空っぽの引き出し

先日、簞笥の引き出しを整理しているうちに、ふと「私は何だろう?」
という疑問がわいてきました。
主婦(妻)、母親(祖母)、仕事する私、絵を描く私。
主婦=妻というのは、家事がほとんど夫に関すること、つまり洗濯や
食事の世話など。今や夫と二人の生活なので、これは同じカテゴリーで
いいかなと思います。

とすると、だいたい4つの引き出しを持っていることになります。
いつも「どれか」をあけて、「何か」になっている私。
毎日、この4つの引き出しをあけたり、しめたり、ごくごく自然に
やってはいます。
でもねぇ・・・『?』

そんな時、いつもアドバイスをくれる友人が「空っぽの引き出しを
作ってみたら」と言ってくれたのです。
これには目から鱗でした。
引き出しの中には、何かが入っているものと思いこんでいた私の
概念がガラガラと崩れました。
そうか・・・空っぽの引き出しがあってもいいのか。

そろそろ空っぽの引き出しを作っても良い頃です。
妻でも母でも何ぁ〜んでもない私。

実際に簞笥の引き出しにも空のスペースを作ってみました。
その空っぽの引き出しの中に、実は今、私に一番必要なものが
入っている・・・ような気がします。



メドウセージ
メドウセージ







コメント

非公開コメント

空っぽの引き出し、って主婦でも妻でもない、ただの
「わたし」かなあ?
最近、この「わたし」が暴れ出していて(?笑)
大変です。ふらっっと一人旅にでたくなったりね♪

sognoさま
「わたし」もあります。ただ今は、フラッと一人旅は無理なので、プチで我慢です。いつかフラッと一人旅出来るかなぁ・・・?今は空っぽの引き出し眺めて、あれもしたい、これもしたい、あるいは何にもしたくない・・・と遊んでいます。「何もしたくない」は、最近のお気に入り(笑)
でも不思議なもので、実際空の引き出しを作ると自分の中にも、空の引き出しがあるようで楽しいです。人間、余裕とか余暇とか余韻とか必要ですよね。そんなものを常に意識していたいな〜と。あ、ここには「時間」が入っているのかな?目に見えないだけに、想像すると面白い。

私は逆に実家を出て1人で暮らしていた時間がうんと長いので
ほんの数年ばかり前に出来た妻という時間がまだ珍しいんですけど、
私の場合は「閉まらない引出し」がいくつもあるかも〜。笑
空っぽの引出しっていい発想ですね♪
空っぽだけど、なぜかそれも豊かさのひとつっていうイメージがわいてきます。

大切な物は目に見えない、、、ですものね。
じっとしていても次から次に用事が舞い込んでくる私たち、、、空っぽの引き出しはむしろ必要で、何も入っていないように見える空間に、贅沢な時間が見つかるかもしれません。

私は若い頃から旅は一人が好きです。
母としての役目は終わっても、他の役目はまた終わっていませんので、日常から離れるためには、私には一人旅が必要なのです。

わが家のキャビネットの空っぽ空間は、急な来客があるときの「ぼろ隠し」スペースですけれどね(^_^;)、、、。

この記事を読んで考えてみたのですけれど、
私ね、昔からずっと空っぽの引き出しを持っていたみたい。
そんなにはっきりとした捉え方はしていなかったけれど。
まあどちらかといえば、引き出しがいくつかあるのではなく、
一つしかない引き出しの中がなんとなく仕切られていて、
(なんとなく、ってところに性格が表れてます)
その中には何もないスペースもある、って感じなんですけれどね(^_^;)

tomokoさま
「空」ってカラなんだけど、おっしゃるように逆に豊さを感じますよね。物があふれる現代は特に。物がたくさんあれば幸せとは限りませんものね。「心の時代」と言われる所以ですね。
でも「空」だと、つい何かを入れたくなる悪いクセ、なおさなきゃ・・・(笑)

セージグリーンさま
あら〜、セージグリーンさんはいつも一人旅ですか?いいですね〜。私も夫が元気な時には、ちょこちょこ行かせてもらってたんですが、暫くはお預けかな・・・。

キャビネットの「ぼろ隠しスペース」、いいですね〜。
いいんですよぉ、ぼろ隠しでも何でも、空間があるっていう事が必要な気がします。空間があれば何でも入れられますから。うちも作ろっと、キャビネットに空間を!(あるいは隙間を)笑

れいうささま
私もね、れいうささんってそんな感じの人って思ってました。私は若い頃からぎちぎちで来ちゃいましたから、羨ましいな〜。なんでもっとユッタリと生きてこなかったんだろう?って。でも、時代とか環境ってのがありますからね。
これからです、空の引き出し、増やしてゆきます。
空だらけになったりして・・・(笑)

読ませていただいて、、、
私はここしばらく、タンスの引き出しを全部 引きだして
逆さに振って むりくり空にする作業をしているように
思います。
むりくりは 弊害が出るので、ぼつぼついこうと、この頃思うのでした。

生きているうちに 空 の感覚を味わうのは 難しい
かも、なので、その一歩手前を知りたい、のは わが
ままかもしれませんね。

朋百香さまの 美しい空の引き出しが見つかりますように。

全部の引き出しに目一杯詰め込むのは無理です〜 i-201
腹八分目…というかそれぞれ五分だったり二分だったりです。
はっきり言ってワタシは完璧なものは何も無いです i-229
多分トータルで十になればいいかなあといい加減(笑)
どっか空っぽ(隙間)のモノがあると安心しますよね。

風子さま
はい、心の引き出しはなかなか空になってくれません。空いたと思ったら、また次のものが入ったりして・・・。ですが、実際の簞笥を空にしたら、こんな感じっていうのが、視覚効果って言うのですかね、心の方にも影響するのではないか、と密かに願っている次第です。(笑)

香子さま
おっしゃる通り。完璧は無理なのに完璧に近づこうとして疲れてしまっていた私でした。(これ、性分なんですね)なんでも程々、良い加減がベストですね。

部屋の中のいろんな所に隙間が出来たら、何かこう軽くなったような気がします。まだまだ隙間作る余地あるぞ〜。(笑)