Salon D'automne, PARIS2015

昨年秋のサロン・ドトーヌに出展した作品が戻ってきました。
船便で戻ってくるので、毎年このくらいの時期に帰ってきます。
でも今秋のサロン・ドトーヌの審査はすでに始まっていて私も新作を
すでに送ったところです。
送ったと言っても昔のように原画を送るのではなく、CD-ROMを
送ります。時代ですね。
審査に通った作品が今秋のサロン・ドトーヌに出展できるという訳です。

同じく送られてきた、昨年の作品集。毎年これを観るのが楽しみです。
何しろ世界中から送られてきた作品を集めたものですから見応えあります。
それぞれのお国柄が作品の中に出るのも面白いですね。
著作権の関係で中身をお見せ出来ないのが残念ですが、せめて私の作品だけでも。



サロンドトーヌ、カタログ


カタログに載った作品


昨年秋に出展した作品はこちら。

      祝祭

「祝祭」 縦952㎝×横752㎝
昨年はまだこんなに色彩を使っていたんですね。
この作品以降から、どんどん墨色が強くなり、今は墨の中に色がある
といった感じです。


戻ってきたこの絵は、「色が明るくていいわ〜」とちゃっかり長女が自分の
家に持って行っちゃいました〜(笑)



*絵の著作権は朋百香にございます。
 無断使用、転載はかたくお断りいたします。





コメント

非公開コメント

おぉ、そしたら戻られた作品を
今夏拝見出来るってことでしょか?
今年も楽しみで〜す♪

下の記事も拝見。
ようやく穏やかにお誕生日を迎えられるようになりましたね i-179
ご主人様もサプライズをご用意されててオシャレだわ♪
やはり5年…ですよね。

香子さま
今夏はサロン・ドトーヌの方でなくてパリ国際サロンの方に出した「no excuse」とあと新作2点を出そうかと思っています。なにしろ今は「墨」で描くのが楽しいので。

「ようやく穏やかに・・・」んー、いつまで続くでしょうか? H君が動き出すとまた、怒濤の日々が・・・嵐の前のなんとかってやつ?(笑)
主人はお陰さまで、このまま小康状態が続いてくれれば、と思います。