きもの文化と日本

先日の中谷比佐子先生のきもの寺子屋で風水にもお詳しい
先生がおっしゃるのに、今年は一白水星丁酉で水の年なのだそうです。
水は経済を表すそうで、水は溜め込むと淀んで腐りますよね、循環
させないと。
「だから今年は溜め込まないでください」とのお言葉に会場の一同
う〜ん、きものを買う口実が出来た、とにんまり・・・

したかどうかはさておき、今年は経済に意識をもって物事をみて
ください。とおっしゃってました。
そこで思い当たったのが、あの方。
今週金曜日にアメリカ大統領に就任するトランプさん。
彼は歴代の大統領に比べると型破りですが、実業家としてみると
少しは理解出来るのでは?
しかし大統領たるもの理想を掲げてなるものですが、あんまり損得勘定
だけで動かれてもなぁ・・・というのが正直なところですが。
さてさて今年は「えっ?」という事が起きそうな世界情勢ですねぇ。

きもののことも今までただ好きというだけで、あまり経済的観点から
みたことがなかったのですが、こういう本を読んでみました。

きもの文化と日本

「きもの文化と日本」 日経プレミアムシリーズ
経済学者の伊藤元重氏と「きものやまと」の代表取締役会長の矢島孝敏氏
の対話形式で書かれた本です。
「日本人はなぜきものを着なくなったのか?」「ルールは本当に伝統なのか?」
「なぜ、きものは高いのか?」など私たちが疑問に思っていることがズバリ
書かれていて面白かったです。

なかでも古来、きものは自由なもので今のような「しきたり」が出来たのは
ここ40年のことだそうです。確かに私の祖母の時代はきものが普段着でしたから
今よりもっと自由に着てましたもの。(寒けりゃ重ねるし、暑けりゃ脱ぐし)
きものを特別なもの(フォーマル)にしていったのは、売る側の戦略だったり
したのですね。
訪問着を作ったのは三越百貨店だったって知ってました?
大正4年、洋服が流行り出した頃、きものを売らんとする戦略だったのですね。
ところが、結局それが敷居を高くしてしまい、きもの離れの原因にもなったり
した。と、矢嶋さんは指摘します。
矢嶋さんは、ずっときもののファッション化、カジュアル化、アパレル化を
目指してきたパイオニア的存在です。

今の若い人達がゆかたを、いろいろ工夫して着て楽しむ姿を私達世代はもっと
大らかに見てあげなければ、と反省しました。
いつの時代もファッションリーダーは若者たち。
まずはきもの体験(ゆかたが一番手頃ですものね)して、そこから興味を
持ってもらわないと、きものの未来はないのかもしれない。

後は売る側も「伝統」にドーンとあぐらをかいてないで、努力してもらいたい
ものです。これだけ流通が変化したのだから産地と直結で売るとかもっと
コスト削減を真剣に考えてほしいものです。
また正絹あり、銘仙あり、綿あり、ウールあり、ポリエステルあり、もっと自由に
のびやかに。
お誂えあり、レンタルあり、古着あり、と消費者の選択肢を広げて(もちろん
コストを下げてね) これだけ洋服も多様化しているのだから、きものも
旧態然としていては取り残されてしまう。
「今はフォーマルの場でも自分なりのおしゃれをしていけばいい」という
矢嶋さんのお考えには大賛成です。

最後にこれも「きもの寺子屋」での中谷先生のお話で印象に残っているの
ですが、昔、先生がジャーナリスト時代にピエール・カルダンときものの
コラボという企画が持ち上がった時、結局 最終的には実現しなかった。
と言うのもカルダンがきものは布の捨てる部分が2%しかないと知って
(洋服は40%)「私ごときがきもののデザインをするなんて、何とも
おこがましい」と言ったそうです。
彼はきもの文化の素晴らしさに敬意を表したのですね。

作り手も売り手も、きもの文化に誇りをもって、そして継続してゆく道を
探ってゆかなければ。
そして着る私達大人世代は楽しく自由にきものを着て若い人に「ほら、
きものはこんなに美しくて素敵なのよ〜」とお手本をしめさねば、と思った
のでありました。



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!
まさに、まさに、着物はもっと自由に着るもの-と、先日とあるエキスパートの方にお会いしたときに聞きました。普段着だったんですものねぇ。
一方、訪問着が誕生した大正時代は、確か化学染料が手に入りやすくなったことや、西欧の絵画や旅行写真を参考にモダンな柄つけが試みられたことなど、着物のアート面の歴史としてはなかなか、重要なエポックなんですよね。
敷居は高くなってしまったけれど、創造性豊かな着物が多く生み出された…という、ある意味ジレンマですねぇ。

絵美さま

ジレンマ、おっしゃる通りですね〜。きものの歴史もなかなか面白いです。江戸時代には帯を前や横で締めていたのですものね。自由もいいとこ(笑) まさかそこまではいけませんが、自分なりに自由に楽しんで着ていけたらいいなぁ、と思う今日この頃です。

No title

先日、Amazonで着物本の資料を検索していましたら、この本がリストにあがっていたので、どんな内容かな?と思っていたところです。
近年の着物特有の縛りについては妙に厳しいところがありますですね。
固定観念というのか既成概念というのか、そういうものって一度浸透してしまうと、それを覆したり壊すのってこんなにも難しくなるのかあ?と、着物がその顕著な例になってしまってる気がします。
住まいも食べるものも着るものも変わっていくのはしょうがないんですけど、、、気をもんでてもしょうがないので、自分で愉しむことはできますもんね、ひそかに「夏の琉装(ドゥジンとカカン)、流行らせるぞー!」と思ってる私です。笑

tomokoさま

本当におっしゃる通りです。この本ではあるお茶関係の方がしきたり本みたいなのを書かれて皆んながそれに習えをしてしまったのが負の遺産になってると書かれてましたが・・・。日本人ってリダー的な人が「こうするのよ」と言うとははーって従ってしまう所がありますよね。
夏の琉装、流行らせてくださいな。

No title

あちらこちらで 話を聞きすと その決まりはそう昔にできたものでない、ということが多いです。
どうも業界の方たちが 勘違いをしてしまった(まだしているような気がします)のが大きかったのではないか、と。
自国の衣装を着ることができない国って そう多くないと思います。
もっと 楽しく 着る衣装になればいいなあと思います。
遅れましたが 今年もよろしくお願いいたします。

風子さま

そうですねぇ。おっしゃる通り、楽しく着られれば一番いいですよね。しきたり云々よりも。

体調は戻られましたか?
寒い冬はまだまだ続きますが、春遠からじ。
また素敵なきもの姿を拝見出来るのを楽しみにしております。

No title

大多数が着物が日常着だった時は
誰もそんなに気にしないし、周りの大人を見て
着方などは知ってたと思うんですね。
ほとんどの方が洋服になり、
知ってる方が身近にいなくなったから
本やお教室に頼らざるをえないんだと思います。
せめてワタシたちだけでも「フレキシブルでいいんだよ」と
聞かれたら答えられるようになっていたいですね。

そうそう、歌舞伎役者さんのブログにお邪魔したら
黒澤が出てましたよ〜♪
http://ameblo.jp/takinoya08/

香子さま

本当ですね、日々きものを着ている私達が(香子さん程は着れませんが・・・)言ってあげなきゃ〜ね、若い人達に。
門之助さんのブログ、拝見しました〜。
教えてくださってありがとうございまつ。