今日のきもの

このところ、暑くなったとはいえ湿度が少なく風も爽やかなので
きもの好きには、ありがたい。
昨年5月に青山の八木さんで誂えた白たか織のきものと、下井紬の
帯は6月にはピッタリの組み合わせ。
夏にきものを着るという発想のなかった私だが、今年は2枚ある単衣の
きものを、お出かけごとに交互に着ている。
最大のテーマは「いかに涼しく着るか」また、見ている人にも「涼しさを
感じてもらえるか」だ。
そこは、素材と色がものをいう。

100604_163056[1]
山形県の白鷹町で織られる白たか織は1mにつき3000回の撚りを
かける緯糸が鬼シボと呼ばれる大きなシボを生みだす。
このお陰で皺になりにくく、着くずれしにくい。とても、着心地の良い
きものだ。

100604_173812[1]
下井紬というのは信州紬の染織家として活動を続けている下井伸彦さんが
織りあげる紬織物。糸作りの段階から草木による染色、機織りまで一人で
手掛ける。三色の青が太い縞になった帯は見た目にも涼しいし、締め心地も
しゃきっとしている。


コメント

非公開コメント