雛納め

あっという間に3月になり、お雛様も終わってしまいました。

昔から雛人形は雨水(うすい・2月19日頃)の日に出し、
啓蟄(けいちつ・3月6日頃)にしまうのが良い。という言い伝え
があるそうですが、なかなかそうもいかないのです。

雛納め


我が家では、出せる日に出す、しまえる日にしまう(笑)という
私の勝手気侭な気分次第。
今年は早々にしまいました。
と言うのも、H君ギャング(1歳2ヶ月の孫)の来襲があると、えらい
ことになってしまうから。
(彼は今、何でもゴミ箱にほおり込むという遊びが楽しいらしい)
お雛様が飾られている間は、H君は長平庵には出入り禁止令が出て
いました。(笑)

ところが、○子ちゃん(3歳10ヶ月の孫)も このお雛様には
近づかないのです。「怖い」と言います。

お雛様

このお雛様は、ちょっと謎でして、私はずっと夫の妹のものだと思って
いたのですが、ある時本人に聞いたら自分のものではない。という返事が
かえってきました。夫もずーっと昔からあった、と言うのです。
義母が生きているうちに聞いておけばよかった。(義母は自分のではないと
言っていたような・・・)
と言う事は夫の祖母のもの?お嫁に来た時に持ってきたのかしら?
だとしたら古いですねぇ、100年以上?
確かに「怖い」かも・・・(笑)

もうだんだんと、ぼんぼりとか小物類も壊れて、残っているのはこの
お内裏様と狛犬(?)だけですが 毎年飾るだけは飾っている、という
訳です。誰のだったのかしら?・・・と思いながら。



真綿紬に津田帯
きものは薄緑の真綿紬。帯は津田千恵子作。
帯留めと帯揚げをピンクにして春の気分をだしてます。


津田さん帯、お太鼓
お太鼓


横向き、真綿紬

寒い寒いと言っても、そこここに春の気配が・・・。
春が近くなると、ウキウキしてきますねぇ。



コメント

非公開コメント

No title

三寒四温とはいえ、真綿紬、花冷えのころまではまだ冷える日もありますし、お召しくださいな。
今日は表参道へ古き良き時代の本場結城紬だけの販売会を観に寄りました。
着物の魔窟・・・「コワイ」と私も近づかない方がよさそうです。笑

tomokoさま

「本場結城紬」の販売会。おおー、聞いただけでも怖いです(笑) 結城紬は1枚もないのですが、なぜか買おうと思わない(多分、結城紬の本当の良さが分かっていないのでしょうが・・・) 八木さんで頂いた八草紬や山本さんの白鳥紬で十分満足しています。
だから、そういう所へは近づかない方がいい、と思うのであります(笑)

No title

持ち主知れず、そのくらい古き良きものなのですね。装束の朱も、年を経ると
かれてきますが、それがまたよいものです。
わが家の親王飾り(28歳の娘誕生後のもの)はリビングの低いキャビネットに
飾っていますので、奥行きにゆとりがなく、ぼんぼりも屏風も省いて、
その代わり、7歳の祝い着を虫干しを兼ねてタペストリー代わりに背景に
掛けています。

余寒の装いにはもってこいの真綿紬、、、
結城かと思いました。
モデル経験も奏功し、ますます自然なお美しい着姿ですねー、はぁーっとため息。

セージグリーンさま

そうですか、七歳の祝い着をタペストリーに。
素敵なアイデアですね。次回は私もやってみようかな〜。

「きものは七難を隠す」 婆さんもきものを着れば、なんとかなるの図です。(お恥ずかし)

No title

こちらも まだまだ朝晩冷えて 真綿の紬に手が出ます。
この時期 どこかしらにピンク いれたくなりますね。
謎のお雛様も、朋百香さんも お写真がみな美しくて 感心しています。
某紙も拝見いたしました♪

風子さま

そちらの朝晩の寒さは、こちらの比ではないでしょう。今日は暖かかったですが、明日からまた冷え込むそうです。まだまだ真綿紬は活躍しそうですねぇ。

「写真が美しい」ありがとうございます。
こうしてブログで見て頂けてお雛様も喜んでいる事でしょう。

No title

こんにちは!
暖かくなってくると、だんだん薄い色の着物が着たくなりますよね。気温もそうだし、陽光の明るさなんかも関係してきそうですよね。
お雛様…お人形はときに、魂が宿るといいますし(脅かすつもりはないです、すみません)、親子何代かの歴史を、ずっと見てきたのでしょうね・・・。品の良い、きれいなお顔だちですね。

絵美さま

そうなんです。家族の歴史をずーっと見てきている筈です、このお雛様。私なんか嫁いで37年ですが、そのずーっとずーっと前から○○家を見守ってきている訳ですから、そりゃ魂も宿りますよね。大事にしないと、と思います。

No title

我が家も娘のは片付けました。
実質1週間も飾ってなかったです(笑)
ワタシのはまだ絶賛飾り中♪
(行き遅れる心配ないし…爆)
こちらのお雛様、あの鏡台の持ち主と同じとかでは?
と思ってしまいました。

香子さま

いつもよく分からなくなるのですが、早く出さないと行き遅れるの?それとも早くしまわないと? まあどちらにしても、2人とももう嫁に行っているのでいいんですけどね。あ、○子ちゃんがいるか・・・。(笑)

「あの鏡台の持ち主」はないと思います。
なぜなら、あれはうちの実家から来たものだから。まるで最初からそこにあったように馴染んでますが、結構実家から来たもの多いんです。