ヴィブラフォンに酔う

我が町で開かれるジャズの演奏会、婿どのに誘われて行って
まいりました。
「JAZZ CONCERT IN MYORENJI」
毎年10月に妙蓮寺境内で行われるのですが、今まで一度も
行ったことがありませんでした。
今回で6回目だそうで、6回ともなると人が人を呼び、かなりの
人数が集まってました。


妙蓮寺、JSZZ


主催は妙蓮寺の商店会、協賛が妙蓮寺さんです。
入場料は無料。やるじゃん、妙蓮寺商店会!

しかも、CASTはなかなかの経歴の持ち主ばかり。
宅間義之(VIB) リンヘイテツ(PF) 川本悠自(BS) 大地智子(VO)

なんで妙蓮寺で? というと、宅間さんがここから3つ先の反町の
出身だそうで、地元で何かできないか?ということから始まった
のだそうです。

お寺をバックのジャズ演奏も、なかなかオツなものです。
前の方のお客様はもう常連なのでしょう。敷物や簡易椅子持参で
しっかり聴く体制。
後方は気軽に聴いて、気軽に抜ける、といった感じ。
小さな子連れからご年配のご夫婦まで、家族で楽しめるコンサート
でした。

「ブルームーン」「ムーンリバー」「ナイト & デイ」 etc,etc
私世代には懐かしい曲ばかり。
「来年はイスと飲み物、持ってこよう」と、婿どのとも意見が一致した
秋の宵でありました。


それでは、宅間さんの心地良いヴィブラフォンの響きをお届けします。
(こちらは、妙蓮寺の演奏ではありません)






コメント

非公開コメント

横浜はそもそもジャズの街ですので、特に秋はあちこちでジャズ祭が催されますが、
ほんのご近所でしかもヴィブラフォンの演奏とは、羨ましいです!
あの共鳴音、何とも魂を揺さぶられますよね。しかもスタンダードナンバーとは、
これまた自然に体が揺れてきます。
お寺でジャズ、実はあちこちで試みられていまして、、、
私の元の住まいから徒歩15分でした阿佐ヶ谷ジャズストリートでも23,24日に、
また25日の深川のジャズミー横町でもお寺の本堂や境内で演奏されます。
特に本堂などの閉鎖空間では、おそらく適量の金属パーツに反射するせいか、いい音が醸成されますよ。

セージグリーンさま
なるほどー、お寺でジャズ、流行っているんですね。
こちらは境内でしたが、マイクが良いのか音も割れずに、いい感じでしたよ。なんか、秋はジャズですよね〜♪

こんにちは! 野外フェスがめっきり減った中、
ご近所でアウトドア・ライブとは、何とも贅沢な
良い時間を過ごされましたねぇ。
開放感があって、愉しさ倍増ですね。
ヴィブラフォンは、ペダルを操作する脚の動きにも
注目しちゃいます。

絵美さま
はい、楽しかったです。ジャズを外で聴くっていうのも、いいものですね。子供達は隣の広場でジャズに合わせて踊ってましたよ(笑) ヴィブラフォン、そうなんですか? 遠かったので足まで見えませんでした。
もしかするとヴイブラソニックというやつかもしれません。(その辺の違いがよくわからなくて・・・)もともと、お父様が宅間久義というマリンバ奏者で、弟さんも奏者という家族ぐるみの音楽一家なんですね。反町出身ということで、ご近所さんなので応援したいと思います。(笑)