秋のパリ便り

本年12月9日から11日まで、パリ マレ地区に位置するエスパス・コミンヌ
とヴォージュ広場にあるギャラリー・デュ・マレの2会場にて「パリ国際サロン」
が開催されます。今年は第30回記念展ということでパリ美術雑誌をはじめ、
フランス雑誌、インターネットサイト、fecebookでも幅広く告知されます。

こちらは、フランス国内で歴史と定評のある美術誌「UNIVERS DES ARTS
(2016年10-11月号)」に掲載された今展の記事です。

ユニバースセザート雑誌

ユニバースデザート掲載記事

「パリ国際サロン第30回記念展」
パリ国際サロンは1985年にフランス人と日本人によって誕生した。
初代会長を努めたのは、テイラー財団会長で画家のポール・アンビーユ氏である。
2010年、アンビーユ氏が亡くなって以降は画家ジャン・マリ・ザッキ氏が
会長に就任、30年に渡る当サロンを引率している。

今回の30周年記念展では、1人の作家が複数点を紹介するミニ個展スタイル、
厚さ3mm以内の平面作品のみに特化したドローイング・デッサン部門など、
特殊かつ様々な技法とインスピレーションで表現された200点近い日本人作家
による作品が展観される。
会場は2011年以来タッグを組む、マレ地区に位置するエスパス・コミンヌと
ヴォージュ広場にあるギャラリー・デュ・マレの2会場。
コレクターや芸術愛好家達は、作家たちの誠実な仕事を通して”日出ずる国”の
伝統とエスプリを再び見出せるであろう。
出品者の中には、すでにル・サロンやサロン・ドトーヌで活躍している作家達
も存在する。

日本人作家による代表団も出席のもと、各会場でベルニサージュも開催される。
今回も我々日仏間での文化芸術的な交流として発展してゆく懇親なることを
確信している。          パトリス・ドゥ・ペリエール(同誌編集長)



今回、私はこの記念すべき展覧会のミニ個展部門に「春雷」「葛藤」「element」の
3点を出品致します。



個展部門、パンフ
ミニ個展部門のパンフレット

以下は作品にたいする寸評です(フランス語を訳したもの)

「朋百香
アクリル、水墨、そして時には柿渋を巧みに操りながら、朋百香は
「春雷」「葛藤」「element」という3点の抽象画を描いている。
彼女の作品を構成する色彩の描線は、まるで花火のようだ。
それは砕け散り、ある力強さを放射する。
それは我々が感じ、我々を沈考させるような力強さだ。
抽象画とは確かに、先入観やイメージの外にある概念を我々に想起
させるものだ。絵画とはなによりもまず、具象であれ抽象であれ
芸術愛好家たちにある種の感情や詩情を抱かせなくてはならない。
そして、この作家がこのアプローチに全霊を注いでいるのを我々は見る。
また、作品を感じ取るということは、作る者の意識層と見る者の意識層
に同時に委ねられるということを、このアーティストから教えられる。」


こんな風に見て頂けているとは、とても光栄だし嬉しいことです。
いつもは展覧会が終わってから寸評など届くのですが、さすが記念展と
いうことで、パリの盛り上がりがこちらにも伝わってきます。
遠く日本から展覧会の成功を祈るばかりです。



*2016年のサロン・ドトーヌは(10月12日から16日まで)盛況のうちに
 無事、終了しました。
 展覧会報告はホームページの info のページに記載しておりますので、
 ご興味のある方はどうぞご覧くださいませ。




コメント

非公開コメント

No title

明るくて嬉しいニュースにウキウキの朝です。
絵画への評も素晴らしいですね♡読んでいたら
ゾクゾクしてきましたよ!同年代の女性の活躍は間違いなく
元気刺激を与えてくれます。
私の夢はまだ十分の一くらいの進捗状況なの。
朋百香さんの記事で、モチベーション上がりました。
ありがとうございます!

sognoさま

嬉しいコメント、ありがとうございます。
本当は寸評もフランス語で載せたかったのですが、フランス語ってアルファベットの上に「’」がついてるでしょ? あれをどうしたら良いのか分からなくて・・・。フランス語の何かをダウンロードすれば良いのかしら?
何にしても好評価で良かった。もっとも悪かったら載せませんけどね(笑)

No title

わわ、すごい!
一度は彼の国で飾られてる朋百香さんの作品を
見たいですね。
パリ…憧れの都市です〜。

香子さま

はい確かにパリ、憧れの都市ですが、遠いですね〜。今までで展覧会1回しか行ってません(笑) 12時間の飛行機と食事が・・・
どこでもドア、本当に欲しいです。

No title

おお、なんて作家にとって嬉しい評でしょうか。とてもはげみになりますね。
実際朋百香さんの作品には見てる側に何かを想起させるものもパワーもあります。
お一人お一人、会場でご覧になる人がどんな感想を持つのか、
できることなら聞いてみたいものですねえ。
他所ながら、会のご成功をお祈りしています〜!

tomokoさま

はい、ありがとうございます。
tomokoさんもよくお分かりの通り、作品を作る作業は孤独なものですから、それが完成して人様に観て頂ただけて、感想を頂けるなんて、本当に嬉しいし、ありがたい事だと思います。こういう時が続けてきて良かったと思える時ですね。

No title

こんにちは! 写真&プロフ付きでの作品紹介、素晴らしいですね。
きっと、海外の方にはとても神秘的で、とても深いジャポニズム精神のようなものを、感じ取っていただけているのでは、と勝手ながら思います。
この、パンフレットの朋百香さんのお写真は、京都タロット展の写真家さんが撮影したものですか?

絵美さま

ありがとうございます。神秘的に見えるかどうかはわかりませんが、墨、和紙、きもの、あちらにないものはすべて興味深いのでしょうねぇ、きっと。この写真はまだ野口さとこさんと知り合う前のもので、娘が撮ってくれました。プロフィール写真としては、ちょっと笑い過ぎですね(笑)