春ですが「彼岸花」

山本富士子トークショーと「彼岸花」上映、というイベントに
行ってまいりました。
「彼岸花」と言えば、小津安二郎監督の懐かしい昭和の香り溢れる
映画です。

小津監督作品とくれば、染織家・浦野理一さん。
浦野さんは当時、小津映画の着物担当として活躍。
文豪や女優さんなど、数多くの文化人に愛用されていて一般の人には
なかなか手に入らない希少な染織だったようです。

彼岸花、チラシ

その浦野さんのきものや帯が見たい!というのもこれに参加した大きな
理由の1つです。

山本富士子、田中絹代、有馬稲子、久我美子、浪花千恵子、出演した女優さんの
きものは、すべて浦野理一のもの。
堪能しました。
小津作品初めてのカラーとなったこの記念すべき映画で、監督はきものの
裾回しや帯、部屋の隅に置かれたケトルなどで「赤」を効果的に使われていて
そこに「生命力」みたいなものを強く感じました。
戦後の焼け野原から復興して日本がどんどん成長していった時代ですものね。
監督自身も「赤は命の色」とおっしゃって、大好きな色だったそうです。

赤と一言に言っても山本富士子さん(当時26歳)は若いハツラツとした赤、
田中絹代さんはちょっと押さえた茶系の赤と、それぞれ違うのですが、どれも
とても印象に残りました。
監督も初めてのカラー作品という事で、きっと色には拘られたんでしょうねぇ。

藍染めのきものの裾がひるがえって見えるハッとするような赤はたまりません。
しかもそれを着ているのが山本富士子さん、絶世の美女ですから、おばさんは
もうため息しかでませんでしたよ。

今回はきものに特化して感想を書きましたが、映画ももちろん良かったです。
お父さん役の佐分利信さんも頑固な昭和の父を好演してらしたし、懐かしい
笠智衆さんのお姿も・・・。
書き出したらキリがないので、ご興味ある方はぜひ映画を観てください。
御歳85歳、ますますお元気な山本富士子さんのトークについては、またの機会に。


この日のきものは
桜大島、グレイッシュなピンク帯
桜の大島に上原美智子さんの透かし吉野織り帯。
帯揚げは黄緑、帯締めは薄い水色です。

桜大島、八木羽織
羽織りはグレーの小紋地。
羽織紐は和小物・sakurako

桜大島に吉野帯
お太鼓






コメント

非公開コメント

No title

桜の大島、一年ぶり♪
今が着時ですものね〜、どんどん着てください〜 i-178
山本富士子さん、なんか久しぶりにお名前聞きました。
おいくつになられたのかしら〜?
(あ、レディに年を聞くもんじゃないっか)

No title

こんにちは! わぁーすっかり桜、満開!
クールな地風の大島に艶やかな桜、というのがいいんですよね。まさに大人の女性の着物。
帯のほんのり桜色もまた素敵です。

初めてのカラー映画に、俳優さんも制作スタッフもどんなにか胸ときめかせたか、思いをはせています。
なるほど赤は、スクリーンを観る人に、カラー化をもっとも印象づける色かも知れませんね。

香子さま

わ、早! 今アップした所ですよ(笑)
山本富士子さん、85歳になられたそうです。
お元気でしたよ、高いヒール履かれて。
凄いですね〜、自分が85歳になったらどうなってるかしら? 
あんな風に堂々と人前に出られるかなぁ?

絵美さま

はいー、桜解禁です。早く着ないと人によっては、咲き始めたらもうダメって人もいますからね。寒い寒いと言っていたのに、いつの間にやら桜の季節ですね〜🌸

「赤」本当に印象的に使われていました。
細部の押さえ方、小津監督は上手いですね。他の映画でしたが、床の間の花が話題になっていたな〜。

No title

わあ 美しい さくら さくら 押さえた大島に きれいな帯が映えてなんともいえない一そろいです。

小津さんの作品はどれも魅力的で 見入ってしまいます。
もちろん きものも食い入るようにみてしまいます 笑
一本 筋の通った美しさで貫かれていて 気持ちいいですよね。

風子さま

桜のグラデーションに奥行があって、何とも言えない夜桜の風情です。今年も着れて良かった。桜の装いっていろいろな表情があるので、皆様のブログでその方なりの桜模様を拝見出来る楽しい季節となりました。

No title

山本富士子さん、お元気でいらしたのですね。
人前でしっかりお話をされる気概と美貌を保っておられるとは、いやはやさすがです。

小津作品の着物については、いつぞや中井理恵さんがお話しされていました。縞や細かい格子を選ばれ、襟を抜かずに着付けるのをお好みだったようです。

朋百香さまの桜の大島、ひょっとして日本橋で拝見できるかなー、とも思っていました。
写真でも見事な技術とデリケートな色合いが伝わってきますので、間近での美しさはいかばかりかと想像しては、幸せになります。

セージグリーンさま

本当に85歳であのお姿は尊敬してしまいます。
歳をとるとちょっとした事でもメンタル面やられちゃいますものねぇ。強くてしなやかな方なんだと思います。見習いたいものです。

「襟を抜かずに着付ける」田中絹代さんも、そういう着方をなさっていました。
細かい格子に無地の帯、白いエプロン。昔の日本のお母さんの姿ですね。祖母もそうでしたから懐かしかったです。もっともあんな良いきものではありませんでしたが・・・(笑)