秋色遊び

昼間はまだ、暑い日もありますが朝晩冷えて、その寒暖の差が
秋色を作ります。


落ち葉

自然の中の秋色は美しい。



吹き寄せを木箱に

吹き寄せを木箱に詰めて・・・



焦げ茶紬に冨田帯

きものも、こんなこっくりした色が着たくなりますねぇ。



秋色ストール、3

最近、持ち歩くストールはこんな色。
洋服でもきものでもOKです。



秋色ストール、2

もう少し、季節が進めばこんなストールも。
フランス人の作家さんの手編みなのに、きものにも合います。



自然の色には勝てないけど、目一杯秋色を纏って楽しみます。
季節はあっという間に、過ぎていってしまいますからね。






コメント

非公開コメント

自然は全てにおいて最高のお手本ですね、、、。
こっくりとしたお着物とおみ帯、、、ステキな八寸を沢山お持ちですね。
私も縮緬の9寸が重く感じるようになり、8寸に切り替えて(飛び降りるほどでないもので)いきたいと思っています。
ストールも何と凝った織り方でしょう。背がお高いからヴォリュームのある素材もバランスよく、シンプルなニットやコートをぐっと引き立ててくれそうですね。

引き寄せ箱、なんてきれいな色いろいろ♡
秋には秋の美しさがあって嬉しい〜。
あ!若いときよりも秋の美しさを嬉しがってるって
いま気がつきました!笑

セージグリーンさま
ほんと、自然の色ほど魅力的なものはありません。人はなんとかそれに近づこうと努力を重ねて「ものつくり」をしてきたのかもしれませんねぇ。
無地きものに、ちょっとインパクトのある帯を合わせるのが好きなように、グレーやベージュのニットにちょっと個性的なストールを合わせるのが好みですー。

tomokoさま
冬と違って秋の吹き寄せは、カラフルです。と言ってもこれは、ちょっと木の実などアレンジしてますが・・・。四季があるって、若い時は気付きませんでしたが、豊かなことなんですね〜。四季がある国に生まれて良かった! それが日本人の完成を育ててきたんじゃないでしょうか・・・。

吹き寄せ、全部自前ですか?朋百香さん宅の
素敵なお庭を想像してしまいました。
「こっくり色セット」も素敵ですねえ。
こんな時はどんな色の帯揚げ、帯締めを合わせられる
のかなあ。想像して勝手に楽しんでいます。

sognoさま
はい、全部自前です!と、言いたいところですが・・・残念ながら、組み合わせています。よそから拾い集めたりして。(笑)ここに黄色い銀杏が入ったらキレイだけど、まだ黄色くないんですよね、どっかにないかな〜色付いた銀杏。今日あたり、ちょっとお散歩の足を伸ばしてみますかね。