意外な組み合わせ!


内藤さん DM

こ〜んなDMが届いたので、行ってまいりました。

あのA&S(アーツ&サイエンス)とあの、祇園 ない藤さんがなんで
結びつくのか不思議だったので、覗かずにはいられませんでした。


        店内、その1

聞けば、A&Sのデザイナーさんがお着物をお召しになる方で、
ない藤さんに行ったのが縁だとか。
ご縁とは面白いものですね。


私の中では、A&Sはお洒落の最先端(もちろん、洋服の) 片やない藤さんは
京都の老舗の履物屋さんですから、この結びつきが楽しくてたまりませんでした。


店内、その2

会場にはカラフルなお草履がずらり。
生憎、あの元気印の女将さんはいらっしゃらなかったのですが、案内の
方がいろいろと説明してくださいました。

ない藤さんの草履はほとんどが、マエツボが赤なんですが、これは魔除けの
意味で赤を使っているのだとか。
知らなかったな〜。
以前、頂いたものが何か派手に思えてツボを変えようか、なんて思っていたの
ですが、魔除けと聞いてはこのままにしておきます。はい。



極めつけはこちら。
水晶のうまった草履

水晶が埋まったお草履。
古から履物というのは、足を守るために履くもの。もっと言えば、足の裏から
魔が入らない為でもあったようです。 自分の立っている所がイヤシロ地になる。
そんな発想からこの水晶草履は生まれたものだそうで、京都らしいな〜と思いました。




ASとのコラボ作品

今回、A&Sとコラボで作ったのがこちら。
左の紺色のが和紙にコーティングしたもの。右の白いのは布にコーティング
したもの。バッグも使い易そうで、グググッと惹かれたのですが、ガッと
押し留まり、手前の一番上の白の小さなポーチを記念にお願いしました。
これが、綺麗な白で、中がまた綺麗な赤。
な〜んか、おめでたいじゃありませんか。
残念ながら、会期が終わるまではお持ち帰り出来ないということで、
届くのを楽しみに待つことにしました。


祇園 ない藤 展示受注会
会期:10月10日〜10月18日 12時〜19時まで
場所:東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109
Arts & Science アット ザ コーナー
電話:03-6418-7960

Arts & Science







コメント

非公開コメント

ほおお、こんなコラボが。
でも、A&Sとない藤、さすがな感じですね〜♪

ん?あれ?見覚えのある会場の住所。
そういえばこの建家の最上階に私の恩師の一人がお住居です。



tomokoさま
え? そーなの? また良い所にお住まいで。
根津美術館の道を挟んで反対側のマンションです。A&Sって
shoes and shingsとか、この辺に点在していて、危険極まりない場所です(笑)もう少しするとdosaの秋冬ものが入るのだとか・・・dosaのワンピース、いつか欲しいな〜。
(ああ、収まっていた物欲が、ムクムクと・・・きっと秋のせいよね〜)

まあ〜、ない藤さんの草履!
憧れなんですが、憧れのままに… i-179

香子さま
何年前だったかな〜、文字通り京都に行って清水の舞台から飛び降りちゃいましたー(笑)でも、メンテはいつでもしてくれるし、一生ものというより孫子の代までいけるかも・・・。

こんにちは! 私もDMいただいていたのですが、都合がつかず…
何だかいろいろと、感性を刺激されそうな店内ですね。
水晶ときいて、目を皿のようにして(笑)写真を眺め探してしまいました。
足を守る。。。確かに。私ももっと、草履を大切にしよう~。

絵美さま
古都京都に明治時代から続くお店ですから、やっぱり普通の履物屋さんとは考え方が違うように思います。
確かにお値段もいいのですが、一生ものは間違いないし、軽いし、あの丸っこい形は安定感が良いし、そりゃ履き心地も最高です。
気を使わずにガンガン履けるカレンブロッソとは、また別ものです。
履物も奥が深いですね。

まるっきり着物初心者の頃に京都旅に行きまして、無謀にもない藤さんに入った瞬間、私の来るべきところじゃなかったのを察知。店内を一周して出てきた思い出が…(苦笑)
今なら大丈夫かしららら?

櫻子さま
私もね、初心者の頃でしたよ。値段も分からず、というか勝手に草履ならこのくらいだろうと思いこんで、全部調整してもらっていざお支払いの段になって、ぶっ飛びましたが、結局カードで買いました。(笑)今となっては良い思い出です。でも確かに疲れないんですよね。ものの価値なんて、人それぞれですから。草履にこんなに払いたくないと思うか、草履こそお金をかけようと思うか。あの時は勢いでした(笑)。