母の帯を直す

今年もあと3日となってしまい、それでも以前のようには大車輪でお掃除
出来ず、のんびりムードでぼちぼちとしていたら・・・、
お直しにだしていた母の帯が山本きもの工房さんから届いた。

何しろこの帯、母が随分と長く締めていたので、前帯の汚れ、すり切れが
激しく、ちょっと締めるのが恥ずかしいくらいになっていた。
おまけに昔の帯って短くて、前帯の柄とお太鼓の柄をキレイに出すのは
(1人で締めるには)至難の業。
そこで、間で接いで長くして頂いた。
普通なら継いだ所は見えないので、白生地でも良いのだが、ちょっと拘って
しまって、帯の地の色と同じに染めて頂いた。


母の帯1
手前の布が染め上がってきた生地を確認させて頂いた時の写真。


母の帯、継ぎ目
これは、出来上がったその継ぎ目だが、ご覧のとおりほぼ同じ。

前帯の汚れやすり切れはどうしたか?
何と布を継いだ時に前の部分を上下を逆さまにしたのだ。
つまり、今まで表に出ていた所を裏側に、今まで隠れていた裏を表に
持ってきたという訳。
お陰でまるで新品のようになって、戻ってきた。

洋服では絶対着ない緑色だが、帯だと抵抗なく締められる。
地味な色のきものが多いので、ちょっと派手なこの帯がアクセントになって
くれるのでは・・・。


母の帯2
お太鼓。毛万筋の江戸小紋に合わせてみました。
何十年と簞笥の肥やしになっていた帯、久々に日の目をみせてあげなくちゃね。

あれあれ随分と遊んでしまった。
そろそろ掃除に戻りましょうか・・・。










コメント

非公開コメント

きれいなグリーンに、正倉院の紫檀螺鈿の琵琶を思い起こさせるような、オリエンタルな模様が美しいですね、、、。
プロの技術と工夫でお気に入りのおみ帯が蘇るなんて、お母様もきっとお喜びでしょう、素敵なお話です。
毛万筋(濃紺でしたよね?)と、格調高いコーデですね。ステッキー!
よいお年をお迎えくださいませ。

あ~ 素晴らしい帯ですね♪
拘って染められて正解だったのではないでしょうか。
品格が ありますもの~~。
お母様もきっとお喜びでしょう、そしてお孫さんも
使われるかも、ですね。

着物や帯のリメイクによる寿命の延び方って
着る者にとっては本当に喜びそのものですね。
ましてや身内のものとなれば愛しさもひとしおで・・・。
くっきりとした緑色、私のも帯だとイケるから不思議です。

セージグリーンさま
はい、姉の家の簞笥で眠っていたこの帯を直して使うから、と
持ってきたものです(笑) だって姉は全くきものを着なくなって
しまったので・・・。
まだ、母のお宝帯がある筈(フフフ)
ただ、お直しも費用がかかるので、少しづつ、ですかね。

風子さま
ねえ、キレイな色ですよね〜。 絶対自分ではこういう色は選ばないと
思います。だからなおさら貴重。
実はその染め色も1度は失敗して、拘りの山本さんが「これじゃだめ」と
染め直しをしてくださったそうで、やっぱり山本さんにお願いして良かったと
思いました。見えない所の拘りって、自分だけの贅沢ですよね。
でも、それがとても嬉しくてテンション上がっちゃう(笑)
結構、大事なんですよね、そういう事が・・・。

tomokoさま
tomokoさんも今年、だいぶお直しされたのでは?
お直し代もバカにならないけど、こうしてキレイになって戻ってくると
やっぱりやって良かったと思うのです。
なにより、思い出が蘇るしね。
母がこの帯を締めていた姿、覚えています。
そう考えるときものや帯って凄いですよね、もう50年近く前のこと
ですから。

美しい緑・・・吸い込まれそうです。
そして、柄が少し中東な感じで、とてもお洒落。いろいろな着物に違った息吹を吹き込んでくれそうです。。。素敵!!
私の母の帯、(汚れもあるし短いしで、)いらない!と言ったけど、かわいそうだったかなあ・・・。

わあ、ステキ♪
緑色は大好物です、ましてや柄も好きな感じ (^-^)b
この帯を締められていたお母様を
覚えていらっしゃるって言うのがいいですねえ。
お宝ですね (^_-)-☆

とうこさま
私もね、母のきものが派手でとても着られないと人にあげてしまったの
ですが、考えてみれば羽織りにすれば良かったかも・・・と、今頃
反省しています。
これからはよーく考えてから行動しようと思います。
きものって最後の最後まで、使えますよね。はぎれになっても、草履の
鼻緒とか袋物とか。

香子さま
そうでした、香子さんはミドレンジャーでした(笑)
私も好きな色なんですが、洋服では私にはちょっと無理があります。
その点、帯は顔から離れてるし、アクセントには良い色ですよね。
母は黒いきものにこの帯を締めていました。

華やかなグリーンの帯ですね!
地味色(だけど上品)な着物にこの帯、うんうん朋百香さんによく似合いそうです。
私も母の羽織と着物を自分サイズに直したものがあり、とても気に入っています。
自分が好きだった物を私が着ているのを見て、母も嬉しそうでした。
着物って、形と一緒に心も自分の元にやって来ますね。

れいうささま
そー、それが着物の凄いとこですね、
思い出も歴史もみーんな一緒に受け継ぐっていうところが。
私が着物を着るようになった頃には、もう母はいませんでしたが
でもきっと、今の私を上から見て喜んでくれてる筈。
れいうささんのお母様はれいうささんの着物姿を今、見られてお幸せ
ですね。

こんにちは! 以前お話伺っていた帯ですね。
なるほど、上下さかさまは接いだからこそできるワザですね。
とても華やかで、緑の色合いもお似合いになること請け合い☆
年の瀬に、嬉しいご褒美。来年、実物を拝見できたら嬉しいです!

わぁ、こういうパキッとした色、大好物です♪
接いだところも同色に染めるなんて凝ってますね〜
ステキな帯ですもの、お孫ちゃままで受け継がれることを考えれば
きれいにお直しして正解だと思います。
良いお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いします。

絵美さま
そうです、お話した帯です。
華やかさがお正月の歌舞伎にはピッタリかもしれませんね。
ただ、暫く袋帯を締めてなかったので、練習せねば・・・。
昔の帯って重いんです。

櫻子さま
母は派手なものがよく似合いました。私はちょっと・・・と
思うのですが、でも「帯に派手なし」と言いますから、なんとか
いけるかな? 締めてあげないと帯が可哀想ですものね。
母が締めて、私、次に娘、そして孫までいったら
凄いですね!(笑)