ハオリスト


きもの友の紹介で雑誌に載ることになりました。
きもの人口が減る中、モデルになってくれる人を探すのも
大変なんですねぇ。
少しでもお役にたてるなら、と。

羽織りを着る人の特集をするそうで、題して「羽織リスト」
昨今、羽織りを着る若い方も少なくなっているようですが、コートを
着る前後の季節に活躍する羽織り。
スーツの上着の感覚で建物の中に入っても脱ぐ必要はないし
羽織りも着慣れれば和装の巾が広がる重宝なアイテムなのかも
しれません。

撮影風景
撮影風景


この日、着た羽織はきもの友から譲られた軽くて暖かい大島と
むか〜し昔、青山八木さんで仕立てたグレー地のものの2点。

大島羽織りに合わせたのはこちらのきもの。
久米島紬、黄色2
黄色系の久米島紬に千藤さんの織りの帯。
黄色の帯締めに黄緑の帯揚げ。
春夏号とお聞きしたので、春の菜の花のイメージです。

お太鼓
お太鼓、久米島



もう1枚は更紗柄の小紋に墨黒と紫の引き染め柄の織りの帯。
更紗小紋に縞帯、前
白と緑を組んだ帯締めに薄紫の帯揚げ。


お太鼓
久米島紬に千藤帯


さあ、これからお出掛け、という設定でバッグを持ちました。
何も持ってないと手持ち無沙汰なのです(笑)
前回のプロフィール写真で少しは慣れましたが、Helpがないと
固い表情に。
笑わせてくださったのは、編集部スタッフエディターのMさん。
カメラの横で私の緊張をほぐそうと一生懸命(笑)
カメラウーマンさんもテキパキと仕事が早くて、段取りよく撮影は
進みました。
なる程〜、雑誌の撮影ってこんな風に撮ってるのですね。


さ〜て、どんな感じに撮れているのかしら?


「きものサロン」 春夏号 来年2月20日発売だそうです。







コメント

非公開コメント

No title

わぁ〜い、本が出るの楽しみ×2♪
そして紫の帯、だいすっき〜 i-178

No title

まあ、素敵!
モデルさんもコーディネートも着付けも撮影場所もバッチリではないですか!
メインの羽織は雑誌を見てのお楽しみ、ですね?
わかりました。
買います、「きものサロン」。楽しみです♪

香子さま

はい、私もこの帯好きですー。結構なんでも合わせやすいんですよ。ところで、宣伝しておいてなんですが写真は小さいと思うので、悪しからず(笑)

れいうささま

ありがとうございます。買ってください(笑)
なかなかきもの関係は厳しい時代ですから。
そういう私も今まで買ったことなかったんですけどね。

No title

前の記事にコメントするタイミングを逸したところ、またまたステキなお話!
久留米絣の会の折、朋百香さまの美しい着姿に「ぜひぜひ、モデルさんに!」と勝手にお願いしたのが現実になりました、嬉しいなー!
どちらのお着物も、お好みがよく表れていていますね。
出来上がりが楽しみです。

セージグリーンさま

はい、ありがとうございます。でも、素人ですからきっと小さい写真ですよ。あんまり期待しないでくださいね。

No title

どちらのコーディネートもすこぶる素敵ですねえ〜♡
もう新年を迎えれば春遠からじ。
私も誌面で拝見するのを楽しみにしています〜♡♡♡

tomokoさま

はい、tomokoさんのお陰で楽しい貴重な経験をさせて頂きました。
しかし写真は何回撮っても慣れませんねぇ。
「はい、お腹ひっこめて〜」ってカメラウーマンさんに言われて、普段お腹を突き出して歩いているんですかね?(笑)

No title

ついに本日、駅前ビルのリブロで拝見しましたよ−、ヤッホー!
小さくなどなかったです。
とても自然な表情でらして、朋百香様らしい
コーディネートですね。
あのー、要らぬ詮索で恐縮ですが、クリーム色の久米島って、、、
グレイのお着物と色違いですか?
またとない絣ですもの、ステキな知恵だとおもいました。

セージグリーンさま

そうですか、見て頂いてありがとうございます。「自然な表情」・・・いえいえ、こわばった笑いです。もう少し、おすまししたかった。

クリーム色の久米島の絣は織り手の方のおばあの復刻でグレーのものとは違います。グレーの方は訳ありのお利口久米島です(笑)