イベント

11月11日は展覧会場でイベントを行いました。
11という数字は、オープンゲートです。それが、2つも繋がっている
のですから、これはもう大変なオープンゲートです。
オープンゲートというのは、大きく門が開いて一歩を踏み出すことで
新しく何かが始まることを示唆しています。
まさにタロットカードの11番、トリイのカードです。

イベント会場、2

思ったよりもたくさんの方においで頂き、中には北海道から来て
くださった方達も。出雲から、名古屋から、大阪から、東京から、本当に
ありがとうございました。

イベント会場1

最初にミケさんと私でこの「京都タロット」ができるまでの誕生秘話を
トークショウ形式でお話し、その後、実際にミケさんがカードを使って
デモンストレーションを行いました。


今回の個展の為にアーティーさんが、アーカイバル版画でカードとレゾネを
作ってくださいました。
カードの裏表紙とレゾネの表紙は同じ、落ち着いた赤。
写真では見え難いですが、鏡、剣、稲穂、勾玉がデザインされています。
デザインはATOSの吉池康二さん。
この赤が紺色の毛氈に映えて美しかった。

カードとレゾネ


トーク中の私。
トーク中の私


「どなたかやってみますか?」の問いに「はい!」と一番に手を
挙げたのは、きもの友のF子さん。
質問の内容はプライベートなことなので、分かりませんが、3枚の
カードはその質問に対して「GO」を出していました。
F子さん、納得なさったのかしら?

風子さん、占う

其の後もやりたい人は続々。
結局、最後は「今の私にメッセージをください」ということで、会場の
全員が1枚引きをしました。

若ちゃん、占う

皆様、それぞれに実際のカードに触れる機会があって良かった。

リーディング中の岩倉ミケさん。
リーディング中のミケさん


イベントのご報告は以上ですが・・・
実はまだシェアしなければいけない事があるみたい。
と、言う事でまだ(つづく)です。









コメント

非公開コメント

No title

タロットのみならず こういう占いごと?は経験が無いのですが、自分の思っていたこととおんなじことをミケさんが おっしゃったので、あれ~~~、と驚いたのでありました。
あきらめかけていたことを もう一度 思い直してみようかな、と 考え始めています。
ありがとうございました。

風子さま

そうでしたか、お知らせくださり ありがとうございました。私も占いとかは信じない方なんですよ(笑)でも、タロットは自分の潜在意識が働いている(としか思えない)ので、変な占い師さんに見てもらうより、安心な気がします。ただ引いたカードをどう解釈するか、はちょっと練習しないとね。私も今、家族の協力のもと、練習中です(笑)

No title

すみません!
ワタシ、ミケさんてずっと男性とばかり思ってました (^-^;;
なんでだろ〜? 名前のイメージかしら?
御写真拝見して「わわ、女性だったあ!」と。。。
ミケさんに平謝りです m(__)m
バイオリニストのT島さんぽい美人さんですねえ♪

香子さま

アハハ、そうでしたか。ミケって男性ぽい名前ですかねぇ? 私より10くらい若い京女らしい美人さんですよ。あの京都弁がね、憧れです。(笑)どうも私は言葉がキツくて・・・。

No title

誕生秘話、実に興味があります。
どうやって生まれたのかしら・・いつかお聞きするチャンスがあるといいなあ。
朋百香さんの姿勢の美しさ、凛とした佇まいに会場の皆様もきっと見惚れていたことでしょう。

sognoさま

ありがとうございます。
きものを着ると「姿勢がいい」といわれるのは、帯のせいでしょうか。
きものを着ると背筋が伸びますよね。

No title

こんにちは! おおー大盛会ですね! 朋百香さんもミケさんも凛とお美しくて、、、会場のみなさん、大満足だったのではないでしょうか。
11はオープンゲート、なるほどです。私もいつか、占っていただきたいなあ…。

絵美さま

私も今、カードと親しくなってミケさんの解釈本をもとに読み解く練習を始めたところです。いつか、上手く出来るようになったら、やりましょうね、タロット会。