ハワイ滞在記、その1

7月後半は次女に女の子が誕生し、お世話に行って
おりました。
滞在中の様子を日記風に。

7月21日「カルチャーショック」
外国で子供を産んだ経験はありませんから、日本との違いを
目の当たりにして、「んー」とうなるばかり。
大きな白人のナースの新生児の扱いが乱暴で「Don't touch her!」と
喉まで出かかりましたが、郷に入っては郷に従え、この国で生きて
ゆく以上、我が孫も強くならねばなりません。

出産後、問題がなければ2日で退院させられますが、これにもビックリ。
日本では初産の場合は5日くらい入院してますよね。
その間に新米ママに赤ちゃんの世話の仕方を教えてくれたり、日本は
きめ細やかな国だな・・・と、つくづく思いました。

アメリカは個人主義というのか自由主義というのか、本人次第。
分からない事は聞くか調べるか、日本のように懇切丁寧に教えては
くれません。出産後にbaby doctorがつくのですが、これもあまり親切
な先生とは言えませんでした。

それでも何でも、退院後は自分たちでやってゆくしかありません。
試行錯誤しながら娘は育児に奮闘し、私は後方支援
(食事の世話とか洗濯とか)に徹したのでした。


ソフィーの手
鼻から上はママ似、口はパパ似のSちゃん
皆んなの愛をいっぱい受けてスクスク育て!

<つづく>




コメント

非公開コメント

おかえりなさ〜い&おめでとうございま〜す v-314
無事ご出産だった由、どなたかのコメント欄で拝見し安堵しておりました。
あぁ、ワタシも早く孫の面倒を見てみたい。。。i-179
ってか、新生児見てみたい〜! 懐かしすぎる〜!

最高気温を更新した昨日、避暑がてら美術館行ってきました。
着物(浴衣でしたが)でちょうど良かったです〜。

香子さま
ただいま〜。新生児って言っても、最近はもう私達の頃とは違うんですよ。目は開けてるし、手も開いているし、本当にビックリです。進化してるんですかねぇ?

ええー、あの殺人的な暑さの中、行ってくださったんですかぁ? いや〜、申し訳ない。ありがとうございます。
何とか期日を変えてもらいたい、と担当者に言ったんですが来年ももう同じ時期でとれてるそうです。ガッカリ。

お帰りなさいませ&お疲れ様でした。
最近、岩手の姪が出産し、その様子が姉から逐次報告入ります。
何でもマタニティブルーの典型的な症状・・
こちらも心配していたら、最近では少しずつ強くなってきている
とか。出産は女の一大事業。サポートは大事です!

海外でのさりげない挨拶、だーーいすき♪
言葉って潤滑油。お互いの気分がリラックスしますよね~

sognoさま
はい、ただいま。なにしろ次女は外人と結婚して、外国で出産するようなPioneerですから、こちらも頭を柔らかくしないとついてゆけません。(笑) でも、この歳になっていろいろと初めての経験をさせてくれるので、面白いです。
英語の名前の孫ができるなんてねぇ、想像もしませんでした。さあ、頑張って英語のお勉強をして、孫と話せるようにしなくては・・・。

きゃい〜ん♡と思わずつぶやいちゃったSちゃんの手って♪
無事の出産で本当によかったです。
母子ともにこれからも健やかでありますように。
遠く離れていても、○子ちゃんにもいい従妹ができてよかったですね。
来日のさいにはお目にかかれる機会があるといいなあ〜♪

お帰りなさいませ!

ベビーのお誕生、おめでとうございます。
お健やかに成長されますよう、お祈りいたします。
海外での育児のお手伝い、お疲れ様でした。
お産は病気ではないとはいえ、2日で退院とは、、、
産婦さんは感染症,ベビーはこれから黄疸なども出てくることがあるのに、、、
心配しちゃいますよね。

英語の名前のお孫ちゃんかぁ、憧れます。
わが家は今年もウンともスンとも、、、。

tomokoさま
ありがとうございます。
最近の新生児は目も開いてるし、手も開いてるんです。私が産んだ頃は固く握っていたんですが・・・。進化でしょうか? ビックリ。この冬に来日するのが待ち遠しいです。

セージグリーンさま
ありがとうございます。
ほんと、退院直後は心配だらけでしたが、日が経つにつれ、母子ともにだんだん落ち着いてきて、ホッといたしました。
母子ともに健康である事にただただ、感謝です。
人って生きているのではなく、生かされているのだな〜と、強く感じた今回の旅でした。