只今、進行中

祇園祭りの余韻が残る京の街に行ってまいりました。
その日は雲り空に時折の雨がザーッと。
でもそのお陰で「暑い京都」を覚悟していた割には嬉しい
肩すかし。

以前にもお話しました「京都タロット」のアートピースを作る
というプロジェクトが本格的に始まりました。
本日は(株)大入さんにてミーティングです。

アートピースというのは、普通の一般的なタロットカードではなく
私の絵に焦点を当ててアートとして見る方に重きを置いた、
でも実際にカードとしても使えるものです。
平たく言ってしまえば、マニア向きとでも言いましょうか。

(株)大入さんは京都の経師やさん。
手がけていらっしゃるのは国宝級の掛け軸、書画などの修復や複製の
制作など、それはそれは凄いことをやっていらっしゃるのです。
何でそんな所にご縁が繋がるのか、これも「京都タロット」の七不思議
ですねぇ。

大入さんと複製画
工房にて浮世絵の複製を見せて頂いているところ。
大入社長、後ろからごめんなさい。

「大入」というのは会社名かと思ったら、社長の本名なのです。
それがそのまま会社名になっているのですね。
縁起の良いお名前です。
ご本人は一言でいうなら、大黒様のような方。
やっぱり縁起が良いです。(笑)


ミーティング中
ミーティング中の様子。


この日は4時間近くの長時間のミーティング。
いろいろなアイディアや意見の応酬で中身が濃かった。
担当のYさんはデキル女性。
こちらの質問にテキパキと的確にお答えになる姿が頼もしかったです。
こういう方なら安心してお任せ出来ます。

そして皆様の熱心さには頭が下がるばかりです。
このタロットを愛し、本当に良いものを作ろうとしているのが伝わって
きて、ミケさんも私も胸が熱くなりました。

はてさて夢を形に、第二ステージのまずは始めの一歩を踏み出した
ところ、これからの進行が楽しみであります。

どんなカードになって、どんな箱に収まるのでしょう?
それは単にタロットカードを収めるのではなく、夢や希望、果ては
小さな宇宙の詰まった「箱」になるといいなぁ〜。


<おまけ>
余花庵さん
こちらは、来年4月に「墨アート」の個展をする「余花庵」さん
「よかあん」と読みます。もともと古美術を扱っている雰囲気のある
素敵なギャラリーです。それまでに「京都タロット」のカードセットも
完成し、ここでお披露目出来るといいなと思っています。
皆様、応援してくださいね。
あれ? このセリフ 最近誰かさんが言ってたような・・・(笑)




コメント

非公開コメント

No title

はい。応援しますともっ!
いよいよプロジェクト出発進行ですね~❤
うわ~、なんだかワクワクします。
ギャラリー、なんともゴージャスな雰囲気。
こちらも楽しみですね。

sognoさま

ありがとうございます!
例年より暑い夏ですが、宿題もいっぱいあって忙しい夏になりそうです。sognoさんもお忙しいから、お互い水分と休憩をとりつつ頑張りましょうね。

このギャラリー、まさに京都の造りですね、間口が狭くて奥にズズーッと。
写真の左に写っている壷、こんな無造作に置かれていますが時代物の凄い壷らしいです。
とても居心地の良い空間で、来年の個展が楽しみです。おっとその前に、もっと絵を描かなければね(笑)

No title

おお、お暑い中お疲れさまです。
でも素晴らしい目標に向かっての途中経過ですもんね。
楽しみです〜♪
ワタシの勝手なイメージでは百人一首の絵札のような
そんなカードの作りになるような…。
違いますね、もっと現代的ですよね (^-^;;

香子さま

私もね、桐の箱かなんかに入って・・・形は玉手箱みたいな・・・なんて思っていたのですが、デザイナーの発想はもっと斬新でした。
おばさん、頑張ってついていかなくっちゃ〜(笑)

No title

読むだにわくわく感が伝わってくるようです。どんな仕上がりになるんでしょう?出来上がりが楽しみですね!
墨アートの発表までまた忙しく慌ただしい日々になりそうですね。
体調にお気をつけて臨んでくださいませ。こちらで応援しています〜!

tomokoさま

ありがとうございまーす。
タロットと墨アートでは絵が全然違うので、同じ作者と思ってもらえないようです。
でもどちらも私。次回の個展では画集なども置いて私の絵の歴史なども見て頂けるようにしたいです。

No title

こんにちは! 夏の京都に行かれたのですね。私はなかなか勇気がなく(体力を奪われそうな気がして)でもさほど暑くなかったようで、良かったですね。
アートピースの始動といい、墨アートといい、楽しみがたくさん! 熱意ある人たちが集まると、1+1+…以上の相乗効果、シナジー効果が生まれますよね。

絵美さま

絵を描くという行為は一人で黙々と・・・って感じですから、こうして皆さんが集まって意見を交換するのは楽しいです。こうして1から関っていくと愛着も一入みたいで皆さんがプロとして最大の力を出してくださるのは嬉しい限りです。これからは職人さんの腕の見せどころ、デザイナーの無理難題を克服(?)して箱を完成させてくれるのを待つばかりです。

No title

作成の過程を見せていただいているので、完成が待たれます わくわく。

それに来年四月ですか。
墨ァートが京都で!
個展 なかなか都合がつかなくてそちらへは伺えていないので とても楽しみにしています。

風子さま

私は映画でも何かの作品でも、その作品そのものよりその制作の過程にとても興味がわきます。こんな風に作られているのか・・・と知ると、その作品に対する見方も変わってきます。
つまり、その作品には必ず人の「思い」が詰まっているんですね、そんな所を垣間見られるから制作過程が好きなのかもしれません。
と言う訳で皆様にも「垣間みて」頂きたくて今後もお伝えしてゆきたいと思っています。