驚異の超絶技巧!

この日は浅草橋の額屋さんに小作品の額装をしに行きました。
せっかくここまで出てきたのだから、と帰りはちょこっと日本橋に
寄り道。こんな展覧会を観てきました。

明治工芸から現代アートへ
「驚異の超絶技巧!」

場所は三井記念美術館。
七宝、金工、牙彫、木彫、陶磁などの明治工芸と現代アートのコラボ
です。

三井記念美術館1

こちらは、宮川香山「猫ニ花細工花瓶」
写真では分かり難いですが、猫の耳の中、薄い舌まで細かい描写が
ため息ものです。



三井記念美術館2

こちらは現代作家の高橋賢悟(1982年生まれ)「origin as a human」
生花を型取りしてアルミニウムで鋳造する独特の技法で制作された髑髏。
細かい花々を見ていると気が遠くなりそう。


この2点は写真OKの入口にありました。

中はもちろん写真はNGですが、それはそれは見事な作品が並んでいます。
老眼鏡持っていって良かった(笑)
昔の作家さんの細かさ、繊細さ、色彩の美しさはもちろんですが、現代作家
さんたちにもちゃんとそれらは受け継がれているのだなぁ、と感心すること
しきり。今の若いもんは・・・なんて、いえいえいどうして若い人も頑張って
いますよ。
感覚とか使うものこそ違えども、その作家魂、職人魂は年代を経ても
変わらないものなのですねぇ。日本人の感性に改めて脱帽です。

会期は12月3日(日)まで。(休館日は月曜日)



この日のきものは
焦げ茶紬、
冷たい風が吹くと着たくなる焦げ茶の紬にインドネシアのバティック帯。
帯揚げは灰桜色、帯締めは鳥の子色。
帯飾りはこの所ヘビロテのsakurako さんの蜘蛛さん。


焦げ茶紬にバティック帯
お太鼓




コメント

非公開コメント

No title

こげ茶の紬、とても素敵。
もう一人のT子さんの
ところでも同じようなことを言ったかもしれないけど、
どんな帯でもどんとこい!みたいな・・(笑)
バティックの帯がどんぴしゃりです♡美しいものは心に張りと
栄養を与えてくれますね。お肌と一緒~

sognoさま

お利口紬ですね〜。昔から着物1枚に帯3本と言いましたが、この紬は私の持ってる帯で5本は合わせられますね(笑) まあ無地だからという事もありますが。
やっぱり好きなんです、無地の紬に洒落帯ってスタイルが。

No title

この展示を見て
現代作家さんもなかなかやるなと思いました。
ホント、超絶技巧でしたよねえ。

あ〜、いただき物の焦げ茶の結城が
まだ反物のまま眠ってます・・・
いつかそのうちに起こさなければ(苦笑)

No title

こんにちは! 宮川香山、すごいですよねぇ。私、2年位前にやはりこちらで、超絶技巧展を観て、日本人ってやっぱり緻密なものが好きで、得意なんだわーとつくづく思いました。

そしてバティックの帯!あまり民藝色がなくてクールな感じが、
朋百香さんにぴったりですね♡

下の記事も拝読しました。包帯をつける位置がポイントになりますよね。私も、もう少し試行錯誤して、自分に合った位置を見つけたいなあ。。。

香子さま

ね〜、凄い技ですよね、私なんかメガネかけても見えないところが・・・(笑)
眠ったままの焦げ茶の結城、ぜひ起こしてくださいませ。洋服では茶系って着ないんですが(せいぜいベージュ)この焦げ茶は毎年よく着ます。やっぱり軽くて暖かいしねぇ。

絵美さま

そうですね、日本民族の特徴なんでしょうか?
この精密さ。いや中国や韓国もあるのでしょうが、ここまでのモノを見た記憶がないのですが・・・?

はい、この帯は色数が少なくクールなところがお気に入りです。

きものの包帯を付ける位置、確か見た目に頼らないで目をつぶって指で触って感覚で覚えるって言ってらしゃいましたよね?

No title

超絶技巧 私も拝見しましたが、もう すごすぎて背中がぞわぞわしました 笑
ニンゲンの技って いろんな方向へ極めていくと もうため息しかでなくなってしまうものですね。

こちらの帯 バティックとしては あまりみない雰囲気で 朋百香さんにはぴったり、素敵です。

風子さま

ご覧になりましたか、これはもう凄いを通り過ぎて老眼のおばさんにはキツイです(笑)
「ぞわぞわ」本当にそんな感じですね。

私が選ぶとバティックもやっぱり、こうなってしまいます(笑)
お花なんですが甘〜いお花は苦手なので。