タロット「擬似的家族関係」

12月になると、必ずどこかのチャンネンルで放送されるのが
「四十七士」
この主役となる大石内蔵助良雄が、人物カード「稲穂の帝」の
モデルである。
それにしても日本人は「忠義」という言葉に反応する民族のようだ。

主君の為に自分の命を投げ打っても仇をうつというのは、いかにも
日本人的発想だと思うのだが外国にもそういう話はあるのだろうか?

ちょっと調べてみると、欧米は主君と家来は契約関係が主だったり
中国や朝鮮では家来の忠義を示す範囲と免責規定が存在したらしい。
つまり世界の中で日本の主従関係が、かなり特殊であったようだ。

「血縁を重視しない擬似的家族関係」という言葉を何かの本で読んだことが
ある。
確かに歌舞伎や文楽でも忠義の為に自分の子を身替わりに差し出すお話
というのは多い。
そして観客はそれを観て涙する。

んー、重い。
このどうしようもなくウエッティー、というか情緒的な文化は日本の気候風土
に由来するものなのだろうか?
それとも、これが日本という国の質なのだろうか?


タロット、花魁と赤穂浪士
人物カード「稲穂の帝」と「稲穂の局」


「稲穂の局」は花魁がモデル。
これまた重いのだ。
一見、華やかでスターの様な存在の花魁だが、貧しい家の娘が売られて
きた、というのが殆ど。
高級な花魁になれるのは数百人にひとり、茶道、華道、香道、三味線、琴、
歌、囲碁、将棋、和歌、文芸等々厳しく躾けられ、絶えず自分を磨きあげた。
虚と実が交差する苦界と呼ばれる廓の中ではたして女達が幸せを感じる事は
あったのだろうか?

そんな重いこの2枚の人物カードだが、先に紹介した「八百屋お七」(姫)と
「町火消し」(彦)と合わせて稲穂のスート(江戸風)の4枚が完成した。
いずれも和のタロットカードに相応しいモデル達だと満足している。






コメント

非公開コメント

今年の東京の歌舞伎では忠臣蔵関連が掛かってないのが残念です。
かろうじて三谷さんのお芝居で観て来ましたけど… (^-^;;
「忠孝」の教えは儒教とか朱子学とかでしたっけ?

香子さま
もともと儒教とか朱子学は中国から李氏朝鮮、江戸時代の日本へと
導入されていったらしいですが、日本という国はどんなものでも
自分流にしてしまう特技があるので、これも日本独自の解釈へと変遷して
いったのではないでしょうか?
でも私はやっぱり納得がいかないのですよね、忠義の為に子供を差し出す
のは・・・。そう言いながらも歌舞伎も文楽も好きですけどね(笑)

こんにちは。確かに中世の西洋の騎士なんかは、主君はいるものの、
自分の手柄優先だったような・・・。詳しく調べていないので、
自信がありませんが・・・。
明日の文楽も、現代の感覚で見ると不条理な話ですよねぇ。

絵美さま
昔のお話、不条理だらけですが、でも観たくなるのは
なぜでしょう?
明日は私にとっては今年最後の伝芸です。楽しみ!