お肌の潤いは心の潤い

いくつになっても

良い本と出会いました。
小林照子さんは80歳で現役の美容家。
こういう大先輩のお言葉はグッと心に響きます。

日頃から健康と美容はイコールだと思って思っている私にはまさに
「 Yes, you right!」と言われたような心強い本でした。

私の30代、40代は子育てや仕事に追われ、50代は親の介護で休む暇も
なく、60代になった今こそ本格的に自分を労ろう!と決意した次第。
(夫の世話はあるのですが、まだ介護には時間がありそう・笑)
ところが「まずは家族のこと」と生きてきた私世代には どうしたら
自分が労れるのか難しかったりするのです。
この本には具体的に書かれているので、とても参考になりました。

「ブレない秘訣は『心配しない』こと」、「自分の機嫌を直す方法を
身につける」とか「短所は長所、プラスの印象にフォーカスすれば人は
輝く」etc,etc

美容の本ですが人生のアドバイスもいっぱい。
長年、美容のお仕事をなさって いろいろな女性と接してきた著者が
経験に元づいて書いているから説得力があるのでしょうね。

「美容の本質は肌を通じて、自分や人を丸ごと抱きしめてあげるような
 愛情を注ぐこと」
「大人の女性が目指すべきは「美人」ではなく「魅力人」。
 自分で自分をプロデュースする能力がモノをいう」

いや、もう紙に書いて貼っておきたい(笑)

ではここで TERUKO METHOD からツヤピカお肌になる「蒸しタオル
クレンジング術」をご紹介します。

1、ポイントメイク(アイメイクとか口紅)を落とす。
2、クレンジングクリームで汚れを浮かせる。
3、ティッシュで油分をおさえる。
4、蒸しタオルで顔を温める。
5、しっかり保湿する。

蒸しタオル

ただこれだけの事なんですが、この蒸しタオル、メンタル面にも効く
ようで、本当に気持ち良いし「自分を労ってる感」がすごくして
私は大好きになりました。
「忙しくてそんなことやってる暇ないわ」とおっしゃるそこの貴方、
貴方にこそやって頂きたい。
ほんの5分もあれば、お肌も心も潤うのですから。

これからどんどん高齢化が進んでゆく訳ですが、元気のないくすんだ
お婆さんより明るい光り輝く(ちょっとオーバーか)お婆さんを
目指しましょう!
女性が元気だと国も元気になるそうですから、もはやこれは一大国家
プロジェクトですわよ(笑)


コメント

非公開コメント

No title

ワタシはクレンジングは使いませんが
(皮膚科のお医者さんに
 キッチリ落とさなくていいと言われたので)
蒸しタオルはいいですよね。目にも♪

香子さま

そーなの、私もいわゆるクリームのクレンジングは使っていないのですが、顔を洗って化粧水とかの前に蒸しタオル、いいですよ。おっしゃる通り、ドライアイにもいいです! やり方はご自分に合わせてで良いと思います。ただこの習慣は続けたいと思っています。これから乾燥する季節ですしね。

No title

小林さんの若さと美しさは、プロとは言え
驚異的です。
ほどよい温度の蒸しタオル、気持ちいいですね。私も普段はポイントメイクのみ
ですが、目の疲れがとれるのを感じます。
こうやって、美しい方はより美しく、
そうでないひともそれなりに、、、(自虐)。
還暦過ぎたら、決して無理をしてはいけないと、90過ぎた母に常日頃言われています。

ローズマリーさま

本当ですね、無理はきかないお年頃です。
お母様、90過ぎ・・・凄いですね。私の母は72で亡くなりましたから、90になった母なんて想像もつきません。
ローマは一日にしてならず、美容も健康も地道にコツコツ日々の積み重ねですね。

No title

美容の本ですが人生のアドヴァイスもいっぱい、ってイイですね。
面白そうな本!
蒸しタオル、もう何年やっていないかなあ・・

sognoさま

お、以前はやってらしたんですね、蒸しタオル。本当に気持ち良いので、ぜひたまにはやってください。それにしても驚異的な80歳です。
(笑)

No title

こんにちは! うふふ、私やってみましたよ、蒸しタオル。
急いでやろうとすると確かに熱いですが、じんわりくる感じがたまらないですね。
首や肩にも当てたりして(笑)労わりたいところ、いろいろありますよね。
小林照子さんは美容業界の中でも一目置かれている存在で、物の考え方や心の在り方も含め、お手本にしたい人です。

絵美さま

ね〜、気持ちいいでしょ。私もどんなに疲れていても、遅い時間でもこれだけはやらないと、って感じです。
こういう大先輩がいらっしゃると、これから年齢を重ねることが楽しくなってきそうです!