横浜カフェ散歩

横浜に越して20年経つのに、あんまり横浜のこと知りません。
行く場所ってだいたい決まっていて、全く冒険してないなぁ
と思っていたところ、こんな本を見つけました。

横浜カフェ散歩

著者のMARUさんが、10ヶ月かけて横浜のカフェを食べ歩き
レポしたものです。
面白いカフェがたくさん載っていて、すぐにでも行ってみたい、と
思う所もありました。

それにしてもカフェって、ストーリーがあるんですね。
表紙のカフェは元町にある「JH Cafe」で、オーナーがハリウッド映画が
大好きでハリウッドに足を運び、ロケを見学し、パーティーに参加して
いるうちにハリウッドスターとも仲良くなっていった、という強者。
店内にはスターの写真や映画に使われた小物がズラリと並んでいて
大きなスクリーンでは映画も堪能できるそう。
店に入ったらお茶を飲む前に、まず店内をグルーッと見学しちゃいそうです。

中華街にある「ROUROU Cafe」は絶対行ってみたい!
「アジアのどこかにある国、朧朧国(ロウロウコク)。そこに住むアーティスト達
がデザインした洋服がインポートされてきている、というコンセプト」で
このカフェはアーティスト達が集う場をイメージしたのだとか。
オーナーはアパレルブランド「ROUROU」の社長さん。奥様はパリコレの
モデルさんだったのだそう。
独特のこの世界に浸ってみたいぞ。

ROUROUカフェ


その他にも歴史のある建物内にあるカフェとか、山手の洋館のカフェとか
興味深い所もたくさん載っています。
まずはじっくり、この本で研究して、爽やかな秋晴れの午後とかに
私の「カフェ散歩」に出かけましょう。




コメント

非公開コメント

No title

朋百香さん、20年だったんですか?
長平庵が歴史的だから お嫁入りからず〜っと
あの場所にいらっしゃると思ってました i-229
ワタシも現在地に来て来年で20年になります。
若い時の20年てあっという間ですね。

No title

横浜に住んでいるなんて、それだけでも羨ましい私。
いかにも個性的なカフェがありそうですものね。
秋のカフェ散歩、ああ、楽しそう!
お近くだったら、ご一緒に御供させて頂きたい
くらいです。
話しは関係ないですが、朋百香さんのリーディンググラス
って黒?知的な雰囲気ですね。因みに私は赤です。

香子さま

はい、若い頃は東京に住んでおりました。
義母が歳とって1人にはしておけなくなって、横浜に移りました。でも住んでみると我が町は静かで良い所です。時々、ボーっという船の汽笛が聞こえるのも好き。大晦日には除夜の鐘の他に汽笛も一斉に鳴るんですよ。

sognoさま

ホントですね、個性的なカフェ、多そうです。
っていうかこの本に載っているのは特にですが。海の見える丘で、こんなカフェをやってみたい・・・と妄想が膨らんでしまします(笑)
お店でもなんでも、ストーリーを付けるって素敵ですね。今度、絵にもストーリーを付けてみようかしら?なんて思っちゃいました。

このメガネは真っ黒ではなくて、濃いグレーで角度によっては、透明の所もあるんですよ。夜写真撮ったので黒に見えますが。