嬉し、恥ずかし

個展会場にプロフィールと一緒に写真も飾る、と言われて
スナップ写真でいいや・・・と、思っていた私に、プロモーターさん
から「喝」が入りました。
「ダメですよ〜、ちゃんとした写真じゃないと。」
はい、すみません。

そこで彼女の一押しのカメラマンさんに撮って頂くことに。
京都の方ですが、タイミング良く東京で仕事があって長平庵まで
来て頂きました。

時は8月の終わりで猛暑でしたが 盛夏のきものはNGということで
何とか単衣の大島で。

プロフィール写真1 

こちらがその写真。(注:シミ、シワ、タルミ消しまくりです。笑)

やっぱり違うのよね〜、普段、自分たちで撮るのとは。
何ででしょ? 身体の向きとか首のかしげ方とか、細かい指示が
あって、それが上手いんだなぁ。
こちらを その気にさせてくれる、と言うか。

しかし モデルという仕事は大変だとよく分かりました。
だいたい、夏に冬服を着る あるいは、冬に夏服を着て写真を撮る
ことが多い訳でしょ。(特に雑誌のモデルさんは)

何枚くらい撮ったでしょうか。最後の頃は顔が筋肉痛になってました。
(きっと顔がひきつってた)
素人の私には、この辺が限界。
でも、面白い経験でした。

カメラマン:野口さとこ http://www.satokonoguchi.com
北海道小樽市生まれ。写真家島内浩一郎氏に師事。
石仏や人形など命の無いものに宿る”何か”そ写すこと、日本特有の土俗や
風習のミステリーを写すことをコンセプトに制作を続けている。
1999年「フジフォトサロン新人賞」部門賞受賞。
2012年「紙技百藝2012」馬場伸彦(写真評論)審査員特別賞受賞。

最後はチャーリーとツーショットも撮りましたよ〜。
フフフ、「Who is Charlie?」




コメント

非公開コメント

No title

きゃ~、奥様素敵よ♡首のかしげ方、微妙な
角度にプロの技を感じます。SST(しわしみたるみ)、ご本人さまにお会いした私に言わせれば「なんのなんの!」透明感あるお肌でした。こちら、眉間のしわは只今3本目が・・ほうれい線さらにくっきり(笑)・・・

着物雑誌に登場される日も近いのでは?

sognoさま

何をおっしゃる、うさぎさん。
これは詐欺に近いですわよ。これを見た方が本物に会ったら絶対、え、実物と違う!と。(笑) でもいいんだ〜。こんな機会めったにないし、楽しかったから。

どちらのお着物雑誌?

朋百香さま

凛として・・・ 知性あふるるお姿・・・
素敵な奥様 読者モデル? どちらに登場でしょ
疲れますが楽しい経験ですよね~♪

ほんとプロの方って 上手にその気にさせますよね~
しかもさりげなく 朋百香さんの雰囲気に(^_-)-☆

京都で実際にお会いになる方々 さらに魅了されますわよ


sachikoさま

アハハ、ありがとうございます。
時に身を任せて自然に年をとっていけたら
いい・・・なんて思っていても、いざとなると
ジタバタ。 少しでも若く見せたいという気持ちがあったことに我ながら驚きました。
んー、煩悩と物欲は一生の友か・・・。

No title

こんにちは! クールビューティなお写真、朋百香さんの魅力満開ですね!
写真家さんって、撮られる人の「その人らしさ」も表現できるのがすごいなあとつくづく思います。
ポージングも、プロ仕様ってありますよね。ホント、モデルさんみたい!

絵美さま

きゃー、そんなにお褒め頂くとホント、恥ずかしい限り。まあこれもテクノロジーの成せる技とカメラマンの腕、ですかね。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

ありがとうございます。
背景って大事だと思うんですよね。長平庵の
力も借りて・・・ということでしょうか。
年をとってくると口角さえ上がらなくなって
くるのですよね、初めて認識しました。(笑)

No title

お久しぶりです。
目の調子も少しお休みされたかいがありましたね。お元気で個展の開催を迎えられて、晴れがましいことでしょう。
いつもながらお美しい着姿に惚れ惚れ、うっとりいたします。

セージグリーンさま

ご無沙汰です。
京都に行っておりまして、お返事遅くなりました。無事、個展も終わりましたよ〜。
詳しいレポはまた、後程。