「服を買うなら、捨てなさい」

たまに整理本を買っては、その気になって整理する私。
今回はこんな本に出会いました。

       服を買うなら捨てなさい


*好感の持てる若々しい姿とイタイ若作りは違う。(アイタタタ!)
*安いとつい何も考えずにパッと買ってしまう「安い服」の罠
 (本当はあまり必要ないかったりするんですよね)
*高いか安いかは着用回数で判断する。(これは買う時の良い
  判断基準です)
*おしゃれな人はワンパターン。(自分のスタイルが出来ているって
  ことなんですね)
*いつでも家出できるくらいの量の服で暮らす。(この表現には
  笑っちゃいました)
etc,etc,

著者はスタイリストさんなので、この道のプロ。
プロの目から見た厳しいチェックは、小気味好いです。

私は大きな勘違いをしていました。いつもワンパターンになってしまうのは
お洒落じゃないと思ってました。
著者曰く、実はこれ「自分のスタイルが確立している」と言う事で、
これこそがお洒落なんだそうです。
確かに、いつも同じだからたまにはスカートでもはいてみょうか、と
あまり似合わないのに無理にはいた日に限って、バッタリ知り合いに
会ってしまったり・・・って事ありますよね。

後、怖いのはストレスが溜まって、服を買いたくなる衝動にかられた時。
そういう時は判断をあやまること大なので、高級タイツやウカのネイルオイル、
ロクシタンのハンドクリームなど、普段買わないプチ贅沢なアイテムを買って
気分を上げる。のだそうです。なる程、こういう消耗品なら、後悔しないかも。

「必要なのは『ない』という不便に慣れ『工夫』という知恵を生むこと。これが
センスアップにつながる」
のだそうで、確かにおっしゃる通り。
でもこれ、服についてだけの話じゃありませんよね。
生活のすべてに言えること。
う〜ん、今までの生活を見直す良い機会かも・・・。

本を読み終わると、すぐにクロゼットに向かったのは言うまでもありません。


「服を買うなら、捨てなさい」 地曳いく子・著 宝島社


「捨てなさい」はちょっと過激な言い方ですが、もちろん私は近所の
リサイクルショップに持ってゆきます。
十分に着た服、着ようとしても鏡の前でいつも挫折した服、今の私には
似合わなくなってしまった服、どの服にも「ありがと」を言って、新しい主人の
もとへ送りだしました。

と、言う訳でGパンにTシャツ(秋はTシャツの代わりにセーター、
冬はその上にダウン)という私のスタイルは自分に合っているのだと
改めて認識できました。
ヨソユキの服は「きもの」があるので、これでOK。
やっぱりきものはコストパフォーマンスが良いですよね。
それこそ何年着られることか。
夏場はお休みしていたきもの。
そろそろ秋の準備にかかりましょうかねぇ。





コメント

非公開コメント

> GパンにTシャツ(秋はTシャツの代わりにセーター、冬はその上にダウン)
> という私のスタイルは自分に合っているのだと改めて認識できました。
> ヨソユキの服は「きもの」があるので、これでOK。

ほぼワタシも↑とご同様でございます i-179
シーズンのトレンドといわれてもへそ曲がりのBなので
皆と一緒のスタイルは嫌だし(笑)←ガウチョ買ってない(爆)
好きな服(和服も含む)を着てればいいんですよね〜♪

香子さま
そうそう私達には和服というつお〜い味方がありますもんね。しかし、へたれな私は気温30度をこすと着物は挫折。真夏のお出掛けは、もっぱらワンピースでした。いつも香子さんや、絵美さんはエライな〜と思いながら・・・。

あいたたた、、、、、
お買い物 一般に言えることですね。

思えば、今あるもので もう死ぬまで なんとかしようとすればなんとかなるような気がします。
もうかなり物欲は減っていますが、家出できる量まで減らすのは難しいかもしれません。
って それってどのくらいでしょう 笑

こんにちは! なーるほど、ストレスがたまっているときには
「面積の大きいもの」には手を出さないのが得策ですね(笑)。

秋から冬へ。ワンパターンでもちょっと小技を効かせた
オシャレができるのが、きものの良さかな・・・。

地曳さんの本、ちょこちょこ読んでいましたが、こういう
本もあったんですね。面白そう!

