ハワイ滞在記、その5

7月30日 「ラニカイ・ビーチ」

今回のハワイは娘と孫のお世話に来ているので、観光なんて
考えてもいなかったのですが、婿さんが「どうしても連れて行きたい
所がある」と言ってくれるので、半日だけ案内してもらいました。

ホノルルからパリ・ハイウェイを通って山を越えるとウィンドワード地区。
カネオハ・ベイ、カイルア・ビーチ、ワイマロ・ビーチなど風光明媚な
ビーチがたくさんあります。
中でも全米で最も美しいと言われているラニカイ・ビーチに連れていって
もらいました。

       ラニカイビーチへの道
       こんな細い道を抜けると・・・


ラニカイビーチ1
目の前に現れたのは、青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂。

ハワイ語でラニは天国、カイは海、その名の通り「天国の海」です。

ここの砂はなぜか、シュガーパウダーのように白く柔らかで裸足で
歩くと、本当に気持ちいい。


ここは開発されてなく自然のままなので、シャワーやトイレの完備が
ありません。トイレはカイルア・ビーチで済ませてきましょう。
しかも日陰なし。かなりの強い日差しです。
家族連れで遊びに行く場合はカイルア・ビーチの方が安心ですね。

それでも、ハワイに行ったら一度は訪れてみたい美しい場所です。
夕日が沈む頃も、それはそれは美しいらしいです。


ラニカイビーチ2


そんなに長い時間いた訳ではないのですが、目が青くなる程
海と空を堪能し、1年分の潮風にあたってきました。
いつまでも、ここはこのままであって欲しいな〜。

帰りはまたハイウェイを通って帰りますが、途中下車して記念の
写真を

ラビットアイランドの前で
遠くに見えるのはラビット・アイランドです。


思いがけず、美しいビーチを堪能した一日、婿さんに感謝です。



<つづく>






コメント

非公開コメント

天国の海!

海の色、空の色、沸き立つ雲によりくっきり浮かび上がる水平線と、素晴らしい光景ですね。シュガーパウダーのような砂も、貝殻が長い月日を経て細かく砕けていったのでしょうが、そんな長い時間を経てもなお、この美しい海があり続けることは、年ごとに厳しくなる天候の異変を鑑みると、まさに奇跡としかいえません。
お婿さん、本当にステキな方ですね、羨ましい、、、。

セージグリーンさま
はい、もう美しい!の一言です。そうか、貝殻が長い年月かけてあの砂になったのですね。そう思うとおっしゃる通り、奇跡のビーチですね。

婿さんはアジア系アメリカ人なので、もの凄く外人という感覚はありません。夫に反対されて5年間頑張ってきた二人なので、今回のbabyの誕生は私も本当に嬉しいです。
あんなに反対していた人とは思えない程、じーじはbabyにデレデレです(笑)