FC2ブログ

仁城義勝さんのお椀

瀬戸物の茶碗が何か冷たく感じられて、だいぶ前から木のお椀で
ご飯が食べたいと思っていました。
でも木ならなんでもいい、という訳ではありません。
毎日使うものですから、気に入ったものを探したい。

そしてこれっと思ったのが仁城義勝さんのお椀でした。

IMG_2189.jpg

丁寧に木と対話しながら椀を削り、漆は3回しか塗らないのだとか。
だから彼は木地師と名乗っています。

IMG_2188.jpg

漆を厚く塗らないので、木地がうっすらと見え、それがまた良い風情。
漆の器を日常のものとして作っている仁城さんの器は、漆椀としては
驚くほどお安いです。
でもその仕事は本物。
仕事が確かなら、その使い心地も素晴らしいものです。

「自分のこころをざわつかせるような器だけは、作りたくない」という
仁城さんの心情的なものがその姿形に備わっていて、手に取る者に
伝わってくる気がします。

さて、このお椀、どこで手に入れたかというと・・・ネットで扱っているお店を
探したのですが、なんと京都のギャラリーでした。
東京にもいくつもあるのにねぇ、京都と繋がっちゃった。
しかもそこは来週、私が個展をする余花庵さんのすぐ近くだったのです。
これって不思議な話?
京都たって、星の数ほどお店はあるだろうに・・・

IMG_2185.jpg

まるで昔からうちにあったかのように、日常の食卓に馴染んでいるお椀。
好きな器でご飯をゆっくり噛みしめる幸せって、今だからこそできること。
若い頃はできなかったな〜。

上の2枚の写真は赤木明登さんの「美しいもの」より




コメント

非公開コメント

あらあー、塗りの椀でご飯も良いですねぇー♡
禅宗の若い修行僧さんらの食事のときのあの入れ子式の塗りのお椀のセットに憧れたことがありましたけど、こちらのお椀も良さそうですネ。
美濃とか瀬戸のあたりってご飯もお味噌汁も磁器茶碗だったりしますけど、夏場はそれもまたいいかもなあなんて思ったことありました。夢ばっかりです。笑

No title

なるほど、ごはん茶碗に i-179
汁椀は木地ものを使ってますが
目から鱗でした。
5個揃いなのでそのうち2つを
ごはん用にしましょう♪

tomokoさま

このお椀ね、使い込むほどに色も薄くなってきて、よりいい感じになるそうなので、経年変化も楽しみたいと思います。何より軽いから年取ってくると、なお使いやすいかも。

香子さま

ね〜、私もご飯は瀬戸物の器という固定観念があったのですが、何かの写真でご飯を塗りのお椀で食べているのが載ってて、美味しそうだな〜と。そういえば精進料理なんて、全部塗りのお椀でしたよね。実際食べてみると、なかなかいいもんですよ。

No title

心から納得でき、
手に馴染んで毎日使いたい器との出逢いは、
ほとんど運命ですよね。
わが家では、数年前から木製のどんぶりを
使っていますが、こちらのお椀のように、
漆はあっさり3回がけで生地が透けてみえます。
軽くて冷めにくいので、実だくさんのスープやシチューなどにも使っています。
勿論、朋百香様と同じく木製のスプーンで。

セージグリーンさま

そうでしたか、実は私も次はどんぶり椀が欲しいな〜なんて思ってました。
スープやシチュウ、セージグリーンさんのお話を伺ってますます欲しくなっちゃった!

No title

私は今使っている御飯茶碗の白と漆塗りの汁椀の朱のコントラストが気に入っていて、
しばらくはそのまま使い続ける予定ですが、
御湯呑みは木製のものを使っています。
手に馴染み口当たりも良く、熱さも感じにくいのでお気に入りです。

れいこさま

へ〜、木製の湯のみ! それは初めて聞きました。確かに木製のものは熱が伝わりにくので、熱いものを入れるにはいいですよね。
木製の湯のみなんて、どこで売ってるのかしら?

No title

こんにちは! 私も最近、質の良い漆器に興味を持っていたので、こちらの情報ありがたいです。お名前で検索しましたが、お鉢もお皿も素敵ですね! 私もスープ&シチューボウル、欲しくなっちゃいました。

絵美さま

この方、お電話でお話しさせて頂いたことあるんですが、本当に謙虚な方なんです。ドイツの国立美術館で開かれた「日本の現代塗り物十二人」にも出品されるような方なんですが、そんなことは何の意味もない、って感じで。
日々の暮らしと仕事にひたすら、心を込めていらっしゃるのだと思います。
人として見習いたいな〜と思いました。