Kan925の世界

5月の爽やかな日の午後、アフタヌーンティーをしながら
神田勉のジュエリーの展示会がおこなわれた。
神田さんの作品は、出来上がるとすぐに持ち主の所に行って
しまうので、今回のように十数点が一堂に会すのは珍しい事だ。

彼の作品はジュエリーというよりもアートだと思う。
一つの作品をデザインから細工まですべて一人で仕上げる。
見えない部分に拘り、石のおしゃべりに耳を傾けながら丁寧に時間を
かけて作りあげてゆく。その作業は、それは大変な工程を経る。
でも彼には確かな技術に裏打ちされた自信があり、それはどの作品
にも見てとれる。
「今までにこんなの見た事ない!」と皆さんがおっしゃり、驚きと
感動に包まれる瞬間を私も楽しんだ。
下の娘がジュエリーの仕事をしている関係でルースの石も展示し、
縁あって出会った人と石が結ばれた。
その中の何人かが、デザインを神田さんに頼んでいらした。
石を選ばれた皆さんが彼の手によって生まれ変わった守護石を
末永く愛してくださる事を確信すると共に、どんな風に再誕生するのかが
今からとても楽しみだ。

神田さんの作品が見られるホームページは下記。
しばし、浮世を忘れて夢の世界へ
http://www.kan925.com

100602_130523[1]

コメント

非公開コメント