お墓参り

子供の頃から親に連れられて何の疑問も持たずに行っていたお墓参り。
今さらですが、お彼岸とは何ぞや?と思い調べてみました。

「彼岸」とはサンスクリット語の「波羅蜜多」からきたものと言われて
います。今、私達が生きている煩悩と迷いの世界である「此岸(しがん)」
その私達が「六波羅多」の修行をすることで「悟りの世界」すなわち
「彼岸(ひがん)」の境地へ達することができるというものだそうです。

春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び
この期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことができると
されています。

でも、不思議なことに「お彼岸」は日本だけなんですね。
他の仏教国にはこういう風習はないのです。
これは、正月など神道にまつわる行事を行いながら、仏教の釈迦の
教えも受け入れてきた日本人のおおらかさの現れではないでしょうか。
また、自然に対する感謝(春の種まき、秋の収穫など)の気持ちが
ご先祖様への感謝ともつながったという見方もあるようです。


       彼岸花



秋の穏やかな日差しの日に○子ちゃん家族とお墓参りに行って
きました。 親から子へ、またその子へと先祖に対する感謝の気持ちを
言葉でなく形で伝えてゆく、お墓参りは日本の素晴らしいセレモニー
なんですね。
何も分からないながらも、パパやママの真似をして小さな手を合わせる孫は
いつにも増して可愛らしいこと。

お参りを終えると肩がスーッと軽くなったような気がしました。
○子ちゃんが来たのでご先祖さまが喜んでらっしゃるのかな?






コメント

非公開コメント

お墓を守るものとしては
春秋のお彼岸とお盆のお墓参りは欠かせませんねえ。
でも婚家のお墓に入りたくないな〜なんて
密かに思っているダメ嫁なワタシです(苦笑)

香子さま
はい、両彼岸とお盆は年中行事ですね。うちは娘二人なので本当はお墓を守ってくれる人がいないんですが、結婚する時に婿に頼みました、うちのお墓も守ってくれと。幸い(と言うのか)婿さんは二男なので、別に抵抗はないみたいです。

「婚家のお墓に入りたくない・・」私は逆に父がいい歳をしてから再婚したので、絶対あっちには入りたくないです!。人生いろいろありますね(笑)

お墓参り、好きです。特に実家のお墓のある墓地が好き。
お寺さんなのですが、不思議と落ち着きます。
私より年下の義姉は「うちの子たち(男2人)は『お兄ちゃん、面倒くさいからお墓止めない?』『うん、止めよう!』って話してましたよ」と笑って言っていました。
「へえ~」ってこちらも笑って聞いてましたけど、
内心「それを私に言うか?!」って思いましたね。

れいうささま
「面倒くさいからお墓止めない?」って、若い人達はだんだんそうなってきてしまうのかしら?今に「ネットでお墓参り」とかになったりして・・・。
私もお墓にゆくと落ち着きます。古いお寺で、お庭もあって、情緒のあるお寺です。
帰りに名物のお煎餅やさんに寄ってお土産買うのも、楽しみの一つ。(笑)

我が家は次男なので自分たちの代で考えねば・・・ 
誰かさんは屋上果樹園作るぐらいなので 樹木葬? 海へ散骨?などと申しておりますが
子供の頃から祖父母とお詣りしていた私にとっては 残された者に必要と思います
さて我が家事情はどうなりますか 

先月の命日にお墓参りできなかったので 母の月命日に高速飛ばそうと思っています

お孫さんとご一緒にお墓参り、、、ご先祖様もお喜びになったことでしょう、お疲れ様でした。
私も先日実家に戻る途中に空港から霊園に寄り、墓参りと言うより墓掃除(雑草抜き)をして参りました。
彼岸を過ぎ、誰も周りにいないのをいいことに、あれやこれやと報告を兼ねて話しかけながらの作業、傍目にはきっと怪しいおばさんに映ったことでしょう。
でも、私も何だか落ち着きます。今ここにあるのは、ご先祖様のご加護のおかげですものね。

sachikoさま
あれ?次男さんだとご実家のお墓に入れないのですか? 考えてもみませんでした。でもお墓事情がいろいろと変わる現代ですから、いろんな形があって良いのかもしれませんね。

セイジグリーンさま
彼岸を過ぎて人影の少ないお墓というのも、いいですね。確かに誰もいないと、話しかけてしまいそう(笑)
いつも見守っていてくださって、ご先祖さまはありがたいです。