繋がってる?

友人のブログに載っていた「美しいもの」という本を読みました。
著者は赤木明登さん。輪島塗の塗師です。
本も美しかったけど、文章にも惹かれました。
彼の友人であったり、知人の作家さんとの交流や、その作品が紹介
されています。

美しいもの、本

リュート奏者、テキスタイルデザイナー、木地師、陶芸家、鍛金師、
フードデザイナーだったり、そうそうヨーガンレールさんもでていました。
皆さん、それぞれただ者ではない人達。
創作者の端くれとしては、とても刺激になる本です。

その中に「あれ?」知った名前が・・・山口信博。
なんと私の同級生の旦那さんではないですか。
ご夫婦で青山でデザイン事務所をしています。
私も個展のDMを作ったり、冊子を作る時にお世話になりました。

世の中、狭いですねぇ。赤木さんとは家族ぐるみのお付き合いを
しているそうです。
この本のデザインもしたのだとか、そう言えば山口さんらしい
すっきりと無駄のない美しさだわ。
「美しいもの2」もあるそうで、そちらも気になります。

赤木さんは「茶箱」も作ってらして、私のような劣等生(娘時代にちゃんと
お稽古をしなかった、という意味です)も久々にお茶を点ててみたい、
と思ってしまうような素敵な茶箱がありました。


赤木明登、茶の箱2


あー、これ欲しい!仕事の後、これで一服したらどんなにかほっこりする
だろう、と。
で、メールでお値段を伺ってみたら・・・手が出ないお値段でした。
まずはセットでなく箱だけ先に頂くとか・・・ね。
「茶箱積み立てをします」とお返事して今回は終わりました。
が、諦めませんよ。やります、本当に「茶箱積み立て」

話はこれで終わりではないのです。
先日、山梨の姉に(姉は漆のブローチを作っています)赤木明登さんて
知ってる?と聞いてみたら、もちろん知ってました。なにしろ、ドイツ
国立美術館の「日本の現代塗り物十二人」に選ばれた人ですから。
その世界では有名な人なんですねぇ。
さらにオマケに、以前姉の個展にふらっとみえたそうなんです。

これってもしかしたら、繋がってる?
いつかご縁があって、あの茶箱を手に入れられる日がくるのではないかしら?
と、勝手に妄想しながら茶箱セットの写真をP.Cのデスクトップに張り付け、毎日
眺める私です。





コメント

非公開コメント

No title

へえ、山口さんてあの折形デザイン研究所の?!
(もちろんお会いしたことはないですが)
本当に世の中は広いようでいて、面白いように狭く(?)出来ていますネ。
美しい茶箱、眺めているだけで福々してくるようですよ。
私は、ミニジャム瓶とか手持ちの旅茶碗とか自分の身の周りで集められるもので見立て、
それにあわせた仕覆がわりの巾着を(キクコさんに教えていただきながら)縫い、
旅茶セットにしたもの持っていますが、コレもって友だちの家でとかお茶点ててよく遊んでました。
・・・なんて、私の話はどうでもいいんですけど、
個人的には、朋百香さんがその美しい茶箱を手に入れられた「その先」を楽しみにしていま〜〜す ♪笑


No title

ありますねえ、繋がってること!
とくにネット社会になってブログとかやってると
「え、こちらも知り合い?」「あら、そちらも?」
って方が多かったりしますね i-229

tomokoさま

あ、折型デザイン研究所ご存知でしたか?そうです、山口美登利さんは同級生でして・・・同じ美術クラブでバカやってた仲間ですー(笑)湯村タラさんって知ってます?そうあの有名なイラストレーターの湯村さんの奥さん、彼女も同級生なんです。3人とも授業中に勉強しないで絵を書いてたくちです(爆)

香子さま

そういう意味ではネット社会万歳ですね。本当にネットは場所関係なく繋がれますから。香子さんともきものブログ繋がりでしたよねぇ?オッチョコチョイの私が間違えてsakurakoさんにコメントしたりして・・・(笑)

No title

わあ、色々なご縁が重なっているのですね~
っということは、やはり旅茶箱セットは朋百香さんの所へ来る運命なのでは・・
そうなることを楽しみにしています♥
私、正式に習ったことはないのですが、お茶を頂くのは大好きなんです。

sognoさま

私もお茶を習っていたのは娘時代で・・・もう忘却の彼方です。(笑)でもこんなお茶碗にお抹茶が美しく映えるだろうな〜って。お茶碗は手に馴染むのがいいですよね。京風の美しいものより、素朴な土の肌触りが好きです。

No title

朋百香さま
なんとまあ 美しい素敵な茶箱。。。
私も そこはかとなく 探しておりますが、いいなあ、と思うものは 手が出ないお値段で、、

こちら読みまして ご縁もさることながら、想いできっと そう遠くないうちに この一そろいは 朋百香さんの手元に届くであろう、と感じました、です。

風子さま

そうでしょうか? そうだと嬉しいのですが・・・。この歳になると欲しい物も厳選されてきますので、欲しいものは本当に欲しいんですね。当たり前と言えば当たり前ですが(笑)まあ暫くは、茶箱積み立てするので、無駄使いは減る(?)筈です。

No title

こんにちは! 何と端正かつ可愛らしいお茶箱(とその中身)なんでしょう。
私、昨年の正月に五島美術館で、お茶箱の展示を観たことを思い出しました。原三溪愛用のとか、あったんですよ。こういう小さきものって欲しくなりますよね~私も茶箱貯金しようかな(笑)
漆器も佳きものは一目でわかりますよね。そろそろ漆器にも凝りたいのですが、なかなか…こちらも貯金しないと(笑)

絵美さま

ね〜、何か お茶箱って女心をくすぐりますよね。(笑)漆器て扱いが面倒だったりしますが大事にすれば、長持ちするし塗り直しも出来るのが、魅力だったりします。一生ものだと思えば決して「高い」ものではないと思いますし、あーこれ、ずーっと使いたいってものに出会いたいですね。

No title

わー!!素敵な茶箱のセット。。。欲しい~~
お茶のお道具。。。見るときりがないです。。。(お茶ともと、絶対はまるまい!!と言い聞かせています。)
でもでも、小さなそっとお部屋においておける茶箱は、いつか少しずつ中を集めて自分好みに仕立てていくのが憧れです。
このセット、朋百香さんの凛とした雰囲気にぴったりですね。
ぜひ、お点前お呼ばれしたいです。

とうこさま

とうこさん、たくさん集めていらっしゃるのでしょうね〜、素敵なお道具。私はどうも男っぽい(?)ものが好みみたいです。そっか〜、まず外側の箱から責めていきますかね。そして中身を少しづつ・・・それも楽しいかも。