移動

タロットカードの絵の完成を一区切りに、絵を描く部屋を長平庵から
自宅に移した。
嫁に行った長女の部屋が空いているので、そこをアトリエとしたのだ。
東南の角部屋で明るく制作にはもってこいの環境。
特に今描いているような抽象画にはピッタリ合っていると思う。


アトリエ1
一旦、絵を描き始めたら、こんなキレイな状態ではいられない。
お見せ出来るのも、今のうち。

具象から抽象画に変わってきてから3年という月日が過ぎた。
和紙と墨とアクリルのミクストメディアというのは変わってないが、
やはり少しづつ変化はしている。

特に昨年から今年にかけての変化は大きいのではないか、と思う。
私の心の変化、というのか、ともかく明るく、軽く、そして楽しく。
重いものは脱ぎ捨てて、新しいスタートをきろう。という気持ちで
描いた第1号は「祝祭」という作品。
今秋のサロン・ドトーヌに応募しようと思っている。
その絵が先日、新しいアトリエで無事に完成し、審査へと旅立った。


       アトリエ2
       色分けした絵の具の入った箱達は娘が
       残していった本箱に収納。


さて、次は今夏の国立新美術館での展覧会にむけて、何を描こうか
・・・?


アトリエ右側











コメント

非公開コメント

質感の美しい、朋百香さんの絵、大好き。
新しい作品、楽しみ!

こんにちは!絵の完成、おめでとうございます。
自分の内側からどんどん、新たな創作欲がわいてくるときって
気持ちも外向きで、わくわくしてきますよね。
私も今、何となく仕事への意欲が高まっている時期なんです。
同じ魚座だから、バイオリズムも似てる? 笑

新しいアトリエで、どんな子供たちが生まれてくるか
楽しみですね☆

とうこさま
ありがとうございます。
新境地の「祝祭」、いつかブログでアップしますので見てやって
ください。

絵美さま
ありがとうございます。
そっかー、絵美さんとは干支も一緒だけど、星座も一緒なのね。

新しい子達は光の子なんです。
ここ何年か迷っていた時期が明けて、より真理に近くなったというか
昔昔から言われていた事が、今までは頭では分かっていたけど、それが
ようやく腑に落ちた、というか。
言葉にすると難しいけど、絵にするとシンプルとかピュアーな感じ
というのかな・・・。