑談からデータベースを作成するというのには、笑いましたわ。
お婿さんが喜んでくださったとは、これで将来も安泰でしょう(^o^)

セージグリーンさま

永遠の課題に光を与えてくれた本だと思います(笑) でもこれで全てが解決するほど、事は単純じゃないです。すべては勉強ですから、一人一人個性がありますしね。
まあ参考にはなりますよね。