鰻が食べた〜い

時々、むしょうに鰻が食べたくなることがあります。
前回、食べたのはいつだったかしら?
去年の夏頃だったかな・・・。
とするともう半年たっているんだわ。

と、いう訳でちょうど、内祝いを送る用事もあったので横浜の
デパートへ。
うちから一番近い美味しい鰻屋さんと言ったらここしかありません。


うな重

土日などは行列が出来るのですが、この日は平日でそれ程
待たずにすみました。

何ででしょうねぇ? 鰻とかお蕎麦は時々食べたくなってしまう。
よく使う言葉ですが「日本人に生まれて良かった」と思うひと時です。
美味しいうな重を頂いて満足、満足。

満足して帰っちゃぁいけません。
今日のメインは内祝いを送ることですから。

このところのお祝い続きに「内祝い」もなかなか大変です。
何しろ長女はまだ外出出来ませんし、次女家族は帰国しちゃいました
から・・・結局、私の仕事になってしまうのですね(笑)

ところで「内祝い」の本来の意味ってご存知でした?
私はずっとお祝いを頂いたお返しだと思ってましたが違うのですねぇ。
うちに(内に)おめでたい事があったから、その喜びの気持ちを
お祝い品という形に変えて皆様にもお分けし、一緒に喜び祝って
もらおう、という意味なのだそうで、昔はお祝いを頂く前に「内祝い」を
送ったのだとか。
へ〜、知らなかったな〜。
でも今は頂いたお祝いの「お祝い返し」という意味合いが強いですよね。
しきたりもまた、時と共に変化してゆくようです。
時代はどんどんカジュアルになっていきますが、お祝いの気持ちや
一緒に祝い喜ぶ、という気持ちは日本人としてずーっと持っていたい
ものです。




さて、この日は簞笥の肥やしになっていたやまだ織りの
きもので。

       やまだ織りのきものに洛風林の帯

着て虫干しです。
きものと帯はモノトーン、帯回りが寒色系なので、文字通り
紅一点はsakurakoさんの帯飾り。


洛風林、お太鼓
帯は洛風林のふくれ織り


       ベージュのコート
コートはベージュ、唐草模様のビロード
ビロードって、何かちょっと懐かしい響き。








コメント

非公開コメント

内祝いの本来の意味はそうなんですよね。
逆に、出産祝いはこちらのお祝いの気持ちを贈るもの。
お返しを期待するなんてとんでもない!とわかってはいるものの、
出産祝いを連名で贈った知人からその後何も送られてこなかったことに、
ずっとモヤモヤしていました。
一緒に贈った友人に「あなたには内祝い来た?」と聞いてみようかと思ったり(さすがに聞かなかったけど)
なんて浅ましい強欲な人間なの!と反省しています(-_-)

鰻、私も時々食べたくなります。
近大が開発しているウナギ味のナマズ、あれはどうなんでしょうね?

れいうささま
昔からのしきたりも、近年はどんどん変化しているように思えます。若い人達は「内祝い」も知らなかったり・・。やっぱりこれは年配の人が伝承してゆかなければいけないのだと思います。これからどういう風に変化してゆくのかは分かりませんが、お祝いの気持ちを送るというのは、いかにも日本的で残ってほしいな〜と思います。

鰻味のナマズ? 初めて聞きました〜。でもちょっと食べたくないかも・・・(笑)

鰻大好き〜 (^¬^)
ワタシもこちらのお店好きです(日本橋のデパートの方ですが)
タレがしつこくなくて丁度いいですよね。
内祝いのお手配ご苦労様でした。
お召しのお着物も上等なスーツですわ〜♪
(出来る母!ですね i-236

香子さま
そっか、こちらのお店はTKM屋さんに入っているのですね。横浜にも入っていてくれて良かった〜。じゃないと東京まで食べに行かないとなりませんもの。
「出来る母」ワハハ。この日は「鰻」がメインだったか「内祝い」がメインだったか疑問であります。(笑)

野田岩さんの鰻大好き!!昔、実家の近くにあって、、、鰻といえば・・・ですね。
内祝い・・・福のおすそ分けなのですね。素敵なお話です。
お着物もシックでやっぱりいいわあーv-345
帯飾りが効いていますね。

とうこさま
鰻、やっぱり好きな人多いんだ〜。そりゃそうですよね、美味しいもん。
福のおすそ分け、いかにも日本らしい発想ですよね。
「シックでいい・・」ありがとうございます。女性らしいきものを着ようと思ってもどうしても、こっち系になってしまいます。それが個性だから仕方ありませんね。とうこさんがお召しになる品川恭子さんのおきものとか憧れです(笑)