コイ と カラス

仕事の打ち合わせで長平庵にお客様がみえました。
イタリアから帰国したばかりのプロモーターさんとデザイナーの
吉池さんです。せっかく遠方よりお越し頂いたので「墨アート」の
原画も何点か観て頂きました。

葛藤
「葛藤」2017年



2011年の作品ですが、これらが気に入って頂いたので、来年の個展に
出すことになりました。

鯉
「水の記憶」2011年
すみません、私が左端に移りこんでしまいました。


カラス
「歌うカラス」2011年

具象を描いていて、いきなり抽象にはいけないもので、悩んでいた時
画家でありティーチャーであるシド・マリクラーク氏から抽象の中に
1つ具象を描いてごらん。と言われて描いた作品たち。
それがこの「水の記憶」と「歌うカラス」です。
通称「コイ」と「カラス」(笑)
もう1つ小作品の「ウサギ」もあるのですが。
私にとっては、すでに通り過ぎた「トコロ」であり、おそらくここに
戻ることはないでしょう。
でも、今になって「いい」と言われるとは思っていなかったので、ちょっと
驚いています。
これらを発表した時には、何の手応えもなかったですから。

人が絵の中に何を観るかは、その人次第なので、私はただその反応を
楽しむばかりです。


さて、この日のきものは
伊兵衛織り、帯前
約1年ぶりの伊兵衛織りのきものに、帯は渦巻き柄の普段帯。
帯揚げはサーモンピンク、帯締めは蘇芳(すおう)色。

お太鼓
伊兵衛織り、お太鼓


いつの間にか伊兵衛織が着られる季節になったのですね。
このきものは持てば持ち重りがするのですが、着てしまえば
身体に纏わってまた格別な着心地。
今年も早めに着られて良かった。



絵の著作は朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。



コメント

非公開コメント

No title

朋百香さんの以前の絵、妙に新鮮!
私は「歌うカラス」が特に好き。
カラスも、朋百香さんのカラス、ですね(意味不明?)
そしてお着物が~♡ざっくりとした風合いを黒で引き締めて
蘇芳でちょっとゆるめて、大好きなコーディです。
どんどん着て下さいね。

sognoさま

アハハ「朋百香さんのカラス」よく分からないけど、ありがとうございます。
好きなんですよ、カラス。
伊兵衛織りはいいですね〜。なんか独特。
あのどっしりした重さが着ると、逆に守られている感じ。不思議なきものです。

No title

もう6年も前の作品なのですか。
ついこの前見たような記憶ですのに・・・。
鯉なり、カラスなり、ちょっと具象がからむだけで印象ってずいぶん変わりますね。
でも、作品はやっぱり朋百香さんだ〜♪
いつか一堂に介してライヴで拝見できるのを楽しみに待っています。

tomokoさま

そうなんですよ、月日の経つのは早いものですね。作品も発表してからは、しまいっぱなしなので、こうしてたまには日の目を見せてあげないと可哀想ですね。いつか墨の作品も長平庵で展示出来るといいな、と思っています。

No title

以前の作品もステキですね♪
ワタシもカラスの好きだなあ i-179
伊兵衛織のコーデ、朋百香さんの作品と
同じ雰囲気持ってますよね。
トータルで朋百香さんだわ〜 i-178

No title

伊兵衛織が すっかりと朋百香さんに添って、いつもながらの 端正な美しさ です。
この きもの、ほんと不思議というか 面白いというか、まとったときの感覚が特別ですね。

こちらの作品も春に京都で拝見できるのでしょうか。
楽しみにしています。

香子さま

そーですかぁ? まあそうですよね、描くものも装いも「自分の好き」という点では統一されているのかも・・・自分ではよく分かりませんが。「カラス」人気だなぁ(笑)

風子さま

はい、春の京都で展示いたします。
お時間ありましたら宜しくお願いいたします。
伊兵衛織、風子さんのブログを拝見して慌てて引っ張り出しました。今、着なきゃって(笑)
この気温変動の激しい季節でも、OKですよね、暑くもなく寒くもなく。