絣・絣・絣

昨日まで秋晴れだったのに、その日は朝からの雨でちょっと残念
でしたが、雨の鎌倉も、風情があってよかろう、と完全防備で
向かった先はこちら。


絣展の看板
北鎌倉の古民家ミュージアムで行われている「絣」展


          古民家ミュージアム
          ミュージアム入り口


藍に絣というのは、本当に懐かしくて、暖かくて、ホッとする、というのか
故郷に帰ったような・・・そんな気持ちにさせてくれます。


          狛犬?
          ミュージアム入り口では、獅子さんのお出迎え。


展示品は撮影出来ませんでしたが、大きな布団から小さな子供用の着物、
端布まで実際に人々が暮らしの中で使っていた絣が(あ、そうそう鯉登りも)
当時の日本人の美意識の高さを物語っていました。
藍といっても瓶覗きから黒に近いものまで、いろいろでそこに地の白がクッキリと
あるいは、薄く模様を描いています。
この模様がまた、素晴らしい。女の子用でしょうか、貝に桜とか、男の子は
車に毬とか。また子を想う親の気持ちは昔も今も変わらず、子供の着物の
背中に付いた背守りが(これが大きいの)印象的でした。


この日、ごいっしょしたのは着物友の岡田知子さん。

          絣展、知子さん
          ミュージアムのお庭で記念撮影。

 申し合わせた訳ではないのですが、この日は彼女も私も木綿の絣着物
でした。雨の日には、気を使わなくていいので本当に楽ちんです。
美しいし、暖かいし、汚しても洗えるし、木綿の着物は確かに実用性No,1
ですねぇ。そこに藍がくわわれば防虫効果もあり、布が強くなるし、言うことなし
です。


知子さん、帯
知子さんの帯がこれまた、可愛い。絣の普段着にはこんな
結び方もいいもんですねぇ。


ミュージアムで日本の絣を堪能した後は、腹ごしらえ。
鎌倉で有名な精進料理のお店「鉢の木」へ。

          鉢の木


並んだ朱の漆椀の向こうに藍の絣が、なんとも美しくて
思わずパチり。
 精進料理




ランチの後は松岡山、東慶寺さんの松岡宝蔵でやっていた
吉岡幸雄コレクションの「絣」展へ。

           絣展、DM

こちらは、同じ絣でも外国のものが中心です。
インド、インドネシア、フィリピン、アフガニスタン、ペルシア、フランス
など、絣というのは世界中にあるもんです。
その中で「あ、これは!」と、思わず駆け寄ったのは、ウズベキスタンの
布(洋服の形になっていました) 
私が数年前に灯屋さんで「外国の布を帯にする」展で、一目惚れして
求めたものとほぼ同じ柄。

          ウズベキスタン、ペーズリー帯
          これがその時の帯です。展示してあったものは
          もう少し、色があせていたような・・・


ウズベキスタンのオールドアドラス、ペイズリー文様。
王族がなにかの儀式の時に首からかけたストールだったと聞きました。
吉岡先生のコレクションと同じとは嬉しいぞ。
シルクロードの風を感じて、早速この秋には締めましょう。
(簞笥の肥やしになっていたのに、現金なものです。笑)



東慶寺、松岡宝蔵
東慶寺の松岡宝蔵。
白やピンクの満開の秋明菊。雨にぬれて、頭が垂れる姿がまるで
「いらっしゃいませ」とお辞儀をしているよう。


秋明菊ホトトギス


冒頭で残念な雨、と書きましたが、雨にぬれた秋の草花は
しっとりつややかで、雨が音を吸うのか静かな静かな鎌倉で
ありました。美しい絣をたくさん観て、美味しいものを食べて
自分もまた絣に包まれて、何とも幸せな絣日和な一日でした。


