伊兵衛織とざざの会

OTさんの一声で集まったこの日のメンバーは伊兵衛織、ざざんざ織の
きものを着たOTさん、T子さん、S子さんと私の4人。
お天気も良く最高の着物日和。
築地クロサワで、美味しい鉄板焼きを頂いて、楽しくおしゃべりをする、
というだけの事なんですけどね。
それでも皆んな、主婦ですから、上げ膳据え膳というのは最高の贅沢です。

ええ、そりゃぁもう食べて、しゃべって、また食べて・・・。
会話は尽きません。
その内容も多岐にわたり、楽しいひと時でした。

では、まずお料理から

サラダ料理1
前菜のサラダ。                            メインは新鮮な魚介類や牛肉が並ぶ。

料理2
私は魚介類を選びました。白身魚、海老、帆立、牡蠣、そして茄子や椎茸などの野菜。

       料理人
       この音、この香りをお届け出来ないのは残念。


   デザート
   食後のお茶は2階のティールームでデザートと共に


    全員、伊兵衛
   全員そろってパチリ。

伊兵衛織とざざんざですが、残念ながら写真では本当の色と光沢が
うまく出ません。
何しろ実際に見ても、経糸と緯糸の微妙な色の変化で「これ、何色?」
って感じですから。それだけ複雑な織りなんですねぇ。
それでも一応、それぞれの後ろ姿を

s子さんの伊兵衛織りt子さんの伊兵衛織りKさんの伊兵衛織り

伊兵衛織とざざんざ織の違いは?
織元が違うということでしょうか。
伊兵衛織はもうその貴重な糸の在庫がなくなった、という事で工房を
閉めてしまいましたが、ざざんざ織の方は、浜松の方で80になる
お婆さまが細々と織られているのだとか。
でも、後継者がいないという事で、いずれは消えゆく運命なのでしょうか。

滅びの美を纏って遊ぶ大人の女子達に、通りすがりのおじ様が
「いい光景ですねぇ」と、お声をかけてくださいました。(笑)


<おまけ>
珍しくこの日、黒澤の社長(私の姉ですが)が、顔を出し、出来上がった
ばかりの「黒澤の一年」という冊子と布巾をお土産に、営業してゆきました。

布巾


黒澤の1年黒澤の1年、中身
「黒澤の一年」の中は                        この一年のお料理や産地のことなどが


    黒澤監督
    そして裏表紙は、この方。




忘れるところでした、この日の私は
私の伊兵衛織1
もちろん、伊兵衛織「墨黒雨絣」に塩瀬の染め帯。
帯締めは黄色寄りの緑に帯揚げはオレンジのゼブラ柄


宝船、お太鼓
お太鼓はおめでたい宝船でございます。


    











コメント

非公開コメント

分かる人には分かる渋いお着物を纏って、築地で鉄板焼きとは、なかなか凝った企画ですねえ。どちら様の着こなしも素晴らしい句、伊兵衛織り、ざざんざ織りも、晩秋にはぴったりだと分かります。
渋いからこそ応用自在、しかも美しい方が纏われるとさらに美しく、、、ですね。

銀座で朋百香さんとS子さんが伊兵衛織と出会われたと知ってからいつかこのような集いがある予感がありました。築地のクロサワさんとは相性もいいですね~。永田町は何度かお邪魔しましたが、築地もいつか伺いたいと思いながらまだ。

皆さま、それぞれに縞を素敵に着こなされてさすが上級者!朋百香さんの「墨黒雨絣」にはこういう帯も会うんですね~。あの中からこれを選ばれたのはさすがだなと今さら感心しております(*^^)v

セージグリーンさま
本当にマニアックな着物です(笑)
地味といえば地味。でも力のある着物で、柄によっては着る人を選ぶかも。
そこはさすがに、皆様ご自分に似合うものをよくご存知ですよね〜。
そして個性って面白いな〜って、いつもながら思います。
書き忘れましたが、S子さんは帯も伊兵衛織なんですよ。

yukiko さま
えへへ、意外に早く集合出来ました。OTさんのお陰です。
S子さんの柄は大胆ですよね〜、でもよくお似合いで、オーラを感じました。
私のはおっしゃるように、いろんな帯が合って不思議です。
きものとしては普段着ですが、私はツィードのスーツ感覚で着ています。


当日はおつきあいいただき、ありがとうございました。
築地クロサワ、宣伝しておきまする〜!笑
念願かなっての伊兵衛織、よくお似合いでした。
ホント、ツイードみたいですよね。
十年後にはどんな風合いにかわっているでしょう?
体調整えてこれからも元気に着物を着続けていきたいですね。

tomokoさま
本当にその通りです。年々、あちこち不具合が出てくるお年頃なので
しょうが、負けずにビタミンKで頑張りましょう!
またお付き合いくだされ。

いやー、着物好きにはたまらない、4人のショット(笑)。秋らしい渋みと深みのある伊兵衛&ざざんざ、さすが着慣れたみなさんにはよく馴染んでいますね。
上でTomokoさんもお書きになられていますが、着る人と生涯をともにし、味わい、風合いが変わっていくのが楽しみですね。
築地の黒澤さん、いつか行ってみたいです!

