あじさい、紫陽花、アジサイ

『夏もなほ 心はつきぬ あぢさいの よひらの露に月もすみけり』 (藤原俊成)

なんとも幻想的な美しい歌です。
俊成さんも、紫陽花が好きだったんでしょうねぇ。
我が家の紫陽花はやっと、色付き始めたところです。


本物の紫陽花



簞笥の中の紫陽花は、綺麗に咲き誇り、出番はまだか?と、
待ち受けています。
が、このところ ちょっと体調を崩し 果たして今季、紫陽花の帯が
締められるのやら・・・?


紫陽花帯、お太鼓
薄いピンクベージュの単衣の小紋に合わせて・・・。


私にしては珍しい季節ものの染め帯。
やっぱりタイミングが難しい。

まあ、急ぐことはないですね。
来年も紫陽花の季節は巡ってくるのだから・・・。



       紫陽花帯1
       帯前はこんな感じ。これは、以前に撮ったもの。
       白鷹織りの単衣に合わせています。



紫陽花、植物画
これは昔、植物画を描いていた頃の作品。
まだ始めて日も浅かったので、葉の線とか葉脈が固いですねぇ。
こんな細かい花を3本も よく描いたものです。
若かったんだなぁ〜。

ところで、紫陽花の葉や蕾には毒があるそうです。
あんまり綺麗だからって、料理の彩りに飾ったりするのは危ないです。
間違って食べたら、大変な事になりますから。








 

コメント

非公開コメント

なかなか体調が戻られないご様子…。
今までのお疲れが出たんでしょうねえ。
どうぞ ごゆっくり養生されて下さい。
そうです、紫陽花は来年も咲きます♪

香子さま
ありがとうございます。
今回は今までのように、テキトーに治してまた動き出すのではなく、じっくり、身体の声に耳を傾けながら・・・を大事にしていますので、時間をかけようと思っています。
日常生活は普通にしてますので、ご安心ください。
ご心配頂いて恐縮です。

こんにちは! あら~可愛らしい。
お花(がく?)同士がきゅっと詰まった、手毬のような紫陽花も
いいですが、
こちらの帯のは、ほどよく抜け感があって、デザイン化されているので、長く締められそうですね。
私は、佐藤先生のところで開催された「日本の浴衣展」で、
遂にテッセンを手に入れましたよ~♪

お体のお加減いかがでございますか?
紫陽花の咲き始めの緑が勝っているこの雰囲気が好きです。
この紫陽花の帯、色々な色が使われているけど、ハーモニー。素敵です。いつか、紫陽花の帯を・・・と思うのだけど、まだ?手を出しておりません。来年ありますものね。
どうか、ゆっくりご自愛くださいませ。

私もこのごろ道を歩いて、アジサイの色付きに
おや、もう???って思って写真をぱちぱち。。。な状態です。
前線はもうそこまできていますね〜。
どうぞの〜んびりゆったり梅雨を味わってくださいませ。

毎年、お花の時期が前倒しになってきているように思いますが、わが家の周りにも種々様々な紫陽花がほころび始めました。満開が待たれますね、、、。
染め帯もステキなお色、いかにもお似合いになりそうで、お召しになったところを想像しています。
ご体調が優れないとのこと、還暦は厄年ですので、どうかくれぐれもご自愛くださいませ。

絵美さま
あら〜、テッセンも素敵〜!
さぞや華やかな浴衣(?)でしょうね。
デビューを楽しみにお待ちしますー♪

とうこさま
ありがとうございます。

そう、私もいつか紫陽花の帯を・・・と思い続けてとうとう出会えた帯でした。絵美さんのコメントにもあったように、ぎゅーっと詰まった紫陽花でなく、風がぬけそうなゆるさが今の私にはちょうど良いです。(笑)

tomokoさま
のんびりするって、大事なことなんですねぇ。今さらですが・・・。見えなかったものが見えてきたり、分からなかったことに気付いたり。
人生の節目にそれに気付けて、良かったなぁ、としみじみ思います。いつもアドバイス、ありがとう!
今年の梅雨はカタツムリになります。(笑)

セージグリーンさま
そうなんですねぇ、還暦が厄年とは知りませんでした。
だから赤いもので、厄除けなんですね。
でも、年取った厄はなかなか乙なもので、体調を崩すことで家族が労ってくれたり、なにより夫が洗濯物を干して畳んだりランチを自分で買ってきたり、と急成長(?)をとげました(笑)今まででは考えられないことです。
どんな事にも良い面、悪い面と両方あるもんですねぇ。

その 景色が浮かぶような うた ですね。
紫陽花 大好き。
うちのは 今 蕾ができかけているところ、です。
咲くのを楽しみに。
 
美しい 紫陽花の咲いた帯でおでかけできますように、、、
でも、ゆっくりご養生くださいませね。

お正月に春日大社にいって お祓いしてもらったのですが
女性の60は厄年ではありません、と言われました。
どうなんでしょ。

風子さま
そうなんですよね、神社の厄年の表には60歳ってないのです。でもきっと、心と身体のターニングポイントなんでしょうね。私も今度のことは、今までの生き方を見直す良い機会になりました。いつも家族優先できましたから、これからは自分の身体の事をまず考えようと思います。
ところが、今までそうしてこなかったので、なかなか自分の身体とのコミュニケーションが難しく、毎晩お風呂の中で話しかける変なオバサンになっています。(笑)

その後、お加減はいかがですか?
ご一緒する機会が二つ無くなり寂しく思っていますが、
それより心配のほうが大きいです。
どうぞお大事に。

紫陽花は私も大好きです。
季節の花の帯は良いですね。
締めるタイミングが難しそうで、なかなか手に入れる勇気が出ませんが。

れいうささま
ありがとうございます。皆様にご心配おかけしてしまい、本当に申し訳ないです。でも「神様から頂いた休養」と思い、今回はちゃんと身体の声を聞いてあげようと思います。それに、私が倒れたことで家族の意識が変わり(特に夫が)いろいろやってくれる様になったので、これが一番大きな収穫かと・・・
このまま、段々手抜きの方向で進もうと思っています。(笑)