男物!

この日は都内で打ち合わせがありました。
せっかく東京に来たのだから・・・と、帰りに足を伸ばして向かったのは
神楽坂の「英」さん。

こんな経験はありませんか?
襦袢を着ようと思って手を通したら半襟がまだ夏物だった。(季節の変わり目に
やるんですよね〜)

夏の襦袢の楽ちんを経験してしまった私。
次は冬用も、と実は夏からずーっと思っていたのです。
なにしろ、帰宅後、洗濯機にそのまま放り込めばいい。
洗い終わったら、そのまま干せばいい。
半襟はそのまま、とることも縫う必要もない。
確かに一針一針、半襟を付ける楽しみ、というのもありますよ。
でも緊急の場合のお助け襦袢、1枚はあってもいいのでは?と
思った次第です。


          英の女将さん
「襦袢はちょっと遊びましょうよ」と女将さんの提案で
選んだのは、なんと男物。
でも、これ夏のときから気になっていた柄でした。
グリーン地にドットです。


どちらかというと、オトナシメの柄の襦袢ばかりの私。
ちょっとこれはワクワクします。
こちらのお店は落語家のお客様も多いのだとか。
高座で熱演する噺家さんの袖からチラッと見える襦袢にハッと
することがありますが、あれに憧れたりもします。
それがずーっと頭のどこかにあって、「男もの」という言葉に反応
してしまったのかもしれません。
出来上がってくるのが、とっても楽しみ!


英の女将とツーショット
恒例の女将さんとツーショット。
この日の女将さんのきものは、来春用の芽柳の柄の小紋。地色も
春らしい明るい黄色でパーッと華やかでした。
これから春用のプレゼンテーションをするのだとか・・・。
今の時期にはもう来る春の柄を決めてゆくのですね。




この日の私は
毛万筋江戸小紋に勝山帯
毛万筋の江戸小紋に、勝山健史さんの帯。
鶸色(ひわいろ)の帯揚げに道明の帯締め。


勝山帯、お太鼓
お太鼓
(ちょっと、たれが長過ぎました。)
こんな風にちらっと見える襦袢の色って、なかなか印象深かったり
するものです。見えない様で、見える襦袢。きものって嵌るところが
たくさんありますね〜。ちなみに、この日は黄色の地に菊柄でした。









コメント

非公開コメント

やられた~!
あの襦袢地ですよね?
私も狙っていて先日英さんに行ったのですが、
閉店ガラガラ~と、到着直前にサンシェードが下されてしまいましたの。
開店時間を調べないで行った私がバカだった(T_T)
諦めて次!行きます(^_^)/
仕立てあがったら見せてくださいね~

れいうささま
ま〜、そうだったんですか!到着直前に閉店とは・・・。それは失礼いたしました。でもあれ、一反だけじゃないんじゃないかな・・・。長襦袢だし、英さんの場合、きものも2、3反作りますよね。「次に行く」のもいいですが、念の為一応聞いてみてくださいな。

以前ご紹介したアレかしら?
いいお買い物しましたねえ〜♪
お召しになられた時に遭遇したいものです i-179

>帰宅後、洗濯機にそのまま放り込めばいい。
洗い終わったら、そのまま干せばいい。
半襟はそのまま、とることも縫う必要もない。

うわー、それいいですね。
還暦からは、本音で生きたいですもの。
ちらっと見えるところにもおしゃれ心、さすがです。

香子さま
夏にね、見ていたモノですー。もうないだろうと思っていたのに、女将さんが出してきてくださって・・・。
香子さんの「アレ」も見せてもらいましたよ(ウフフ)

セージグリーンさま
ね〜、いいでしょ。冬といっても、結構汗はかきますからね。洗えるというのは、ポイント高いです。最近のものはよく出来ていて、絹のきものに合わせて大丈夫なのかしら?と思いますが、考えてみたら裾除けなんて通年キュプラですから。特に英さんのは、絹みたいですよ。

まあ! 綺麗どころのツーショット、眼福です^^
お襦袢の柄、お写真で見るに結構大胆な感じ?
仕立て上がったら、良かったら生地アップを見せてください~。
英さんの襦袢、私は単衣も袷も持っていますが、
ヘビロテ間違いなし、ですよ♪

絵美さま
あら〜、絵美さんはもうお持ちだったのね! そう言えば、今まであんまり襦袢の話はしたことなかったですね。 それこそ毎日のように着物を着る絵美さんには、必需品かもですね〜。 絹、麻、そして洗える襦袢とTPOで(あるいはその時の事情で)着分けたら、きもの生活がなお楽しくなりそ〜。お値段が優しいのも魅力ですー。

江戸小紋に勝山さんの織物、ガチンコでカッコイイ〜♡
先日吉田美保子嬢の個展にいらした着巧者の方々のお襦袢のおされさに
自分の素っ気ない襦袢をちょっぴり反省しました。
私ももうちょっと遊びのあるお襦袢、たまには着たいなあ。

tomokoさま
そーなんですよ〜、私もね無難な襦袢ばかりで・・・。たまには人様をハッとさせるようなの、着てみたいです。無地の地味な紬にチラッと見える襦袢の意外性、今度はそれに嵌りそう(笑)
江戸小紋に勝山帯、あまりに地味すぎて姉に「80,90でも着れるね」って言われました。問題はその歳で気力があるかどうか・・・?
あんまり地味だったので、帯揚げと帯締めを派手目にしたんですが、悪目立ちかな?
勝山帯は地味なんですが、締めていると必ず誰かに褒められます。

なになに?皆さまのアレとかコレとか?
私にも見せてくださーい、アレ!

櫻子さま
はいー、お見せしますわよ、アレ。(笑)

良いですね~

朋百香さま こんばんは~♪

いまだご縁がない「英」さん
遊びのある襦袢・・・ しかも洗濯機へ直行 半襟付もない
良いですね・良いですね~i-185

休日&閉店時間チェックしておきましょ
お出かけ機会がありますように

私も先日単衣の長襦袢で半襟を・・・あ!!で着られないことがありました。(ぐすん)小千谷麻の夏物はあるのですが、普通の洗える長襦袢は未経験なのです。でも、洗えてさっぱりできて、尚且つ半襟つけの煩わしさから解放されれば・・・最高です。
江戸小紋に勝山さんの帯!!素敵すぎます。
先日もじーっと見てお値段だけ伺って終わった私でした。。。

sachikoさま
ぜひぜひ、こちらにいらっしゃる時はお声をかけてくださいませ。英さんの襦袢、ヘビロテになること間違いなし、と思いますよ〜。

とうこさま
それがね、勝山さんの帯、ものによるんですよ。中には手の届くお値段も・・・。これもそんな1本でした。結構、お値段に幅があるように感じましたけど。手の込んだ織りの袋帯なんてのは、もう問題外なので安心なんですが、なまじちょっと頑張れば買えるようなお値段というのは困りますねぇ。(笑)