思い出の排骨拉麺

この日、都内で打ち合わせがあったので、夫と久しぶりに某ホテルへ。
このホテル、若い頃にデートした場所であり、結婚後も家族で
来たりしていました。
と言うのも、ご縁の深い日枝神社と隣接している為、娘達の七五三や
最近では孫のお宮参りもしましたし、いろいろ思い出深い所なのです。
普通は他県へ越してしまえば、それまでなのでしょうが実家の店が
すぐ近くにある為 ご縁が切れないことが不思議と言えば不思議です。

歴史の流れと共にホテルもオーナーが変わり、名前も変わり、建物も
リニューアルしましたので、当時の面影はないのですが、それでも
やっぱり思い出の場所ですから懐かしいのです。

ホテル、花の前で
ロビーにて  春の生け花の前で

ホテルのレストランでは昔の名物メニューが再現されていて、夫は
思わず若い頃食べた排骨拉麺(パーコーメン)を注文しました。
(そう、レストランなのに麺があるのが面白いですね)
でも、当時とは味が違っていたみたいです。
考えてみれば当たり前ですよね。
シェフも違えば材料だって変わっている訳ですから。


オリガミ、ランチ
私は和風ピラフを注文しました。

こうして思いがけず(最初からここに来ようと計画していた訳ではないので)
何年かぶり、いえ何十年かぶりで思い出の場所でのデートとなりました。

若い頃にはこの辺りでバリバリ仕事をしていた夫ですが、最近は東京へ
出てくることも めっきり少なくなり「東京のテンポは早すぎる」というのが
この日の感想だったようです。
歳をとったんだなぁ、夫も私も、としみじみ思いました。
それでもこうして共白髪となって、昔に思いを馳せることが出来る幸せを
感じた日でありました。


この日の私は
伊兵衛織に小倉帯
伊兵衛織のきものに、小倉貞右氏の染め名古屋帯。
オレンジのゼブラ柄の帯揚げに道明の冠組の帯締めは
若草色と白のツートンです。


小倉帯、お太鼓
お太鼓


伊兵衛織といったら、きものの世界では全くの普段着ですが
こうして洋服の(特にダークスーツの)中では悪目立ちせず、
ツィードのスーツ感覚で重宝します。




コメント

非公開コメント

我が家も夫の父が赤坂で生まれ育った縁で本籍地も赤坂、初詣は日枝神社です。初詣の後、暖を取るためホテルで一息入れる馴染みのあるホテルです。でも排骨拉麺は知りませんでした。都内のホテルもこれからあちこち改装されるようで、昭和の思い出の場所がどんどん消えてってしまいますねぇ。
ツィード着物、ほんとにいろんな取り合わせで楽しめますね(^_-)-☆

yukikoさま
そうでしたか〜、知り合う前にどこかですれ違って
いたかもしれませんね(笑)
小学生の頃は、日枝神社が遊び場だったんですよ。
今、駐車場になっている所は、昔は大きな池でした。
確か、ザリガニが釣れたような・・・。
お祭りの時には揃いの浴衣を着せられて、真新しい浴衣の
匂い、今でも覚えています。


こんにちは! 小倉先生の帯が映えますね~。また、ゼブラ帯揚げがとっても品好くアクセントになっていて、新鮮な驚きです。カジュアル用に限らないのですね。私もそのうち、いただこうっと。
想い出の場所で優雅なデート、そこだけ春が一足早く訪れたようですね。

絵美さま
小倉帯、小倉先生の工房に誘って頂いた時のことが
思いだされます。
このセット、秋にも着たのですが、秋は茶系の帯締めと
くすんだピンク系の帯揚げでしたが、今回は
小物で春らしくしてみました。
この道明のツートンの帯締めは今のお気に入りです。

ご夫婦でデート、よござんした♪
ましてや奥さまがお着物なら言うことなしですねえ (^-^)v

香子さま
そうですねぇ、なかなか二人で出掛けることも
少なくなってきましたから、これも良い思い出に
なるんでしょうね。
でも夫は私がきもので行くことを喜んではくれません。
特に仕事がらみの時は・・・
でも私は逆に難しい話をする時こそ、きものパワーで
行きたいのです。
だからこういう時は着ちゃったもん勝ち(笑)

この辺りは、独身時代の仕事場兼宴会場、娘の出身高校も近くてよく行きました。
あのホテルも隈研吾氏の設計でリニューアルしたのですよね。
ゆかりの場所で思い出のお食事、、、長い年月を共にされてきたご夫妻にこそ
ふさわしい趣向ですね。
このお着物も、もう今シーズンは着納めでしょうか?
アカンサスのおみ帯がぴったり、ゼブラ柄もアクセントになって、
小粋ですねー。
いつもながら、ステキな着こなしに惚れ惚れー!

排骨拉麺、だ〜い好き!!
文字面見ただけで口の中に味が浮かぶようです。笑
前にお召しのときも思いましたが、お着物も帯も朋百香さんらしい組み合わせ方♪
(F子さんの言い様を真似させていただいて)
さすが、お似合いになるものがよくわかっていらっしゃるなあ〜!

セージグリーンさま
そうですか、セージグリーンさんもこの辺りでお仕事
されてたんですね〜。
すっかり変わってしまいましたよね。
前のHトンホテルの時は桜並木が綺麗だったんですが、あの
桜を切り倒すと聞いた時は泣きたくなりました。
今でも、あの桜、残しておけばよかったのに・・・と
思います。宴会場の前の道、殺風景ですものねぇ。

おっしゃる通り、この伊兵衛織も最後かな〜と思って
着ました。

tomokoさま
やっぱりtomokoさん、若いのね〜。
私は排骨拉麺、ちょっと油っこいな・・・。

お陰さまでこの伊兵衛織も今シーズン、活躍して
くれました。
実はこの日、黒っぽい帯を合わせようかと思っていたの
ですが、さすがに日差しが春めいてくると、重いですね。
帯揚げ、帯締めも思いっきり春にしました。