衣替え

昔は衣替えといえば6月1日と決まっていたが、今は異常気象もあり、
5月から単衣(ひとえ)を着ても良いそうだ。
初夏、いよいよきものも単衣の季節。
裏が付いてない分、グッと軽くなって風を孕む袖が爽やか。
厳密にいえば単衣は5月、6月と9月の3カ月のきもの。
(7月8月は盛夏なので、単衣でも素材がもっと薄物になる)
たった3カ月、されど3カ月。
これから夏に向かう単衣と秋にむかうのでは、かなりニュアンスが違う。
でも、そこは経済的に1枚のきもので帯を変えることによって季節感を
クリア。5月、6月は寒色系で涼やかに、9月は暖色系で秋への助走をつける。
この3カ月は半襟や帯揚げの素材も変わり、気を使う時期ではあるが、
季節に敏感な日本人のDNAを活かし、短い単衣を楽しみたい。

写真は山形県白鷹町の白たか織のきものに博多帯を合わせたもの。
まさに「初夏」という組み合わせ。
100525_172737[1]

コメント

非公開コメント