初めての失敗

藤棚

ついこの間まで、桜、桜と言っていたのに 桜以降の花は早いです。
カイドウもあっという間に咲いて、あっという間に終わりました。
こちらは小さな藤棚に満開の藤。
芍薬も咲き始めましたねぇ。

連休前の4月の終わりに銀座で打ち合わせがあり、出掛けて
まいりました。
昨今「気温20度を越えたら単衣」が合い言葉のようになって、私も
今年初めての単衣を着ました。
最初に手を通す単衣の軽くて気持ちいいこと。

足さばきも軽く颯爽と・・・の筈だったのですが、古くなった草履の鼻緒を
すげ替えたものを試し履きもせずに履いたのが大間違い。
途中から左足の甲が痛くなってしまい、大失敗でした。
お陰で話題のギンザシックスにも寄れず、打ち合わせ後は這々の体で
帰ってまいりました。

今までこんな経験はなかったので、良い教訓です。
初めての草履は近所で慣らしてから・・・が鉄則ですね。

さて、こんな日もあるさに着たのは
単衣きものに紫縞の帯
単衣のピンクベージュの小紋に紫と墨黒の段の帯。
赤系の帯締めに帯揚げはスカーフを使ってみました。

単衣きものに薄羽織り
4月に薄羽織り?と言われそうですが、この位がちょうど良いのです。
初夏のような日差しには透けた羽織りが涼しそう。
銀座でも3、4人お見かけしましたよ。

sakurakoさんのクリスタル帯飾り
sakurakoさんの帯飾り。こちらもクリスタルで涼しげに。

英単衣きものに紫段帯、お太鼓
お太鼓

コメント

非公開コメント

No title

足はキモですからねぇ…痛いのはツラい。
脱いだらもう大丈夫ですか?

桜は比較的保ったのに藤があっという間で。
散っちゃったけど藤の半衿出さなきゃです(汗)

No title

お疲れ様でした!
私はその失敗を靴でやりました。
足に合わせて調整したはずなのに、かえって合わなくなってしまっていたの。
でも試し履きくらいでは気が付かなかったんですよね。
我慢の限界を超え、外出先で新しい靴を買って履いて帰りました。

もう単衣に薄羽織で良いですよね。
春向きの袷、もっと着たかったんだけどなー

香子さま

はい、ありがとうございます。
草履を脱いでマッサージしたら大丈夫でした。
ほんと、歩いてて痛いのは辛いです。

桜は咲くまでってうるさいけど、他の花は間に合いませんものね。だいたいこの時期なら良いんですよね、藤も芍薬も。だから忙しくて抽象柄の方が安心なんだな〜、やっぱり。
季節のお花は皆様のブログで楽しませて頂きます。

れいこさま

合う履物って難しいですね。特に歳をとってくると足に難が多くなってきて・・・。
靴と違って草履は大丈夫、と思い込んでいた私がバカでした。
「新しい靴を買って・・・」まあ、大変な散財でしたね。洋服の場合、私はもうスニーカーしか履けないかも。

No title

こんにちは! いいですねえ~春と初夏の間のコーディネートという感じで。
私も、薄羽織は陽射しが強くなってきたら
4月でもいいのでは、と思います。
お草履は、新しいのを履く前にぎゅうぎゅうと鼻緒をひっぱって!と、以前H商店さんに言われたことが。早くなじむといいですね。

絵美さま

はい、私もギューッと引っ張ったんですけど、足りなかったようです。ところで絵美さんは、これだけおきものでお出掛けが多いと履物も傷みが早いでしょうねぇ。最近になって(今頃?・笑)草履の善し悪しというか、自分に合う歩きやすいとか疲れ難いとかがあるんだな〜と実感しました。