祈る力

春の日差しが気持ちの良い日、深川のお不動さんに行ってまいりました。

お不動さんのお加持ご祈祷は毎月、1日、15日、28日。
ふと朝「行こうか」と思い立ってカレンダーを見たらなんと28日。
もうこれは行けってことですね(笑)

お不動産の参道
参道。見よ、この雲1つない青空。

お不動さんに行くのは久しぶりでしたが、やっぱりいいですねぇ。
ドーン、ドーンという大太鼓の音で自分の中のマイナスのモノ、
エゴ、不安、心配、怒り、不満などがバラバラと剝がれ落ち、読経と
大きく立ち上る炎でそれらがボッと燃やされてしまう感じ。
暫く忘れていた感覚でした。

人間というものは知らず知らずのうちに、日々いろいろなモノを
溜め込んでしまうものです。
なんか重いな〜と感じたら、やっぱりご縁のある上の方にお願いするのが
一番ではないでしょうか。
私の場合はたまたまそれが不動明王だった訳ですが。

無心で「祈る」というのは気持ちの良いものです。
熱心な信者ではない私のような者でも、敬虔な気持ちになります。

日常生活に追われてすっかり忘れていた「生きているのではない、
生かされているのだな〜」というこの気持ち。
ともすると忘れてしまうこの気持ちを、思い出させる為にお不動さんは
呼んでくださったのでしょうか。

一緒に行った娘が帰りの電車の中で「私って何て小ちゃい人間なんだろう。
恥ずかしいくなる」と言った言葉が心に響きました。

お不動産の前で
お参りの後でパチリ。なんか無邪気な顔してる(?)

帰りは門前にある「近為」の銀ダラの粕漬けをお土産に。
近為の魚
もちろん、晩ご飯で頂きました。美味しかったですよ。



この日の私は
ゆうな久米島紬
ゆうな染めの久米島紬にタペストリーの作家、冨田潤氏の帯。
オレンジ色のゼブラ柄の帯揚げ。

桜帯留め
唯一季節ものの桜の帯留め。

久米島ゆうなと冨田帯
お太鼓




コメント

非公開コメント

No title

風はまだちょっと冷たいですが
陽光は春になりましたよね〜♪
控えめな桜がカワユイです i-267

香子さま

今年はいつもより寒い気がするのは私だけでしょうか? 風がなければ日差しは春なんですけどね。 この日もショールが必要でした。

「控えめな桜」(なる程、そういう言い方もある)どうも優しいピンク色が苦手で。色がない分、桜が終わったら別の花でいけるかな?(笑)

No title

27日の夜にライブに出かけた私は、帰り道ワナワナ震えるほど寒かったです。
この日も晴れて暖かくなるとの予報でしたが、まだ寒さが残っていましたよね。
バラバラ剥がれ落ちた、スッキリとしたご様子ですこと!

お不動様には私も2回行きました。
「近為」の粕漬けは甘ったるくないので
好みです。
縁高に盛られた香の物は、今でもお代わり自由でしょうか。
近くに立派な御神輿の拝見できる富岡八幡宮がおあすのも、
一緒にお詣りできて、嬉しいことですね。

こちらのお召し物の組み合わせ、大好きです。
ゼブラ柄の帯揚げ、、、効果的ですね。

セージグリーンさま

昼間暖かくても、夜になるとまだまだ寒いですものね。季節の変わり目は、ほんと着るものが難しいです。その点、きものはもう決まっているので、むしろ考えるのが楽かも。中に1枚多く着るか、ウールのストールで調節するか、ぐらいですもの。

この久米島には、いつもこの帯になってしまいます。定番というやつですかね(笑)

No title

こんにちは! ふふ、朋百香さん、重いものを「手放した」晴れやかな笑みに見えますよ~。
私、ときどき思うのですが、
何かで悩んでいる人に、あまり具体的なアドバイスをするのってあまり効かなくて、ただ「あなたのために祈っています」という方が、その人の力になりそうな気がするんですよね。
論理的に説明できないのですが・・・。
冨田さんの温かみのある帯に、質感のある帯留め、とてもいいハーモニーですね。

絵美さま

お不動さん、効きます(笑) なにかモヤモヤしたらお奨めです。でももし行くならお護摩の日に行ってくださいね〜。

おっしゃる通りですね、悩んでいる人には絵美さんのおっしゃるような一言とか、あるいはこうして行動するのが一番です。62年生きてきた結論(笑)