う~ん、言い得て妙、と頷くことしきり。
最近衝動買いが出来ない環境になり(笑)やってはいませんが
昔そこそこ収入があったときは、時々・・
そうか、そういう時は小物にいけばいいのですね。

そういえば、朋百香さん、「フランス人は10着しか服を
持たない」という本はもう読みましたか?
こちらも結構面白かったですよ♪

風子さま
「家出できる数」って、トランクに入るくらいですかね(笑)具体的に、ワンシーズンに必要な枚数まで書いてあるのですが、とても少ないです。え、これでやっていけるの?ってくらい。Tシャツなんて洗い替えが必要ですものね。洗濯が忙しくなりそう。でも買わずに、減らすってことを続けていたら、理想に近づけるかも・・・。ちょっと頑張ってみようかと思います。

絵美さま
絵美さんはお出掛けはほとんどきものだから、洋服の数は少ないでしょ?羨ましいです。本当はそうなりたいんだけど、洋服も好きなので、つい・・・が未だにあります。きものは、形の流行がない分、安心していつまでも持っていられますよね。今シーズン着なくても、来シーズンがある。その点、洋服はやっぱり形が古くなるって事、ありますよね。(例えば肩パッドとか)

sognoさま
「フランス人は10着しか服を持たない」読んでみた〜い。ヨーロッパではクローゼットはなくて、洋服箪笥なんだそうですね。そこに入る分しか持たない。(たとえお金持ちでも)その代わり、質の良いものを買うのだとか。夢のクローゼットなんて(アメリカ映画に出て来る部屋みたいなヤツ)あれは最悪なんだそうです。ああいうのは、専属スタイリストさんが付いてないと、どこに何があるか把握できない(笑)そうでなくても、去年何を着ていたかなんて忘れてますもの。自分の覚えていられる数が自分が持ってもいい数かな、って最近は思います。(そうすると、年々減ってゆきそうですけどね・笑)

アマゾンのレビューで見ました。(^_-)
「捨て技術」関連本が次々に出てきますねー。
100着近くまで減らしてきましたので、いたみの早い夏のTシャツやシャツ類を買い換える以外、大物は大事に着るようにして増やさないように心がけています。
私も普段着はワンパターンもいいところなのですが、それでいいのですね。
バッグも重い皮の物は処分、金具のない軽い物に買い換えました。
あとは、ストールや手袋、靴は上質な物を、、、でしたっけ?
ヨソユキにぱぱっと着物、、、はい、そうしたいです。

セージグリーンさま
私は何で見たんだっけなぁ?題名を見た途端、ピッとこれだ!って(笑)いろいろ「整理本」出てますが、お片付けのプロとはまたちがった切り口で面白かったです。私達世代はお出掛や仕事はスーツにパンプスというのがお決まりでしたからねぇ、もうそんなの古いんですね。本当に世の中、カジュアルになったもんです。お陰で紬のきものでもヨソユキになりますが。
重いバッグ・・・私もあったな、そろそろ処分かな〜。

洋服は私もワンパターンですが、もはや否応無しのワンパターン。笑
この記事を読んでいたら、私もまた捨てたくなっちゃいました〜。
新しいのは補充できないですけど。
着物の箪笥もちょっと整理中です。

tomokoさま
きものの簞笥もね〜、見ればきっと整理するものも出てくるのでしょう。ただきものの場合は処分じゃなくて、娘達用に他の場所に移す、とかになるのでしょうが。他の場所がなくて、私の簞笥に振り袖やら帯やら入っています。でもそれを移動すると、空きが出来てまた自分のものを買ってしまったりすると怖いので、やっぱり当分このままがいいのかも。本当は季節でキレイに分けたいのですが・・・。