そうそう、知子さんの雨ゴートと傘がまた雨に映えて、これを
載せなくては・・・
          赤い傘の知子さん




この日の私は
          私の久留米絣
久留米絣の着物に、まほろば絣の帯(紅葉の銀杏を意識して)
帯揚げは薄緑、帯締めは緑がかった青です。


まほろば絣の帯、お太鼓
お太鼓。














コメント

非公開コメント

着物で雨の鎌倉なんて絵になりますね〜♪
私は絣着物って着こなす自信がなくて、苦手意識があるんですけど、
おふたりともそれぞれにお似合いなコーデで、
さぞ素敵な絣シスターズだったでしょうね。
2ショット写真も拝見したかったわ〜

櫻子さま
そうなんですね、綿の絣は昔から仕事着なのでお出掛けにはどうなのかしら?という所はありますが、この日は雨、鎌倉、絣展、と条件が揃ったので、着て行きました。これが都会へ行くとなるとちょっと無理だったかも・・・。やっぱりTPOはあるかもしれません。

あらステキ〜 i-233
へへ、じつはワタシも絣が苦手の方でして i-229
お2人の着こなしを見習いたいです。
ワタシの木綿絣(弓浜)は正絹の胴裏が付いてて洗えない〜 i-232

香子さま
そう言えば展示の中にありましたよ、綿の着物に正絹の裏。へ〜、そういうのもあるんだ、と感心してしまいましたが、香子さんがお持ちとは。贅沢なきものですよね。確かに洗えないのは残念ですが・・・。

こんにちは! お二人とも雨けぶる景色に溶け込んで、
素敵ですねぇ。Tomokoさんの秋の赤、大人可愛いですね。
朋百香さんの銀杏を意識した帯合わせも、実に秋。
灯屋さんでお求めになった帯が、吉岡コレクションとは
嬉しいですねぇ。ぜひぜひ、締めたところを見せてくださいね。

当日はおつきあいいただいてありがとうございました。
小雨模様でしたが、ある意味、いい着物の散歩日和でしたよね。
鎌倉、思い込んでたのと違って近いじゃん?!って。
京都はめったに行けないですけど、鎌倉で旅気分味わうのもいいかもですね。
神奈川はいいなあ〜!観光気分いっぱい味わえますもん!笑

鎌倉はわが家からは1時間足らず、叔母が住んでいたので思い出の地でもあります。
こちらの展覧会、是非行きたいと思っていましたので、ありがたく拝読しました。
あの赤煉瓦久留米絣会の時のお召し物に銀杏を意識した帯合わせ、ステキですね−。
エスニック布同好の士としては、ウズウズしてしまいます。
立て込んだ用事が終われば、来週後半には伺えるかな、、、と思っております。

絵美さま
北鎌倉に行ったのは、随分久しぶりですが、横浜組には行き易い所です。また今度、何かの展示の時にはご一緒しましょう! 

tomokoさま
こちらこそ、ありがとうございました。ちょっと寒かったですが、リフレッシュ出来ました。空気が美味しかったのは、雨のせいかしら? やっぱりあれだけ樹があると違いますよね。今度はお天気の良い時に、ちょこっとお散歩もいいかも。美味しそうなお店も、いろいろありましたしね。

セージグリーンさま
あら〜、セージグリーンさんもお近かったんですね。なかなか良い展示でしたよ。都会のギャラリーと違って、のんびりした感じがまた良かったです。北鎌倉、いい所ですね〜。
プチ旅行気分でした♪

こちらの展示 東京にいる間に見に行きたいなあと
思っていたのですが、ばたばたして行けませんでした。
11月にも また少し長くいくので 東慶寺だけでも
行ってみたいものです。

お二人の(tomokoさんとこも拝見)紺絣姿、それぞれの
個性が出ていて とてもお似合いです。
雨の北鎌倉に映えておりますね。

風子さま
ありがとうございます。
京都とはまた違いますが、古都というのは風情がありますね。今度はお寺に写経にでも行こうかしらん、と思ったりしています。