FC2ブログ

第31回パリ国際サロン・展覧会報告

今年最後の展覧会「パリ国際サロン」も無事終了し、
展覧会報告と寸評が送られてきました。

パリ国際サロン


今回もミニ個展部門に、四角をモチーフとした3点を出品させて
頂きました。
「Air sword」Mixte,96.4×69㎝
「吉兆」   Mixte,64.5×95.5㎝
「kabuki」  Mixte,67.3×94.3㎝

パリ国際、寸評


知的で興味深い空間を表現したミクストメディアによる抽象画。
「Air sword」は実際、私にとって天と地の融合を想起させる作品だ。
アーサー王伝説のエクスカリバー、かつて天と地の両方を統治する力を
持った神聖で現世的な剣を思い起こさせる。万物流転ーこの美しい
ミクストメディア作品は、この概念を想起させ、また様々な問いを
投げかける。
見る者に自問させるーこの芸術家の責務をTomokoは満たしている。
「吉兆」は調和の中から力強くかつ象微的に現出する。
この二作品は、際立って興味深く、躍動的だ。
「kabuki」は、演技、衣装、台詞、すべてが緻密に制御される伝統芸能
の厳格さを、その構造のみで見る者に想起させる。
次の作品を見たい衝動に駆り立てる作家である。

                  パトリス・ド・ラ・ペリエール
                 「ユニベール・デザール」編集長


アートをこよなく愛し、そして作家に暖かいエールを送ってくださる
パトリス・ド・ラ・ペリエール氏に、心よりお礼申し上げます。

興味深かったのは、やはり「剣」というと西洋の方はアーサー王
を思い浮かべるという事。
日本では「草薙の剣」ですよねぇ。
天皇が即位なさる時は今も三種の神器が継承されますから。
この文化の違いは大きいけど、でもそこに神話や伝説というキーワードが
必ずあって人の想いは時代や洋の東西に関係なく根の所では同じであると
言う事が普遍的で面白いなぁと思いました。

さて、一息つきたいところですが、2月にはもうサロン・ドトーヌの
審査が始まるし、4月の個展の作品もぎりぎりまで描こうと思って
いるので、絵の方のお休みはないのです。
でもそれが私にとっては、日常。
こうして日々、描けることに感謝をして2017年を送りたいと思います。
1年間、拙いブログをお読みくださった皆様、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。







コメント

非公開コメント

No title

駆け込みでの嬉しいお知らせ
ようございましたねぇ〜♪
受賞された作品を拝見できる機会を
楽しみにしております。
良いお年をお迎え下さい m(__)m

香子さま

はい、ありがとうございます。
毎年、この便りを楽しみにしています。
イタリア美術賞展で賞を頂いた作品は、じつはもう日本で先に発表した作品で香子さんもすでに観てらっしゃると思います。
「兆し」というシンプルな作品でこれを選んでくださるあたりイタリアだな・・・と。あちらの方には和紙に墨が新鮮だったのかもしれません。

No title

おめでとうございます!
まあ、ホント、作家さんを勇気づけるコメントですね。
「次の作品を見たい衝動に駆られる」なんて、
最高の誉め言葉ではありませんか!
「見るものを自問」させる、うん、これは私も同じ感想♥ 
来年もますますご活躍の年になりそうですね。
今年も刺激を沢山頂きました。
ありがとうございました~
良いお年を✨

自分の作品への評価、さらなる高みへの励みになりますね。
今年もいろいろとありがとうございました♡
来年もいろいろとよろしくお願いいたします。
ご家族の皆さま共に、どうぞよいお年をお迎え下さい♪

sognoさま

ありがとうございます。
遠く離れたパリから頂く寸評、それも絵を観るプロの方から。本当にありがたいことです。
それにしてもお仕事とはいえ、凄い数の寸評を書いてらっしゃる訳で。しかも一人一人を本当によく見てらっしゃるな〜といつも感心します。こういうのもやっぱり才能なんでしょうねぇ。
「刺激を沢山・・・」いえいえこちらこそ、sognoさんのチャレンジ精神にはいつも感心します。来年も宜しくお願いします。

tomokoさま

こちらこそ、お世話になりました。
来年はまた「にぎわい座」でも行きたいものです。その時はどうぞお付き合いくださいませ。
良いお年をお迎えくださいね〜v-263

No title

こんにちは! 素晴らしい権威ある方からのコメント、胸に沁みますね。
>見る者に自問させる
私も、素人ながら常々、朋百香さんの絵には同じことを感じています。
きっと、「今」を生きている絵だから、と思います。過去の有名画家の絵もいいのですが、「今」を問える先見性まで感じ取れると、感動もひときわ大きくなるものです。
来年も益々のご活躍をお祈り申し上げます。

絵美さま

ありがとうございます。
「今」を生きている絵、まあ何て素晴らしいお褒めの言葉でしょう。嬉しい限りです。
日本はまだまだ部屋に絵を飾るという文化が若いので(床の間にお軸の歴史ですものね)自分でなかなか絵を選べないとプロモーターさんも嘆いていましたが、もっと若い方もご自分の感性で選んで飾ってほしいな〜と願う年の暮れであります。どうぞ良いお年を。