絵美さま
そうですね、この中ではtomokoさんが一番着込んでらしたけど
S子さんや私は出来立てホヤホヤなので、これがどう変化してゆのか
見守るのも楽しみです。
人ときものが共に熟成してゆくのですね。
きものに負けないよう、味のある婆になりたいものです(笑)

ぜひ、築地クロサワで女子会しましょー!

わぁ〜い、ゼブラ帯揚げシスターズ〜♪
モダンだけど意外に使えますよね (^-^)b

伊兵衛織、それぞれ違った表情で面白いですね。
先日見た友人の織は朋百香さんと似た地色に
サーモンピンクの横段でしたよ。
ぜんぜん雰囲気違いました〜 (@_@)

香子さま
はい、あの帯揚げ、使えますよね〜。買って良かったです❤
(また面白いのあったら、教えてくださ〜い)
伊兵衛織と一言に言っても、表情がいろいろで面白いですよね。
横段って、大胆な柄ですね。着るとまた、布で見ているのとは
全く違うからなお、面白い。着手の個性も加わるからからなんで
しょうねぇ。何にしても、美しい布を見ていると幸せな気分に
なります。

わあーーー!!すごい!!眼福です。
伊兵衛、ざざんざ・・・オーラが・・・やはり、着慣れている方々の着姿は美しく、そして、力を感じます。
先日こちらのデパートで、(私が着物を着始める以前に終わっていたのですが、)毎年伊兵衛織の展示会をしていた話がでて、実物?を見せていただく機会があるかも・・・織の様子をじっくり見てみたいと思っています。
クロサワ・・・ますます行きたいです。

朋百香さま
う~~~ん ほれぼれ、ですう。
皆さま の それぞれが 魅力的。
同じ織り、でも これだけ着こなしで 味が
変わるのですねぇ。

クロサワ お蕎麦のほうだけじゃなくて
お肉もある、、、、どちらも 惹かれます。。。(^v^)

とうこさま
伊兵衛織、普段着ですから着て行く場所を選びますが、こんなレトロな
雰囲気の店での女子会にはピッタリでした。
皆様、ほんとに着慣れた方達で楽に着ているけどだらしのない感じはなく、
ちょうど良いさじ加減で流石です。
黒澤、今度東京にいらした時、如何ですか〜? お席、とりますよ。
(と、さりげなく宣伝・笑)

風子さま
なかなか魅力のある布ですよね。
風子さんのお好みでは?
風子さんだったら、縞を選ばれるかな・・・?それとも大胆な横段?
んー、どちらもお似合いになりそう。
などと妄想出来るきものです(笑)

東京にいらして、お時間あったらぜひお知らせくださいな。
黒澤、行きましょう!

力のある織りですよね

朋百香さま

味わいのあるレトロな空間 ゆったりと流れる時間
幸せなひと時 ありがとうございました

義妹といつも銀座界隈でのランチなのですが
次回は(来春に)築地Kurosawaにお邪魔いたしま~す 
広範囲に友人知人の多い彼女 宣伝効果大ですわv-221

sachikoさま
わあ〜、ありがとうございます。
ぜひぜひ、宣伝してくださいませー。
ブログでチラッと拝見しましたが、義妹さま、おキレイな方ですね。
仲が良くて羨ましいです。

伊兵衛織にあこがれて

息子と築地黒澤にお邪魔しました。
緊張しながら 伺いましたが しつらえの素敵さに 一瞬でキョロキョロ落ち着きない叔母さんになってしまいました。熟成30日?(40日だったかもしれませんが )のサーロインは本当に美味しかったです。隣の方の限定10食のフォアグラ入りハンバーグは目玉焼きが載っていて 主人が喜びそうでした。次回は家族全員で 楽しみたいです。
帰る時も角を曲がるまで 見送って下さって 走り出したいのを 極力優雅に歩いたつもりです。先に玄関前の写真を撮っておいてよかったです。

cello87さま
まあ、行ってくださったのですね! 嬉しい!
ありがとうございます。
お着物でいらしたのかしら? 着物の似合う空間でしょ?
2階でお茶なさったかしら?事前にお知らせくださったら、姉に言っておき
ましたのに。次回はぜひご連絡くださいね。

お気に入り

一張羅の着物に 山本きもの工房で魔法のように仕立て直していただいた道中着で伺いました。
ちゃんと真っ白なエプロンも用意していただきましたし、二階に案内され ちゃっかり写真まで撮って帰りました。ランチを食べただけなのに 今回の上京のメインイベントになりました。素晴らしいところを教えて下さってありがとうございます。

cello87さま
いえいえこちらこそ、ありがとうございました。
宣伝になってしまいますが、黒澤は永田町や欅坂(六本木)にも
あります。(蕎麦やなんですが、蕎麦会席とかもあります)
ご興味ありましたら、そちらも宜しくお願いします。