FC2ブログ

はまぐりと豆腐の小鍋

友達のブログに載っていたこの本、さっそく購入。
そして、気になるお料理を作ってみました。

成田屋の食卓
「成田屋の食卓」堀越希実子、世界文化社


まずは、豆腐とシラス、枝豆の和え物。
枝豆がなかったので隠元を細かく切って代用しました。

シラスと豆腐

材料:木綿豆腐 1丁
   エダマメ 300g
   釜揚げシラス 100g
   ごま油
   塩、胡椒 各少々
   生姜(すりおろし) 小さじ1
 すだち 半分

作り方 1, 豆腐は水切りをし、エダマメは塩ゆでして薄皮をむく。
    2, ボールに豆腐を入れ塩胡椒して、しょうがを加え
     混ぜる。
    3, 2を器に盛り、ごま油をかけ、すだちを絞り、最後に
     シラスを上に散らす。

さっぱりしていて、簡単に作れて箸休めにピッタリです。


次はこちら
蛤と豆腐の鍋

はまぐりと豆腐の小鍋

材料:はまぐり(大)6個
   絹ごし豆腐 1丁
   昆布 10㎝
   とろろ昆布 ひとつまみ
   すだち 1~2個
   ご飯 1膳分
   ねぎ(小口切り) 適量
   日本酒、しょうゆ、ポン酢、塩、胡椒 各適宣

作り方 1,豆腐は8等分にする。
    2,鍋に昆布を入れて水をはり、塩をひとつまみ、
     日本酒大さじ1〜2、豆腐、はまぐりを入れて
     煮立てないように火を通す。
    3,小鉢に豆腐とはまぐりをとり、とろろ昆布をのせ
     ポン酢かすだちをかけ、好みでしょうゆをたらす。
    4,具を食べたら、ご飯を加えて雑炊にし、ねぎ、黒胡椒を
     加える。

これがまあ、何とも美味しかったです。
はまぐりの出汁が豆腐にしみて、絶品でしたね。
夫が一言「お前、腕を上げたな〜」って。(笑)
私が腕を上げた訳じゃないんですけどね「あら、そーお、ありがと」
と返事しときました。

寒い季節には身体がほっかほかになるこんな鍋が一番ですね。
〆の雑炊がこれまた美味しいこと、貝のお出汁で、良いお味に仕上がりました。
鍋料理もいつも同じだとマンネリ化しますから、たまにはこんな
はまぐりと豆腐だけの鍋もいいですよ〜。



さてこの日は、 長平庵にお客様があったので、「おうちきもの」でした。
今年初めてのウールのきもの。

ウールのきもの
昔々、awaiさんで作ったウールのきもの、暖かいです。
帯は姉から貰った椿柄の塩瀬。地色は白ではなく薄らと緑がかっています。
帯揚げは、とき浅葱色、帯締めは白鼠色。


椿帯、お太鼓
お太鼓







コメント

非公開コメント

No title

お、お買い上げしたのですね。
ちゃんとお料理を作るところは、さすが朋百香さんだな~。
二つとも美味しそうですこと。
そして、こちらホントにウール??このまま
お出かけできそうじゃあないですか。
さりげない椿柄が好みです。

sognoさま

はい、早速作ってみました。美味しかったですよ〜。はまぐりってあんまり食べないんですけど、貝類は出汁がでるので鍋にはピッタリですね。
このきものは、もう5、6年前だと思いますがawaiさんのウール、裾さばきももたつかないしいいですよ。でもawaiさん、すっかり変わってしまったので今でもウールあるのかな?
ヒルズに越してから、ちょっと高級になってしまったような・・・。

No title

お写真拝見しただけでもヨダレが… (^¬^)
誰かワタシにも作って〜☆なんて
自分で作らなくちゃですね(笑)

No title

こんにちは! この時期はお鍋がいいですよね。魚介×豆腐ならなおさら、旨味があってあたたまりそう・・・。お使いの土鍋、土楽さんかしら(うちのと似ているので)。
上の、豆腐としらすの和え物も簡単にできて、彩よくていいですね。こうした手のかからないものや、常備菜的なものは、いろいろ知っていると便利ですよね。

香子さま

あはは、主婦は自分で作らないとね。
でも鍋は簡単ですよ、特にこれは材料入れるだけですから。ぜひ冬の寒い晩にお奨めです。

絵美さま

そーです、土楽です。長年使ってだいぶ、貫禄がでてきました(笑)
忙しい時には常備菜は本当、助かりますね。
とはいえ、それを作る時間がないこの頃です。