FC2ブログ

帯のデザイン・その2

2度目の試し織り作品を持って、織り姫・吉田美保子さんが
おいでになりました。

鱗紋帯、二度目の試作
平置きしているので、色が薄く感じますが、立てるともっと色が
前に出てきます。これも織りの不思議なところですね。

写真を載せてはみたものの、織りの素晴らしさは写真では伝わりません。

正直なところ、織り(ブラッシングという技法も使っているそうです)でここまで
忠実に原画を再現してくださるとは思っていませんでしたので、感動です。

お話を伺っていると私が何気なく墨の加減で濃くしたり、薄くしたりしている
ところを吉田さんは経糸、緯糸で織り方を調節したり、糸の太さを変えて
変化をつけ、バランスをとっているのです。

同じ糸で色だけ変えても平面的な仕上がりになってしまうであろう事は
素人の私にも想像はつくのですが、ではどの様に表情をつけるのか?
これはちょっと私には分かりません。

この糸を2本取りにして・・・とか、ここは節のある糸で・・・とか
それはそれは細かく考えていらっしゃるのです。

鱗紋帯、二度目の試作、お太鼓部分
お太鼓に出るのはこの辺り。
ともするとキツくなってしまう三角も、織りのたおやかさで良い風情。

「ああ、吉田さんにお願いして良かった!」と思ったのは、彼女はたぶん
無意識のうちに、私の中にある「何か」を感じとって、私が原画の中には
使っていない色を縞の中に入れてくださったこと。
それによって、ただ「男前」だったこの帯に品の良い優しさが加わりました。
織り姫の感というのか、長年の経験からか原画に忠実でありながら、
美しい化学変化をおこしてくれました。

これこそ私が一番最初に思った「描いた絵を織って布にしたらどうなるんだろう?」
という素朴な疑問と好奇心の答えです。
しかもそれは期待以上でした。

絵はマットですが、織りは光の当たり方で陰影が出来るし、そこに布の(糸の?)
持つ力強さと繊細さが混在し生まれ出る奇跡にも似た実証。
それがこの帯です。美しい。やっぱり織りは美しい(布好きにはたまらない)。
これは間違いなく、私を守ってくれる帯だと思いました。

さて、綿密な打ち合わせを経て試し織りは終了。
いよいよ本番の織りに入ります。

<つづく>


コメント

非公開コメント

No title

出来上がりが楽しみですねえ i-178
J屋さんのHPで何点か作品を拝見しましたけど
ホント、描いてるように織っていらっしゃいますよね。

香子さま

昨夜はね、お太鼓裏の件でご連絡がありました。太鼓裏なんて見えるか見えないかの所ですから、もう納得のいくようにしてください、と
お返事しました。拘りの吉田さんです。

No title

こんにちは! とってもステキな帯になりそうですね。2枚目のお写真で、微妙な質感や色遣いの様子が垣間見えます。そうそう、美保子さんは、こちらが思いもつかない色をまぜてきますよね。
三角も、ブラッシングカラーも、年々バージョンアップしているというか、こんなに小さな三角をきれいに織り出せるんだ!と感心しています。出来上がりを私も楽しみにしています。

絵美さま

思えば、絵美さんが初めて長平庵を訪ねてくださった時にお召しになっていたのが美保子さんのシスレーでしたよね? あれから10年近くなるのかしら? 今こうして美保子さんに帯を織って頂いているなんてご縁ですねぇ。
私も出来上がりが楽しみです!

No title

夢のプロジェクトで私も一緒に夢見ています。
完成の日が待ち遠しいですね!

sognoさま

ありがとうございます。
吉田さんがインスタ(?)か何かに載せたら、
「素敵ね〜」ってコメントがあったそうで、
そういう意味ではネット社会万歳です。
知らない方にも見て頂けるので。

No title

実家に母の様子を見に行っておりましたが、
イメージ通りに進捗しているようで、
一緒に楽しませて頂いています。
付下げや江戸小紋にもぴったりの、
朋百香様らしい、洗練されたモダンなおみ帯ができあがるのが、楽しみです。
織り姫様の真摯で研究熱心な向き合い方には、
頭が下がりますね。

セージグリーンさま

いや〜、私も本当に楽しませて頂いています。
普段、絵を描くのは孤独な作業なので、こうして話し合いながら
1つの作品を作ってゆくのはワクワクしますね。
帯を見る度にああ、あの時はね・・・なんて
思い出話に花が咲くんでしょうねぇ。

No title

きっと美保子さんもすごーく気持ちよく織っているのではないでしょうか。
写真からでもそういう感じが伝わってくるようです。
一瞬締めた姿が浮かびました・・・♡
いちばん最初はどのお着物に締めることになるのでしょうね、わくわくします〜♪

tomokoさま

そうですか〜、美保子さんも楽しんでくれていると良いのですが・・・なにしろ、真面目な方だから、いかに原画に近づけるか試行錯誤してるみたいです。
丸マナコ、合いますよね〜?
か、芝崎さんのグレー紬かな?
実物を手にした時の印象で決めま〜す。

No title

もう 素晴らしいの一言 です。
あのデザインが この布になるとは!

他のどこにもない 唯一無二の作品。
そしてお召しになったときの朋百香さんが
輝くのが今から見えるようです。

風子さま

ありがとうございます。
楽しいですね〜、コラボして作品を作るって。
デザインは確かに私ですが、美保子さんが織ることによって、彼女の「何か」が織り込まれ、また違った表情を見せてくれるのが、たまらなく楽しいです。