FC2ブログ

赤い靴下

寒いですね〜。
寒さのせいか、私の持ち物の中で唯一の「赤」のカーディガンが
いつもより登場回数多いです。

今年、増えた「赤」は玉木新雌(たまきにいめ)さんの播州織りの
ストール。ヘビメタで使っております。
こんなに自分が赤を着たり、身に付ける日がくるなんて若い頃には
想像もしなかった。

にいめさんのストール

黒のダウンコートに「赤」は効きます。

そして「赤い靴下」
昨年、姉がプレゼントしてくれたのと お友達が編んでくれたもの、
この2足が偶然にもよく似た毛糸で、実に素敵な色なのです。

赤い靴下1

出来ればこんな色のセーターが欲しいな〜。

こちらはお友達が編んでくれたもの。
モノトーンコーデに赤い靴下

モノトーンコーデに紅一点。
パンツは「a.」のバルーンパンツ。
履き易くて、家にいる時はほぼこれ(笑)

手編みの靴下って暖かさが違うのです。
何ででしょう?
やっぱり、編む人の想いが編み込まれるからかしら?
手の温もりを感じるからかな〜。

赤、実



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは! こんなに寒い日が続くと、赤のもつあったかいパワーにすがりたくなります。お写真ではローズっぽい赤のようにお見受けして(特にマフラー)、大人の赤、という感じがします。血色もよく見えそう。
手編みが暖かいのは、心がこもっているからというのはもちろん、適度なやわらかさで空気をたくさん含むからかなーなんて、素人考えですが思ったりします。
インフルエンザがそろそろピークなので、ご自愛くださいね。

No title

あら!私も持ってます!
NIIME TAMAKIさんのストール(そういう字を書くんですね)。
手に入れたのは一昨年くらいでしたけど、
そこにはこんなはっきりした色目のものはなかったなあ。
なので私のはベージュ系。
ふわっふわで軽くて暖かいですよね♪

絵美さま

なる程「適度な柔らかさで空気をたくさん含む」からなんですね〜。確かに機械では、あの柔らかさ、均一でない優しさは出ないですものね。
インフル、娘家族は婿さんを除いて全員ダウンです。私も熱はないんですけど、昨日あたり咳が出て来たので、今流行の隠れインフルかな?(笑)

れいこさま

そうでしたか、新雌さんのストール、こちらも本当に暖かいですよね。
他にターコイズも持ってます。どちらかというと、派手な色目が好き。
他が全部黒とかグレーだから。
歳とったら、ハッキリした色が似合う(?)ようになってきた気がします。
これでグレーヘアになったら、なおさらよね。
全身、グレーじゃくすんだお婆さんになっちゃう(笑)

No title

大人の赤はよろしいですねえ♡
どこかにほんのぽっちりでもあると、元気さが感じられます。目も吸い寄せられますね〜♪

保育園児のときには赤い色って避けてました、
というか、男の子は青、女の子は赤っていう大人からの押しつけがイヤだったみたい。あえて青を選んだりしてました。笑
でも赤は私にとってはライフ・カラー。欠くべからざる生命の色であります。
着物ではなかなか身につけられない赤ですが、若いときの真紅の絞りの帯揚げ、大事にとってあって、還暦になったら着物によってはあわせてみるのが目標で〜す。

tomokoさま

はい、今更ですが赤の良さを見直しております。「深紅の帯揚げ」いいですね〜。
還暦祝いにはぜひ、お召しになってください。
私はね、次の冬には「赤い手袋」欲しいな〜(笑)

No title

朋百香さんのブログはCロワッサン誌みたいだわ。
普段着もお洒落ですねえ〜♪
手芸店で気仙沼発の洗濯機で洗える毛糸を扱ってるので
今シーズンは間に合わないけど10月くらいになったら
靴下編んでみようかな。

香子さま

え、そうですか? ありがとうございます。
自営業なので、いつ人が来るかわからず、基本
お出掛けも自宅も同じ恰好です。
この黒のカーディガンは30年選手ですよ。
穴も開かずによく持つもんですね。
「洗濯機で洗える毛糸」気になります。
編んだらぜひアップしてください。