FC2ブログ

「一切成り行き」

いつか本が出版されるだろうと心待ちにしていたのですが
早かったですね。
「一切成り行き 〜樹木希林のことば〜」

今年は特に身体のあちこちに不具合が生じて、こういう歳なんだなぁ・・・と
自分なりに納得してはいたのですが、それでも気分が落ち込む日も多々
ありました。

そんな時は希林語録をネットで探しては 慰められたものでした。
これが一冊の本となれば、もうこれは私の一生のバイブルです。

「病というものを駄目として、健康であることをいいとするだけなら、こんなつまらない
人生はないだろう」 (「一切成り行き」より)

本当にそうですねぇ。5年間、癌と闘ってきた方の言葉だから説得力があります。
私は当初、早く治して元の状態に戻さなくては・・・と焦りました。
まさに不具合を駄目な状態と捉えていました。
でも、時とともに足掻きながらも、だんだんと不具合を認められるようになってきました。

不具合を抱えた自分、これもまた私。
それを認めると少し楽になり、以前より自分を愛おしく思えました。
友人の助言や希林さんのことばのお陰です。

IMG_2783.jpg

希林さんのことばは心に響きます。
キレイゴトでない生の言葉、本音で言う言葉だからでしょうか。
もうこの世にいないと思うと寂しいけれど「希林さんのことば」は見事に生きてずっーと
私たちに語りかけてくれる、凄いなぁ と思います。


「一切なりゆき 〜樹木希林のことば〜」 文春新書


コメント

非公開コメント

No title

わっ。こんな本が出ていたんですか。読みたいなあ~。表紙の写真、いつの頃なのでしょうね。弾けそうな笑顔ですね。私もね、これでも小さいの大きいの体調不良がいくつもありました。病院代、凄いことになっています。それでも、このカラダでやっていくしかないのかなあと思っています。

sognoさま

表紙の写真は「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のポスター用に撮影されたもので、生前、希林さんがこの表情を自ら「顔施」と呼ぶほど気に入っていたものだそうです。
顔施(がんせ):仏教用語。この顔を見た時に、フッと人が何かを感じるのであれば、人に何かを施したことになる。
本当に良いお顔をしてらっしゃいますねぇ。

そうですか、sognoさんもいろいろ、おありになったのね。
お互い、残りの人生、自分を労わりながらゆっくり行きましょうね。

No title

こんにちは。こちらの書籍は未読なのですが、
希林さんの写真展を観に行った際、同じように自然体な姿勢に好感を持ちました。
「完璧」とか「理想」をあまり追い求めると、却って自分を追い込むものですよね。
求めることと、与えることのバランスをうまくとっていきたいなあと思っています。

絵美さま

そうでしたか、写真展、見たかったな〜。
本当の自分をさらけ出すというのは、なかなか勇気のあることですが、希林さんは果敢に挑戦していましたよね。
私には絵があるので、絵の中に自分をさらけ出してる気がします。

仰るとおり、すべてはバランスですねぇ。
バランスの良い人は、会っていても気持ちがいい。

No title

葬儀の帰りに立ち寄った書店で平積みになってました。
読まなきゃ〜!と思わされる一冊ですね。

香子さま

そうですね、今日発売と聞いてその日のうちに本屋に走りました。
すぐに読み終わってしまう本ですが、きっとこれから何回もページを開く本だと思います。